フランシスコ・ヘメス・マルティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヘネス第二姓(母方の)はマルティンです。
パコ・ヘメス Football pictogram.svg
Paco Jémez. Marbella Football Center.jpg
名前
本名 フランシスコ・ヘメス・マルティン
Francisco Jémez Martín
愛称 パコ
ラテン文字 Paco Jémez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1970-04-18) 1970年4月18日(48歳)
出身地 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
身長 180cm
選手情報
ポジション DF (CB)
ユース
スペインの旗 コルドバ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1991 スペインの旗 コルドバ 69 (4)
1991-1992 スペインの旗 ムルシア 35 (0)
1992-1993 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ 38 (0)
1993-1998 スペインの旗 デポルティーボ 94 (1)
1998-2004 スペインの旗 サラゴサ 168 (1)
2004 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ 17 (0)
2005-2006 スペインの旗 ルーゴ 9 (0)
通算 430 (6)
代表歴
1998-2001 スペインの旗 スペイン[1] 21 (0)
監督歴
2007 スペインの旗 アルカラ
2007-2008 スペインの旗 コルドバ
2009 スペインの旗 カルタヘナ
2010-2011 スペインの旗 ラス・パルマス
2011-2012 スペインの旗 コルドバ
2012-2016 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ
2016 スペインの旗 グラナダ
2016-2017 メキシコの旗 クルス・アスル
2017- スペインの旗 ラス・パルマス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パコ・ヘメス(Paco Jémez)ことフランシスコ・ヘメス・マルティン(Francisco Jémez Martín、1970年4月18日 - )は、スペインラス・パルマス・デ・グラン・カナリア出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元スペイン代表。現役時代のポジションはディフェンダー。現UDラス・パルマス監督。

選手時代は長髪をなびかせた屈強なセンターバックだったが[2]、指導者としてはスキンヘッドで攻撃的なパスサッカーを信奉することで知られる[3]

経歴[編集]

選手時代[編集]

父親はフラメンコ歌手である[2][4]カナリア諸島ラス・パルマス生まれだが、幼いころに本土のアンダルシア州に引っ越した[2]。1989年にコルドバCFでデビューを果たし、1992年に移籍したラージョ・バジェカーノプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューすると、1992-93シーズンはリーグ戦全38試合に出場。1993年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、デポルティーボは1993-94シーズンと1994-95シーズンの2シーズン連続でリーグ戦2位となったが、パコ自身は2シーズン合計で10試合しか出場できなかった。1994-95シーズンにはコパ・デル・レイで優勝し、1995年にはスーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝。1998年にはレアル・サラゴサに移籍し、2000-01シーズンには再びコパ・デル・レイで優勝。サラゴサでは6シーズンでリーグ戦168試合に出場した。2004年1月から6月には再びラージョでプレーした。2004-05シーズンはサッカーから離れたが、2005-06シーズンはテルセーラ・ディビシオン(4部相当)のCDルーゴでプレーし、36歳で現役引退した。

1998年9月23日、グラナダで行われたロシア戦でスペイン代表デビュー。2000年にはUEFA EURO 2000に出場し、レギュラーとして3試合に出場したが、スペインは準々決勝で敗退した。2001年4月25日にコルドバで行われた日本との親善試合が代表でのラストゲームとなった[2]

指導者時代[編集]

2007年に指導者の道に入り、下部リーグのRSDアルカラ監督に就任。2007年にはセグンダ・ディビシオン(2部)のコルドバCF監督に就任したが、11試合を率いただけで解任された。2009年初頭にはセグンダ・ディビシオンB(3部相当)のFCカルタヘナの監督に就任し、就任初年度の2008-09シーズン終了後にはクラブ史上初のセグンダ・ディビシオン昇格を果たしたが、パコは2009年7月にクラブを離れた。2010年4月12日、セルギイェ・クレシッチ監督の解任に伴い、セグンダ・ディビシオンのUDラス・パルマス監督に就任。成績不振で苦しんでいた故郷のクラブを17位に引き上げて残留を果たした。2010-11シーズンも続けて指揮を執ったが、2011年2月27日に解任された。

2011年夏には再びセグンダ・ディビシオンのコルドバ監督に就任し、前年度は16位だったチームを過去37年間で最高位の5位まで引き上げた。プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格プレーオフに出場したが、プレーオフ準決勝でレアル・バリャドリードに敗れた[5]。2012年6月24日、プリメーラ・ディビシオンのラージョ・バジェカーノの監督に1年契約で就任[5]。ラージョは倒産法の適用下にあり、火中の栗を拾う形となった[5]。前シーズンに主力として活躍したミチュジエゴ・コスタなどがチームを離れ、就任時には13人の選手しか残っていなかった[5]

