フラットライナーズ (2017年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フラットライナーズ
Flatliners
監督 ニールス・アルデン・オプレヴ
脚本 ベン・リプリー英語版
原作 ピーター・フィラルディ
フラットライナーズ
製作 ローレンス・マーク英語版
マイケル・ダグラス
ピーター・サフラン
製作総指揮 マイケル・ベダーマン
ロバート・ミタス
デヴィッド・ブラックマン
ブライアン・オリヴァー
ハッサン・タヘル
出演者 エレン・ペイジ
ディエゴ・ルナ
ニーナ・ドブレフ
ジェームズ・ノートン
カーシー・クレモンズ英語版
音楽 ネイサン・バー英語版
撮影 エリック・クレス英語版
編集 トム・エルキンズ
製作会社 コロンビア映画
クロス・クリーク・ピクチャーズ
ファーザー・フィルムズ英語版
ローレンス・マーク・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ
日本の旗 同上
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年9月29日
日本の旗 2017年12月22日
上映時間 110分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $45,158,254[2]
アメリカ合衆国の旗 $16,883,115[2]
日本の旗 5000万円[3]
テンプレートを表示

フラットライナーズ』(Flatliners)は、2017年アメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はニールス・アルデン・オプレヴ、主演はエレン・ペイジが務めた。本作は1990年に公開された同名映画のリメイク版であるが、ストーリーは続編に近いものとなっている[4]

ストーリー[編集]

ネルソン・ライトが巻き込まれた事件から28年が経過した世界。医学生のコートニー・ホームズは死後の生に並々ならぬ関心を持っており、死後世界で何が起こるのかを解明したがっていた。ホームズはジェイミーとソフィアを招いてある実験をすることにした。除細動器を使って自らの心臓を60秒間停止し、その間の脳波を観測するという実験であった。2人は万が一のことが起きたらどうするのかとホームズに言ったが、彼女は「何かあったとしても、あなた方には一切責任がないのだから心配しないで」と言うばかりであった。ソフィアはなおもホームズを止めようとしたが、ジェイミーはホームズの説得を諦めてしまった。心停止から60秒後、2人はホームズが蘇生しないのを見てパニックに陥ったが、駆けつけたレイの協力で何とかホームズを蘇生させることができた。

実験後、ホームズは過去の記憶の幾つかを鮮明に思い出せるようになった。時が経つにつれて、ホームズの知的能力は異常なまでの向上を見せた。学業の成績が伸びたりピアノが突然弾けるようになったりするなど良いことだらけであった。そんなホームズに嫉妬したジェイミーは、自ら実験の被験者になることを申し出た。ジェイミーは臨死体験中に元カノに遭遇するという極めて不愉快な体験をした。やがて、ホームズとジェイミーは幻覚を見るようになったが、その事実を他人に打ち明けようとはしなかった。被験者を希望する人たちは増える一方で、ソフィアすらも参加するほどだった。被験者たちにはホームズのような知的能力の向上が見られた。

しかし、そんな被験者たちもやがて幻覚に苦しめられることとなった。ホームズは交通事故でなくなった妹のテッサの幻覚を見ていた。その事故の原因はホームズの不注意運転であったこともあって、ホームズは自責の念に駆られた。ジェイミーは元カノが妊娠していた赤ん坊の幻覚を見ていた。ジェイミーは元カノから妊娠を打ち明けられたとき、中絶を懇願したのだった。マーロはサイラスという名前の男性の幻覚を見ていた。サイラスはマーロの医療ミスが原因で命を落とした人物であった。ソフィアはイリーナという名前の女性の幻覚を見ていた。かつて、ソフィアはイリーナと卒業生総代の座を争っていた。何としてでも総代になりたかったソフィアは、イリーナの携帯をハッキングしてそこに保存されていた彼女の全裸画像をネット上に流したのであった。

