フランシス・ヘンリー・トレビシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランシス・ヘンリー・トレビシックFrancis Henry Trevithick1850年7月23日 - 1931年4月18日)はイギリスの機械技術者[1]

概要[編集]

蒸気機関車の発明者の一人であるリチャード・トレビシック(Richard Trevithick)の三男であるフランシス・トレビシック(1812年 - 1877年、機関車コーンウォール号の設計者)の三男。1876年お雇い外国人として来日[2]、主として官設鉄道新橋工場の汽車監察方(汽車監督:Locomotive Superintendent)などを歴任した。日本で日本人女性と結婚して二男二女をもうけ、1897年に退職帰国した。 日本でのリチャード・トレビシック研究で知られる奥野太郎はフランシス・ヘンリーの孫にあたる。

兄のリチャード・フランシス・トレビシック(Richard Francis Trevithick)も機関車技術者であり、弟のフランシス・ヘンリーよりも遅れて1888年に来日、主に神戸工場の汽車監察方などを勤め、1904年まで勤務している。兄弟とも、日本の機関車技術の向上と定着に大きな役割を果たした[3]

著作[編集]

汽車監察方フランシス・トレビシックの名により、1892年10月14日付で機関車の略図"The Outline Leading Dimensions, and Weights of the Different Classes of Locomotives"が発行された。また、1893年4月12日付で"The Outline Leading Dimensions, Weights and Capacities of the Different Classes of Carriages & Wagons"と称し、当時在籍する客貨車を形式別に略図で示したものも発行された。これらは日本の鉄道の初期の車両(特に客車)に関する根本資料が少ない中、貴重な基本資料となっている。『日本国有鉄道百年史』にも、この2篇から多くの図面を採録している[3]

また彼には、"The History and Development of the Railway System in Japan"(日本における鉄道網の歴史と発達)と題する論文がある。これは1890年代、横浜の日本アジア学会(The Japan Asiatic Society)で発表され、その機関誌に掲載されたが、1895年に"The Railway Engineer"誌に採録された。これも日本の初期の鉄道史、例えば3フィート6インチゲージ採用や、客車の状況などについての貴重な資料である[4]

参考文献[編集]

  • 青木栄一「3フィート6インチ・ゲージ採用についてのノート」、文化情報学:駿河台大学文化情報学部紀要、第9巻1号(2002)、28-39頁。
  • 青木栄一「わが国の鉄道における初期の客車の変遷について」、都留文科大学研究紀要 第3集(1966)、p.20-64。
  • 奥野太郎「リチャード・トレビシック」『鉄道ピクトリアル』No.249 1971年4月号 4-6頁
  • 日本国有鉄道『日本国有鉄道百年史』全19巻(『百年史』と略し、巻、頁で示す)
  • 植田健嗣「ヨーロッパ鉄道旅行I イギリス」保育社(1985) p.88-92

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ F.H.トレビシックとも書かれ、またその姓はトレヴィシックとも書かれる。
  2. ^ 「英人トレヴィシック雇入」『太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第七十四巻・外国交際十七・外客雇入十一』(国立公文書館デジタルアーカイブ)
  3. ^ a b 青木 1966
  4. ^ 青木 2002

関連項目[編集]