フランク・スポトニッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランク・スポトニッツ(Frank Spotnitz、1960年11月17日生まれ)は、アメリカ合衆国脚本家プロデューサーテレビドラマXファイル』でゴールデングローブ賞などを受賞している。

来歴[編集]

生誕地は、日本キャンプ座間UCLA英文学学士号を取得し、AFIで脚本のMFA修士号)を取得。

当初は、AP通信UPI通信社、『エンターテインメント・ウィークリー』など、新聞・雑誌の記者を務めた。

1994年、『Xファイル』(原案:クリス・カーター)の脚本陣に参加。ほどなく、”スタンド・アローン”(1話完結)・エピソードのみでなく、政府の陰謀説異星人を扱う複雑な”ミソロジー”(神話)・エピソードの企画・構成にも携わるようになった。同テレビドラマにおいて、スポトニッツは合計40本以上の脚本または共同脚本を担当し、合計2話の監督も担当。その中には、1997年エミー賞にノミネートされた“メメント・モリ”(クリス・カーターヴィンス・ギリガンジョン・シャイバンen:John Shiban)と共同脚本)も含まれる。同番組では、ゴールデングローブ賞の作品賞(テレビドラマ部門)やピーボディ賞を受賞した他、エミー賞のテレビドラマ作品賞にもノミネートされた。

『Xファイル』では、合計9シーズンのうち8シーズンに参加し、そのうち4年はエグゼクティブ・プロデューサー(製作総指揮)、3年はTen Thirteen Productions(クリス・カーターの製作会社)の社長も兼任。

2002年に『Xファイル』が終了した後、CBS系列の犯罪ドラマ『Robbery Homicide Division』において、マイケル・マンとともに製作総指揮を務めた。

2005年、1970年代のホラードラマ『事件記者コルチャック』のリ・イマジネーション版となる『ナイト・ストーカー』(Night Stalker)をABC系列とタッチストーン・テレビジョン向けに企画した(放送6回限りで打ち切り)。

2006年Spike TV局向けに『A.M.P.E.D.』という番組のパイロット版を考案し、ヴィンス・ギリガンと共同脚本を担当。

その他、『ミレニアム』(1996年 - 1999年)の共同製作総指揮、『ハーシュ・レルム』(en:Harsh Realm2000年)の製作総指揮、『ローン・ガンメン』(en:The Lone Gunmen (TV series)2001年)の製作総指揮・共同原案を担当。

劇場映画版第1作『Xファイル ザ・ムービー』(1998年)では共同製作・共同脚本、劇場映画版第2作『Xファイル: 真実を求めて』(2008年)では製作・共同脚本を担当した。また、劇場版第2作の公開に合わせ、3本のコミック版『Xファイル』(en:The X-Files (comics))を製作する契約をWildStorm社と交わした(映画のノベライゼーションではなく、独自のストーリー)[1]

2010年夏、ロンドンに家族とともに引っ越し、その後はイギリスのテレビ業界で仕事をしている[2]

2011年、イギリスのテレビドラマ『Strike Back』の第2シリーズ[3]で脚本・共同製作総指揮を担当[4][5]

さらに、スポトニッツの原案によるスパイドラマ『Hunted』がBBCに採用された[6]。製作会社はKudos Film and Television[7]Cinemaxアメリカ合衆国ケーブルテレビ局)[8]、およびBig Light Productions(スポトニッツの会社)。第1シリーズの脚本もスポトニッツ自身が全て執筆し、2011年秋に撮影が開始された[2]。主演は、『エイリアス』でスパイ役を演じた経験があるメリッサ・ジョージである。

『Hunted』は、2012年10月4日にイギリスのBBC One局で[9]、同10月19日にアメリカのCinemax局で[10]、それぞれ放送開始となった。

2015年からはアマゾン配信の『高い城の男The Man in the High Castleのショーランナーを務め、3話の脚本を書いている。

私生活[編集]

妻メリッサ・レファンテ(Melissa Lefante)との間に、4人の子供がいる。

主な作品[編集]

Xファイル[編集]

