フラビオ・カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

妻と接吻するフラビオ・カント
ブラジルの旗 ブラジル
男子 柔道
オリンピック
2004 アテネ 81kg級

フラビオ・カント(Flávio Vianna de Ulhôa Canto 、1975年4月16日- )は、ブラジル柔道選手。イギリスオックスフォード出身。階級は81kg級。身長179cm[1]

人物[編集]

1996年のアトランタオリンピックでは準々決勝で古賀稔彦袖釣込腰で敗れるなどして7位に終わった[1]。2000年のシドニーオリンピックには出場できなかった。2004年のアテネオリンピックでは銅メダルを獲得した[1]。2008年の北京オリンピックは国内のこの階級に世界チャンピオンのティアゴ・カミロがいたため出場できなかった。一方、世界団体には出場してチームの3位に貢献した。2010年には35歳になったにもかかわらず多くの国際大会に参加して、世界選手権では5位だったものの、世界団体ではチームの2位に貢献した。

寝技の名手として知られている[2]

また、リオデジャネイロの貧困層を支援するNGO組織の「レアソン」代表として子供たちに柔道を教える活動にも従事している[3]。この「レアソン」からは女子57kg級のラファエラ・シルバのような世界で活躍する選手も出てきている[4]

2013年7月には女優のフィオレラ・マテイスと結婚した[5]


主な戦績[編集]

78kg級での戦績

81kg級での戦績

脚注[編集]

外部リンク[編集]