フランク・カールッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・カールッチ

フランク・チャールズ・カールッチ3世Frank Charles Carlucci III1930年10月18日 - )は、アメリカ合衆国政治家レーガン政権末期の1987年から1989年まで、アメリカ合衆国国防長官を務めた。

人物[編集]

1930年10月18日ペンシルベニア州スクラトンに生まれる。1952年プリンストン大学卒。同年海軍に志願し2年間将校として軍務に就く。1956年ハーバード・ビジネス・スクールを修了。同年国務省に入省。南アフリカコンゴブラジルなどに勤務する。1961年CIAコンゴ(旧ザイール)でのアメリカ市民を救出するミッションに関与している。

ニクソン政権が成立すると、ワインバーガー保健教育福祉長官の下で次官を務めた。1974年駐在ポルトガル大使に任命され、1977年まで赴任した。1978年CIA副長官を経て、1981年国防副長官に就任する。1986年国家安全保障担当大統領補佐官として大統領府に入る。1987年ワインバーガーの国防長官辞任に伴い、後任の国防長官に就任する。カールッチの国防長官就任に当たっては、連邦議会上院は、賛成91票反対票1票の圧倒的多数で承認された。国防長官としては、前任者のワインバーガーと比較してソビエト連邦に対しては、それほど強硬路線を取らなかったとされる。

カールッチは、プライベート・エクイティ・ファンドカーライル・グループの会長を一時期務めていた他、ジェネラル・ダイナミクスウェスティングハウス・エレクトリックアシュランド石油、ニューロジェン Neurogen、CBコマーシャル・リアル・エステート CB Commercial Real Estate、ノーテル・ネットワークス、BDMインターナショナル、クエーカーオーツカンパニーカマン社などの企業の経営に加わっている。また、個人向け警備会社ヴァッケンフート社の重役であった。この他、G2サテライト・ソリューションの諮問委員、米台商業協会中国語版英語版会長を務めている。

カールッチは、保守系(または、ネオコン系)シンクタンクアメリカ新世紀プロジェクト」 (PNAC) の会員である。また、中東政策評議会英語版ランド研究所などのシンクタンクにも参加している。

2006年1月5日ホワイトハウスで行われたブッシュ政権の外交政策に関する会議に歴代の国務長官、国防長官経験者の一人として参加している。

公職
先代:
ジョン・ヴェネマン
アメリカ合衆国保健教育福祉次官
1973年2月 - 1974年12月
次代:
先代:
グラハム・クレイター
アメリカ合衆国国防副長官
1981年2月4日 - 1982年12月31日
次代:
ポール・セイヤー
先代:
キャスパー・ワインバーガー
アメリカ合衆国国防長官
1987年11月23日 - 1989年1月20日
次代:
リチャード・チェイニー
先代:
ジョン・ポインデクスター
国家安全保障担当大統領補佐官
1986年12月2日 - 1987年11月23日
次代:
コリン・パウエル