※「ミソロジー」についてはXファイル#概要を参照。

シーズン エピソード名 備考
2 "End Game" ミソロジー - 脚本
2 "Our Town" 脚本
3 "Nisei" ミソロジー - クリス・カーターハワード・ゴードンとの共同脚本
3 "731" ミソロジー("Nisei" の続き) - 脚本
3 "Piper Maru" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
3 "Apocrypha" ミソロジー("Piper Maru" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
4 "Tunguska" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
4 "Terma" ミソロジー("Tunguska" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
4 "Leonard Betts" ヴィンス・ギリガンジョン・シャイバンとの共同脚本
4 "Memento Mori" ミソロジー - クリス・カーター、ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
4 "Tempus Fugit" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
4 "Max" ミソロジー("Tempus Fugit" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
4 "Zero Sum" ハワード・ゴードンとの共同脚本
5 "Detour" 脚本
5 "Christmas Carol" ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
5 "Emily" "Christmas Carol" の続き - ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
5 "Patient X" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
5 "The Red and the Black" ミソロジー("Patient X" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
5 "Travelers" ジョン・シャイバンとの共同脚本
5 "All Souls" ジョン・シャイバンとの共同脚本
映画1 Xファイル ザ・ムービー ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
6 "Dreamland" ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
6 "Dreamland II" "Dreamland" の続き - ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
6 "Two Fathers" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
6 "One Son" ミソロジー("Two Fathers" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
6 "Milagro" ジョン・シャイバンとの共同ストーリー(脚本はクリス・カーター)
6 "Field Trip" ストーリー(脚本はヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバン)
6 "Biogenesis" シーズン6最終話 - クリス・カーターとの共同脚本
7 "Millennium" 『ミレニアム』の事実上の最終回 - ヴィンス・ギリガンとの共同脚本
7 "The Amazing Maleeni" ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
7 "Sein und Zeit" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
7 "Closure" ミソロジー("Sein und Zeit" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
7 "Theef" ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
8 "Via Negativa" 脚本
8 "The Gift 脚本
8 "Medusa" 脚本
8 "Per Manum" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
8 "This is not Happening" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
8 "Deadalive" ミソロジー("This is not Happening" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
8 "Three Words" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
8 "Alone" 脚本・監督
9 "Nothing Important Happened Today" ミソロジー(シーズン9第1話) - クリス・カーターとの共同脚本
9 "Nothing Important Happened Today II" ミソロジー("Nothing Important Happened Today" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
9 "Dæmonicus" 脚本・監督
9 "Trust No 1" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
9 "Provenance" ミソロジー - クリス・カーターとの共同脚本
9 "Providence" ミソロジー("Provenance" の続き) - クリス・カーターとの共同脚本
9 "Jump the Shark" 『ローン・ガンメン』の事実上の最終回 - ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバンとの共同脚本
9 "William" クリス・カーター、デイヴィッド・ドゥカヴニーとの共同ストーリー(脚本はクリス・カーター)
映画2 Xファイル: 真実を求めて クリス・カーターとの共同脚本

ミレニアム[編集]

シーズン エピソード名 備考
1 "Weeds" 脚本
1 "Sacrament" 脚本
3 "TEOTWAWKI" クリス・カーターとの共同脚本
3 "Antipas" クリス・カーターとの共同脚本
3 "Seven and One" クリス・カーターとの共同脚本

Night Stalker[編集]

シーズン エピソード名 備考
1 "Pilot" 脚本
1 "The Source" 脚本
1 "The Sea" 脚本
1 "Into Night" 脚本

脚注[編集]

  1. ^ Spotnitz Wants to Believe in Wildstorm's "The X-Files Special". Comic Book Resources. 2008年6月12日.
  2. ^ a b Interview: "Strike Back" Co-Executive Producer Frank Spotnitz”. TheFutonCritic.com. 2012年9月9日閲覧。
  3. ^ この場合の「シリーズ」は、アメリカのテレビ業界の「シーズン」に相当する。
  4. ^ 'Strike Back': Television review – Los Angeles Times”. Latimes.com (1993年2月27日). 2012年9月9日閲覧。
  5. ^ Comment by Jonas Vesterlund (2011年8月10日). ““Strike Back” pulls no punches for action fans | Television Blog”. Blog.newsok.com. 2012年9月9日閲覧。
  6. ^ Andreeva, Nellie. “Action Drama From Frank Spotnitz Is A Go At Cinemax, Melissa George To Star”. Deadline.com. 2012年9月9日閲覧。
  7. ^ Press Office – Danny Cohen announces new drama commissions for BBC One”. BBC. 2012年9月9日閲覧。
  8. ^ 'X-Files' veteran Frank Spotnitz developing new action series - latimes.com”. Latimesblogs.latimes.com (2011年8月18日). 2012年9月9日閲覧。
  9. ^ Munn, Patrick (2012年9月19日). “BBC One Sets UK Premiere Date For ‘Hunted’”. TVWise. 2012年9月25日閲覧。
  10. ^ Munn, Patrick (2012年6月5日). “Update: Cinemax’s New Drama Series ‘Hunted’ To Premiere October 19th”. TVWise. 2012年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]