フラッシュポイント (アーケードゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フラッシュポイント
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 セガ・システム16(アーケード)
PlayStation 2(テトリスコレクション内の1ゲーム)
開発元 セガ・エンタープライゼス
発売元 セガ・エンタープライゼス
人数 1~2人
(対戦ではなく、1人用ゲームを2人で別々にプレイする)
発売日 1989年(アーケード)
2006年9月28日(テトリスコレクション)
テンプレートを表示

フラッシュポイント』(FLASH POINT)はセガ・エンタープライゼス(後のセガ・インタラクティブ)より1989年に発表されたアーケード用落ち物パズルゲームである。使用基板はセガ・システム16

前年に発売されたアーケード版『テトリス』にセガ独自のアレンジを加えた続編である。

ゲーム内容[編集]

フィールドの上から落ちてくる4マスのブロックによって構成されたパーツ(テトリミノ)を操作して、横一列に隙間なく並べるとその列のブロックが全消滅するという基本的なルールは『テトリス』のそれを踏襲している。ただし、ゲーム開始時点でフィールド内には一定の形状にブロックが積み上がった状態になっており、最初から存在するブロックの中で点滅するブロック(フラッシュポイント)を全て消去することでステージクリアとなる面クリア方式のパズルとなっている。

ステージは全部で100面が用意されているが、全てのステージを順番にクリアしていく必要はない。ゲーム開始時とステージクリア時に表示されているステージから、次にプレイするステージを任意に選択できる。『テトリス』と同様に得点や消したラインの数の表記もあるが、基本的には面クリアまでにかかった時間の短さを競い、列を消しても得点は入らないため、オリジナルの『テトリス』とは別のゲーム性を見せることとなった。なお、ステージクリアまでの最短記録、ステージをプレイおよびクリアした延べ人数が基板に保存される。基板内の新記録を達成した場合、ボーナス点が入る。

同様に落ち物パズルを面クリアパズルにアレンジした例としては、『ぷよぷよ』をアレンジした『なぞぷよ』がある。

移植版[編集]

PlayStation 2用ソフト『テトリスコレクション』(セガ(後のセガゲームス)、セガエイジス2500シリーズVol.28)
非公認の海賊版を除いて家庭用ゲーム機への移植版は出ていなかったが、2006年9月28日発売の『テトリスコレクション』で初の家庭用移植版が収録された。こちらには『テトリス』『ブロクシード』の各バージョンも同時収録されている。
『フラッシュポイント』は通常のセガ・システム16版だけでなく、開発途中で『テトリス』と共にお蔵入りとなったメガドライブ版も隠しとして復刻収録されている。

その他[編集]

1996年に発売されヒットした、テトリスタイプのブロックゲームを内包した小型の液晶ゲーム機には、本作の点滅するブロックを消してステージクリアや、同社の『ブロクシード』のアイテム要素などの仕様が使われていた。

外部リンク[編集]