フランクフルト・アム・マイン (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FGS Frankfurt-am-Main-2012-1.jpg
基本情報
建造所 フレンスブルク造船社
運用者 Naval Ensign of Germany.svgドイツ連邦海軍
艦種 補給艦
級名 ベルリン級
艦歴
進水 2001年1月5日
就役 2002年5月27日
要目
排水量 満載 20,240トン
全長 174.0m
最大幅 24.0m
吃水 7.6m
機関 2軸推進
ディーゼルエンジン × 2基
出力 10,680kW
速力 20ノット
乗員 139名
搭載能力 コンテナ84個
兵装 BK-27mm機関砲 × 4基
FLF2艦対空ミサイル × 2基
搭載機 シーキングまたはNH90汎用ヘリコプター ×2機
テンプレートを表示

フランクフルト・アム・マインドイツ語Frankfurt am Main, A 1412)は、ドイツ海軍補給艦(任務部隊補給艦)ベルリン級補給艦の2番艦。艦名はフランクフルト・アム・マイン市に由来する。

艦歴[編集]

「フランクフルト・アム・マイン」は、フレンスブルク造船社de:Flensburger Schiffbau-Gesellschaft)で建造され、2001年1月5日にフランクフルト・アム・マイン市長のペトラ・ロスが洗礼を施して進水、その後ホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船で艤装を施して2002年5月27日に就役し補助艦艇隊に配属された。

2003年3月19日から2003年10月13日までアフリカの角における不朽の自由作戦に参加する。2004年2月24日から2004年7月9日まで駆逐艦演習2004(DESEX)に参加。2007年10月15日から2007年3月1日まで国際連合レバノン暫定駐留軍の参加し海上統制支援任務のためレバノン沖に展開する。その後同年3月には欧州連合海洋任務グループに参加した。2009年4月にはUNITAS演習に参加する。2010年1月から6月までは2010年度のドイツ海軍での教育部隊として運用される。

フランクフルト・アム・マイン市が後援団体となっている。将来、2012年を目処に母港をヴィルヘルムスハーフェンに移転する予定。

第2機動隊群補助艦艇隊に所属し、キールを母港としている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]