フミーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jumilla

Escudo de Jumilla.svg

アリバ広場
アリバ広場
Flag of the Region of Murcia.svg ムルシア州
Flag of the Region of Murcia.svg ムルシア県
面積 972 km²
標高 510m
人口 25,362 人 (2016年)
人口密度 26.09 人/km²
Jumillaの位置(スペイン内)
Jumilla
Jumilla
スペイン内フミーリャの位置
Jumillaの位置(ムルシア州内)
Jumilla
Jumilla
ムルシア県内フミーリャの位置

北緯38度28分45秒 西経01度19分30秒 / 北緯38.47917度 西経1.32500度 / 38.47917; -1.32500座標: 北緯38度28分45秒 西経01度19分30秒 / 北緯38.47917度 西経1.32500度 / 38.47917; -1.32500

フミーリャ(スペイン語: Jumilla)は、スペインムルシア州ムニシピオ(基礎自治体)。2016年の人口は25,362人。スペインワインの産地として知られる。フミージャとも。

地理[編集]

中心市街地の標高は510メートルであり、1372メートルのカルチェ山英語版を筆頭とした800メートル以上の山に囲まれている。フミーリャの面積は972m2であり、スペインで10番目に面積の大きな自治体である。

面積[編集]

順位 基礎自治体 自治州 面積(km2)
1 カセレス エストレマドゥーラ州 カセレス県 1,752.61
2 ロルカ ムルシア州 1,674.70
3 バダホス エストレマドゥーラ州 バダホス県 1,473.20
4 コルドバ アンダルシア州 コルドバ県 1,254.25
5 アルモドーバル・デル・カンポ英語版 カスティーリャ=ラ・マンチャ州 シウダ・レアル県 1,207.64
6 ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ アンダルシア州 カディス県 1,188.14
7 アルバセテ カスティーリャ=ラ・マンチャ州 アルバセテ県 1,125.91
8 サラゴサ アラゴン州 サラゴサ県 1,062.64
9 エシハ アンダルシア州 セビリア県 978.78
10 フミーリャ ムルシア州 971.74

人口[編集]

フミーリャの人口推移 1877-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[1]、1996年 - [2]

経済[編集]

フミーリャ(ワイン原産地)
DO Jumilla location.svg
スペインにおけるフミーリャ (DO)の位置(濃赤)
正式名称 Jumilla D.O.
タイプ DO
ワイン産業 1966年(DO認定年[3])-
スペインの旗 スペイン
所在地 ムルシア州カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県
ブドウ園面積 27,022ヘクタール(2010年)[4]
ブドウ園数 2,870園 (2010年)[4]
ブドウの品種 モナストレル種など
ワイナリー数 44社(2010年)[4]
主なワイン 254,973ヘクトリットル(2010年)[4]
テンプレートを表示

フミーリャには20メガワットの電力容量(ピーク時)を持つ大規模な太陽光発電所がある。12万枚のソーラーパネルからなるこの太陽光発電所は100ヘクタールの土地に設置されており、2万戸が使用するエネルギーに相当する年間発電量を持つ。この太陽光発電所の存在によって二酸化炭素の排出量が年間42,000トン削減される[5]

フミーリャの経済は農業に基づいており、ブドウ畑、オリーブ畑、その他の果樹園などが広がっている。フミーリャや近隣のジェクラ英語版では、ムルシアではヤギのムルシアーナ英語版種やグラナディーナ英語版種が飼育されている[6]

ワイン生産[編集]

フミーリャ (DO)のワインボトル

ワイン生産の特徴[編集]

スペインワインの原産地呼称制度であるデノミナシオン・デ・オリヘン(DO)の産地としてフミーリャ (DO)があり、フミーリャの自治体域を超えて広がっている。フミーリャ (DO)には32,000ヘクタールのブドウ畑があり、うち45%がムルシア州内に、55%がアルバセテ県内にある。ムルシア (DO)には3,000人のブドウ生産者が登録されている。フミーリャ (DO)では主にモナストレル種のブドウを使用している。土壌は石灰質である。夏季の最高気温は摂氏40度に達するが、冬季には氷点下になることもある大陸性気候の産地である[7]。年間日照時間は約3,000時間と長く、年間降水量は約300ミリメートルと乾燥している[7]。2014年に生産されたワインのうち、42%はスペイン国内に、58%はスペイン国外に出荷された[8]

ワイン生産の歴史[編集]

特有の気候条件によってアルコール度数が高くなり、伝統的に他産地のワインのブレンド用バルクワインとして、また日常消費用のワインとして販売された[7]。1966年には原産地呼称のデノミナシオン・デ・オリヘンに指定された[3]。他産地から約100年も遅れて、1980年代末にはフミーリャでフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)が蔓延[7]。これを機に多くのブドウが改植され、ワインの品質向上が図られるようになった[7]

指定自治体[編集]

ムルシア州のフミーリャに加えてカスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県南東部の6自治体、計7自治体がフミーリャ (DO)に含まれている。

ブドウ品種[編集]

赤ワインまたはロゼワインにはモナストレル種を50%以上使用しなければならない[8]

文化[編集]

文化財[編集]

12世紀から15世紀に建設されたフミーリャ城スペイン語版、15世紀から17世紀に建設されたサンティアゴ教会スペイン語版、16世紀竣工のオンダ邸、18世紀竣工のエル・サルバドール教会、1883年竣工のビコ劇場スペイン語版、リコ塔などは、それぞれスペインの重要文化財に指定されている。

スポーツ[編集]

フットサルクラブとして1997年にCFSフミーリャが設立され、2013-14シーズンからプリメーラ・ディビシオン(全国1部)に属している。サッカークラブとしてはFCフミーリャスペイン語版があり、主にテルセーラ・ディビシオン(全国4部)に属している。2017年には鹿島アントラーズユースに所属していた松浦航洋がFCフミーリャに加入した[9]

政治[編集]

フミーリャ自治体選挙結果
政党 2015 2011
得票率 議席数 得票率 議席数
スペイン社会労働党(PSOE) 41.39% 10 30.73 % 7
国民党(PP) 36.48% 8 52.72 % 12
統一左翼(IU) 12.46 % 3 11.20 % 2

出典: エル・パイス[10]

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 José Yagüe Ortuño スペイン社会労働党(PSOE)
1983–1987 José Sánchez Guardiola (1983)
Dionisio González Otazo
スペイン社会労働党(PSOE)
スペイン社会労働党(PSOE)
1987–1991 Dionisio González Otazo スペイン社会労働党(PSOE)
1991–1995 José Luis Cruz Gil スペイン社会労働党(PSOE)
1995–1999 Marcos Nogueroles Pérez 国民党(PP)
1999–2003 Francisco Abellán Martínez スペイン社会労働党(PSOE)
2003–2007 Francisco Abellán Martínez スペイン社会労働党(PSOE)
2007–2011 Francisco Abellán Martínez スペイン社会労働党(PSOE)
2011–2015 Enrique Jiménez Sánchez 国民党(PP)
2015– Juana Guardiola Verdú スペイン社会労働党(PSOE)

出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]