ただ一人実験に参加しなかったレイは何が起こっているのか把握できずにいた。しかし、実験が原因だという確信はあったので、レイは実験の即時中止を訴えた。しかし、時すでに遅く、幻覚は日に日に強烈なものとなっていった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替声優[5][6]

製作[編集]

2015年10月、エレン・ペイジが本作に出演すると報じられた[7]2016年2月、ディエゴ・ルナの出演が決まった[8]。4月、ニーナ・ドブレフが起用されたとの報道があった[9]。5月、カーシー・クレモンズとジェームズ・ノートンが本作の出演契約にサインしたと報じられた[10][11]。7月、オリジナル版で主演を務めたキーファー・サザーランドが本作に出演すると報じられた[12]

本作の主要撮影は2016年7月上旬にトロントではじまり、9月7日に終了した[13]

興行収入[編集]

本作はトム・クルーズ主演の『バリー・シール/アメリカをはめた男』と『'Til Death Do Us Part』と同じ週に公開され、公開初週末に800万ドルから1200万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[14]、実際の数字はそれを下回るものであった。2017年9月29日、本作は全米2552館で封切られ、公開初週末に657万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場5位となった[15]。この数字は1990年版のオープニング興行収入(1003万ドル)をも下回るものであった[16]

評価[編集]

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには35件のレビューがあり、批評家支持率は0%、平均点は10点満点で3.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『フラットライナーズ』はホラー映画として薄っぺらいものになっている上に、原作をより良くすることにも失敗している。このリブートは大失敗だと言える。」となっている[17]。また、Metacriticには13件のレビューがあり、加重平均値は30/100となっている[18]。なお、本作のシネマスコア英語版はB-となっている[19]

出典[編集]

  1. ^ FLATLINERS (2017)”. 2017年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c Flatliners”. 2018年4月10日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.56
  4. ^ New ‘Flatliners’ is Actually a Sequel, Kiefer Sutherland Reveals”. 2017年9月30日閲覧。
  5. ^ 『フラットライナーズ』Blu-ray&DVDが5月2日リリース、日本語吹替版に白石涼子×神谷浩史”. 2018年4月9日閲覧。
  6. ^ フラットライナーズ(2017)”. ふきカエル大作戦!! (2018年4月9日). 2018年4月9日閲覧。
  7. ^ Ellen Page in Talks to Star in ‘Flatliners’ Remake (EXCLUSIVE)”. 2017年9月30日閲覧。
  8. ^ ‘Rogue One’ Star Diego Luna in Talks to Join Ellen Page in Sony’s ‘Flatliners’ (Exclusive)”. 2017年9月30日閲覧。
  9. ^ Nina Dobrev In Talks To Join Sony’s ‘Flatliners’ Reboot”. 2017年9月30日閲覧。
  10. ^ ‘Dope’s’ Kiersey Clemons to Star Opposite Ellen Page in ‘Flatliners’ (EXCLUSIVE)”. 2017年9月30日閲覧。
  11. ^ James Norton set for Flatliners remake”. 2017年9月30日閲覧。
  12. ^ Kiefer Sutherland Crossing Over To ‘Flatliners’ Redo”. 2017年9月30日閲覧。
  13. ^ Flatliners Reboot Set for 2017 Release”. 2017年9月30日閲覧。
  14. ^ 'It' drives record September box office with Tom Cruise's 'American Made' ready to battle 'Kingsman'”. 2017年9月30日閲覧。
  15. ^ September 29-October 1, 2017”. 2017年10月4日閲覧。
  16. ^ August 10-12, 1990”. 2017年10月4日閲覧。
  17. ^ Flatliners”. 2017年9月30日閲覧。
  18. ^ Flatliners (2017)”. 2017年9月30日閲覧。
  19. ^ Tom Cruise’s ‘American Made’ Trying To Break Three-Way $16M+ No. 1 Tie…But Is That Worth Celebrating?”. 2017年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]