フランクリン・ブキャナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランクリン・ブキャナン
Franklin Buchanan
FranklinBuchanan.jpg
生誕 (1800-09-17) 1800年9月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州 バルチモア
死没 (1800-09-13) 1800年9月13日(-74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州 タルボット郡
所属組織 US Naval Jack 15 stars.svg アメリカ合衆国海軍
 アメリカ連合国海軍
軍歴 USN 1815–1861
CSN 1861–1865 
最終階級 アメリカ合衆国海軍大佐代将
アメリカ連合国海軍大将
除隊後 大学総長、実業家
テンプレートを表示

フランクリン・ブキャナン(Franklin Buchanan、1800年9月17日 - 1874年5月11日)は、アメリカ合衆国海軍およびアメリカ連合国海軍の士官で、アメリカ連合国海軍ただ一人の海軍大将である。南北戦争初期には装甲艦CSS バージニアの艦長を務めた。

南北戦争まで[編集]

医師であった父ジョージ・ブキャナンと母レティシア・マッキーン・ブキャナンの三男(第五子)として、メリーランド州バルチモアに生まれた[1]。ブキャナン家はスコットランドからの移民であった。1815年に士官候補生Midshipman)となり、1825年に大尉、1841年に中佐、1855年には大佐に昇進している[1](当時のアメリカ海軍は、正規の尉官は大尉のみ、佐官は2階級で1862年まで海軍に将官(提督)は設置されていない)。

合衆国海軍に45年間奉職したが、全世界で海上勤務についている。1840年代の軍用スループヴィンセンス、同ジャーマンタウンの指揮に始まり、1850年代には蒸気フリゲートサスケハナの艦長として、ペリー代将日本遠征に加わった[1]

1845年から1847年までアメリカ合衆国海軍兵学校の初代校長を務め(正規の階級は中佐であるが、一時的に代将となっている[2])、その後米墨戦争に参加した。1859年から1861年までは、ワシントン海軍工廠の最高責任者であった。南北戦争が近いの噂が流れ始めると、ブキャナンは故郷であるメリーランドがアメリカ合衆国から分離すると予測し、海軍に辞表を出した。しかしながら結局メリーランドは合衆国に留まったため、ブキャナンは辞表を撤回しようとしたが、海軍長官のギデオン・ウェルズは忠誠心の確認できない軍人は不要として、辞表の撤回を認めなかった[1]

南北戦争[編集]

アメリカ連合国海軍に転じたブキャナンは、装甲艦CSSバージニアの艦長としてハンプトン・ローズ海戦を戦った.[3]。1862年3月8日、バージニアはUSSカンバーランドを衝角攻撃で撃沈し、続いてUSSコングレスを砲撃により攻撃した。コングレスは大きく損傷したが、バージニアは岸の陸軍部隊から攻撃を受けた。ブキャナンはバージニアの甲板上から、カービン銃で狂ったように岸に向かって銃撃を加えた[4]。すぐに北軍の狙撃兵が放ったミニエー弾がブキャナンの太腿を貫いた。この負傷はすぐに回復はしたものの、翌日に行われた合衆国海軍の装甲艦モニターとの戦闘の指揮は取れなかった。この栄誉はキャツビー・ロジャー・ジョーンズ(Catesby ap Roger Jones)に与えられることとなった。しかし、この海戦で合衆国海軍が被った損害は、真珠湾攻撃に至るまで最大のものだった[5]

フランク・ブキャナンとジョサイア・タットノール

1862年8月、ブキャナンは海軍大将に昇進し、アラバマ州モービル湾の海軍部隊の指揮を執ることとなった[6]。そこで装甲艦テネシーの建造を監督し、テネシーが完成するとそれに乗艦し、1864年8月5日のモービル湾の海戦で、北軍のデヴィッド・ファラガット少将の艦隊と戦った[7]。ブキャナンはこの戦闘で負傷し捕虜となった。捕虜交換で開放されたのは1865年2月であった[7] 。その後負傷休暇をとったが、休暇中に南北戦争は終結した。

その後[編集]

戦後ブキャナンはメリーランドに戻ったが、その後実業家として1870年までモービルで暮らした。再びメリーランドに戻り、1874年5月11日にそこで死去した。

艦名[編集]

ブキャナンの名前をもつ軍艦は3隻ある。

海軍兵学校の校長公邸もブキャナン・ハウスと呼ばれている。

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d Quarstein, "Franklin Buchanan"
  2. ^ Annual Register of the United States Naval Academy, Annapolis, Md By United States Naval Academy, pg 4
  3. ^ Symonds, p. 152.
  4. ^ Jones, Terry L., Historical dictionary of the Civil War, Lanham, Scarecrow Press, 2011, p . 638.
  5. ^ United States Naval Institute Proceedings, Volume 88, U.S. Naval Institute, 1962, p. 68.
  6. ^ Tucker, Spencer, Almanac of American military history, Santa Barbara, ABC-CLIO, 2013, p. 668.
  7. ^ a b Symonds, p. 254.

伝記[編集]

  • Quarstein, John V., The CSS Virginia : sink before surrender, Charleston, History Press, 2012, ISBN 9781609495800.
  • Craig Symonds, Confederate Admiral: The Life and Wars of Franklin Buchanan, Naval Institute Press, 1999, ISBN 978-1-59114-846-3.

外部リンク[編集]