フランキ・スパス15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランキ・スパス15
SPAS15.jpg
フランキ・スパス15
フランキ・スパス15
種類 散弾銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 フランキ
仕様
種別 用散弾銃
口径 12ゲージ
銃身長 450mm
使用弾薬 12ゲージ
装弾数 6+1発
全長 1,000mm(銃床展開状態)
重量 3,900g
歴史
配備先 イタリア軍
テンプレートを表示

フランキ・スパス15: Franchi Special Purpose Automatic Shotgun 15 略称:SPAS-15)は、イタリアフランキ社が設計した散弾銃

概要[編集]

フランキ社製の散弾銃フランキ・スパス12の発展・改良型である。

先に開発されたスパス12は、セミオートとポンプアクション式の2つの射撃モードを持ち合わせていたが、従来同様のチューブ式弾倉のため、リロードに時間が掛かるという欠点を抱えており、戦闘中にスムーズに弾詰めができなかった。スパス15は、こういったスパス12の問題点を改善することを目的に、イタリア軍の要請で開発が始められたが、アメリカ軍で進められていたCAW(クローズ・アサルト・ウェポン)計画のトライアルも意識されて開発された[1]。このスパス15は先行のスパス12と同じく、セミオートとポンプアクションの切り替えを可能とし、イタリア軍の要望に合わせ箱形弾倉を装備した。また、初めは固定式銃床を装備したものが製作されていたが、その後折りたたみ式の銃床に変更された。

発表時には、非殺傷性のラバープラスチック製の散弾を封入した弾薬も用意された。これは、警察などが暴徒鎮圧用途などにも使える事をアピールした物である。

弾倉薬室内の弾薬をリロードする事で簡単に通常の散弾と非殺傷性の散弾など、弾の種類を変更する事が可能。これにより、様々な事態に容易に対応できるとアピールされた。弾倉も、当初は通常の散弾用に赤のラインが入った物と非殺傷性の散弾用に緑色のラインが入った物が用意されていた。しかし、これは相手にも容易に弾の種類が判別されてしまうため、量産型では極初期の物だけで廃止されている。

現在は、イタリア軍の国連平和維持部隊で運用されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 床井雅美『軍用銃事典 改定版』並木書房 ISBN 9784890632138

関連項目[編集]