フランシスコ・フェルナンデス・オチョア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランシスコ・フェルナンデス・オチョア
名前
本名 Francisco Fernández Ochoa
愛称 Paquito
カタカナ フランシスコ・フェルナンデス・オチョア
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
種目 滑降大回転回転アルペン複合
所属 Club de Esquí Arroyomolinos
生年月日 (1950-02-25) 1950年2月25日
没年月日 (2006-11-06) 2006年11月6日(満56歳没)
生誕地 スペインマドリード
死没地 スペイン、セルセディーリャ(Cercedilla
身長 170cm
体重 65kg
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1969年
引退年 1980年
最高成績 シーズン総合9位(1974-75)
通算成績 W杯1勝、表彰台回数通算4回
 
獲得メダル
1972 回転
アルペンスキー世界選手権
1974 回転

フランシスコ・フェルナンデス・オチョア(Francisco "Paquito" Fernández Ochoa、1950年2月25日 - 2006年11月6日[1])はスペインの元アルペンスキー選手。マドリード生まれ、マドリード州北部グアダラマ山脈に位置するセルセディーリャ(Cercedilla)で育った。1972年の札幌オリンピックで母国に冬季オリンピックで初(かつ史上唯一)の金メダルをもたらした。

来歴[編集]

オチョアの父親はスキースクールを経営しており、 フランシスコは8人きょうだいの長男である。フランシスコを筆頭にフアン・マヌエルブランカルイスドロレスの5人がオリンピックに出場し中でもブランカ・フェルナンデス・オチョアは1992年アルベールビルオリンピック女子回転で銅メダルを獲得している。

フランシスコは17歳で1968年グルノーブルオリンピック代表となり滑降38位、大回転38位、回転23位の成績を残した。

翌1969年1月26日にアルペンスキー・ワールドカップ初出場を果たし6位入賞、1970年アルペンスキー世界選手権では回転、複合ともに9位となった。

1972年札幌オリンピック回転では1本目にラップタイムを奪い、2本目も2位のタイムで優勝、スペイン冬季オリンピック史上初の金メダルを獲得した。

1974年アルペンスキー世界選手権スイスサンモリッツ)回転で銅メダルを獲得、またこのシーズンにワールドカップ初勝利をあげた。1976年インスブルックオリンピックでは滑降35位、大回転24位、回転9位、1980年レークプラシッドオリンピックでは滑降27位、大回転、回転ともに22位だった。

1979-1980シーズンを最後に現役を引退した。

1973年9月に結婚、3人の子供に恵まれた。現役を退いた後は事業を興し、マドリード市内でスポーツ用品店を2店舗経営するほかスペインスキー連盟、スペインオリンピック委員会、さらには国際スキー連盟の委員を務めるなどした。2006年11月6日、癌のため死去[2][3]

セルセディーリャに建てられたフランシスコ・フェルナンデス・オチョアの銅像

出典[編集]

  1. ^ elmundo.es (スペイン語)- obituary for Francisco Fernández Ochoa - 2006-11-06
  2. ^ elmundo.es (スペイン語) - obituary for Francisco Fernández Ochoa - 2006-11-06
  3. ^ elmundo.es (スペイン語) - coverage of funeral of Francisco Fernández Ochoa - 2006-11-07