フランクフルト宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランクフルト宣言(フランクフルトせんげん、英語: Frankfurt Declaration)は、1951年7月に社会主義インターナショナル西ドイツフランクフルトでの第1回大会にて採択した宣言で、正式名称は「民主社会主義の目的と任務[1]。宣言は資本主義共産主義の双方と対決する方針を打ち出し、特にボルシェヴィキや国際共産主義運動との対決に重点を置いた(反共主義[1]

この宣言は、1989年6月のストックホルムで開催された第18回会議で更新された[2]

概要[編集]

フランクフルト宣言では、資本主義による弊害に対する反抗として社会主義が生まれ、社会主義は生産手段の社会的所有や計画的な経済を目指す。しかしロシアのボルシェビキ革命以来の共産主義は一党独裁を行い自由を抑圧している。民主社会主義はこの両方に反対し、人権や自由と経済的計画化を結びつけ、民主主義の社会を実現する、とした[3]

フランクフルト宣言は以下から構成される。

  • 前文 - 13項目。
  • 本文
  1. 政治的自由主義。
  2. 経済的自由主義。
  3. 社会的民主主義と文化の進歩。
  4. 国際的民主主義。

1.19世紀このかた、資本主義は巨大な生産力を発展させた。だがそこで大多数の市民は生産に関して影響力を持ちえないようにされてしまった。資本主義は人権よりも所有権を尊重し、財産も社会的権利もない賃金労働者という新しい階級を生みだし、階級間の闘争を激化させた。
(略)
3.社会主義は生産手段を所有・管理する少数者への依存から国民を解放することを目的とする。社会主義はすべての国民の手に経済の決定権を与え、自由な人間がそれぞれ平等な資格で共に働く共同社会を作りだすことを目的とする。
(略)
8.共産主義は硬直的独断思想となり、マルクス主義が有していた批判精神とも両立しえないものとなっている。
(略)
9.社会主義者は、自由と社会正義の実現のために資本主義の階級対立を克服しようとしているのだが、これに対して共産主義者は一党独裁の確立だけのために、階級対立を激化させようとするのである。国際共産主義は新たな帝国主義の道具となっている。共産主義が政権をとったところでは、自由が奪われ、自由へと到る可能性すらも否定されている。国際共産主義は軍部と恐怖警察とに基礎をおいている。富と特権の著しい格差が生み出され、新たな階級社会が出現している。共産主義の経済では強制労働が重要な役割を演じている。
(略)
11.民主社会主義は国際的な運動であるが、その解釈に厳格な統一性を決して要求するものではない。
(略)

12.科学と技術の進歩は、人類に自らの生活を益々向上させもすれば自らを破滅させもする巨大な力をもたらした。それゆえ生活活動は経済的自由放任主義に委ねてはならず、人間生活に必要なものを充たすべく、体系的に計画されねばならない。かかる計画化は、個人の基本的人権を尊重するものでなければならない。社会主義は国内でも国際的領域でも自由と計画化とを結びつけるよう努力するものである。 — フランクフルト宣言(前文)[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 社会主義インターナショナル - ブリタニカ国際大百科事典 - コントバンク
  2. ^ XVIII Congress of the Socialist International、Stockholm
  3. ^ Lamb, Peter Lamb; Docherty, James C. eds. (2006). Historical Dictionary of Socialism. 2nd ed. Lanham, Maryland, USA; Toronto, Ontario, Canada; Oxford, England, UK: The Scarecrow Press, Inc. pp. 125.
  4. ^ フランクフルト宣言(民主社会主義の目的と任務)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]