しかしこの就任が転機となり、2012-2013シーズンは下位クラブがとりがちなカウンター戦術ではなく、ポゼッションを重視した超攻撃的サッカーを展開、4バックが主流のリーガ・エスパニョーラで時には3バックも用いる異端ぶりでリーグでワースト3位となる66失点を記録するも、50得点を挙げ1部リーグでクラブ史上最高の8位と躍進させる。しかし倒産法の管理下で年間予算が最低ランクのクラブにあって、選手の売却は宿命であり、活躍した選手を引き抜かれる一方、獲得する選手は自由契約の選手ばかりで毎年、大量の選手の入れ替わりが余儀なくされる中でも超攻撃的サッカーの方針に揺るぎはなく、2013-2014シーズンはリーグワーストの80失点を喫すも、そのシーズンは12位で余裕の残留を果たすなど指導者としての評価を確立させた。続く2014-2015シーズンもリーグワーストタイの68失点(最下位のコルドバCFと同率)を記録しながら前年上回る11位で早々に残留を決めるという結果を残し、次期スペイン代表監督候補にも名前が挙がるほどの評価を得た[6]。2015年5月に契約を2016年6月までに延長、しかし2015-2016シーズンは超攻撃的サッカーの代償である守備の問題を改善出来ず、更に主力選手の負傷も重なり、リーグワースト2位の73失点を記録、18位でセグンダ降格が決定した。

降格時にもサポーターから慰留を求める声援が送られるなど一時は続投の意思も示していたが、RCDエスパニョールバレンシアCFなどの監督就任も報じられ、2016年6月20日、中国資本に買収されたグラナダCFの監督就任が発表された[7]。しかしグラナダでは開幕6試合で未勝利かつ16失点を許し、9月28日に解任された[8]

2016年11月28日、メキシコプリメーラ・ディビシオンクルス・アスル監督就任が発表された。契約期間は1年間[9]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
アルカラ スペインの旗 2007年3月25日 2007年6月28日 12 5 4 3 041.67
コルドバ スペインの旗 2007年6月28日 2008年3月31日 32 7 15 10 021.88
カルタヘナ スペインの旗 2009年2月3日 2009年7月1日 19 9 7 3 047.37
ラス・パルマス スペインの旗 2010年4月12日 2011年2月27日 37 9 13 15 024.32
コルドバ スペインの旗 2011年7月1日 2012年6月22日 50 24 12 14 048.00
ラーヨ・バジェカーノ スペインの旗 2012年6月22日 2016年6月20日 164 55 29 80 033.54
グラナダ スペインの旗 2016年6月20日 2016年9月28日 6 0 2 4 000.00
クルス・アスル メキシコの旗 2016年11月28日 2017年11月27日 47 16 18 13 034.04
ラス・パルマス スペインの旗 2017年12月21日
通算 367 125 100 142 34.06

タイトル[編集]

  • デポルティーボ・ラ・コルーニャ
コパ・デル・レイ (1) : 1994–95
スーペルコパ・デ・エスパーニャ (1) : 1995
  • レアル・サラゴサ
コパ・デル・レイ (2) : 2000–01, 2003–04

脚注[編集]

  1. ^ “Francisco Jemez Martin, ‘Paco’ - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/paco-intl.html 
  2. ^ a b c d 木村浩嗣「貧しくとも、勇敢だからこその3バック」footballista、ソルメディア、2012年11月28日号、16-17頁
  3. ^ 豊福晋「リスクは承知の上。ラジョ、15分間のプライド」footballista、ソルメディア、2012年11月7日号、33頁
  4. ^ 選手とも飲み歩くラージョ新監督、マドリー戦でも3バック採用?”. Qoly.jp (2012年9月23日). 2013年1月24日閲覧。
  5. ^ a b c d ラージョ、サンドバル後任にコルドバ指揮官を招へい”. Goal.com (2012年6月24日). 2012年11月30日閲覧。
  6. ^ 超攻撃的サッカーを信奉するパコ・ヘメス 次期スペイン代表監督の声も”. スポニチ (2015年12月24日). 2016年6月21日閲覧。
  7. ^ グラナダ、P・ヘメス招へいを発表 超攻撃サッカーを信奉するカリスマ指揮官は来季もリーガ1部で指揮”. Goal.com (2016年6月20日). 2016年6月21日閲覧。
  8. ^ グラナダ、パコ・ヘメス監督を解任 6戦未勝利で攻撃サッカーに別れ - Goal.com 2016年9月28日
  9. ^ “奇才”パコ・ヘメス、メキシコの名門クルス・アスル監督に就任”. フットボールチャンネル (2016年11月30日). 2017年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]