フミノトキメキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フミノトキメキ
2005-9-19-fuminotokimeki.JPG
2005年9月19日阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2001年2月25日
死没 -
ダンスインザダーク
ピカレスクノベル
生国 日本北海道浦河町
生産 榊原敏明
馬主 谷二
調教師 目野哲也栗東
→ 佐伯茂樹(荒尾
→ 目野哲也(栗東)
競走成績
生涯成績 中央競馬26戦4勝
地方競馬7戦1勝
獲得賞金 中央競馬9284万3000円
地方競馬49万7000円
テンプレートを表示

フミノトキメキ日本競走馬である。

2003年12月14日阪神競馬の新馬戦でデビューするも、以後10戦連敗、地方競馬荒尾競馬場へ転入する。

のちにJRA(日本中央競馬会)へ戻り、2005年5月15日主戦騎手として石山繁を鞍上に迎え、障害競走デビュー。デビュー戦と2戦目は連続で3着に終わるが、3戦目で初勝利を挙げ、続くオープンで連勝を飾ると、次走の小倉サマージャンプでは2着のイブキリムジンオー以下に大差をつけて3連勝と重賞初制覇を果たした。4連勝を狙って臨んだ阪神ジャンプステークスでは、2周目8号障害で落馬を喫し競走中止に終わった。

長期休養があけて、復帰戦は2006年10月28日の500万下条件戦に出走するが5着。さらに続いては障害競走に戻り一番人気に支持されたものの3着に敗れたが、12月23日に行われる中山大障害への参戦が決定した。3番人気に推されるが12着と大敗する。年明け初戦は中1週で望んだ牛若丸ジャンプステークス。7番人気と低評価だったが、2着マルブツトップ以下に大差をつけレコード勝ちを飾った。

2007年は春麗ジャンプステークスに出走。コウエイトライなどの強豪が揃ったレースで3着に入った(レース中、前の馬の脚から外れて飛んできた蹄鉄が、同馬の顔に突き刺さるというアクシデントに見舞われながらの完走であった)。しかし続いてのペガサスジャンプステークスでは1番人気に支持されるものの最初の水濠障害で落馬、競走中止となった。その後の東京ハイジャンプ、小倉サマージャンプでは共に見せ場なく敗れた。

その後、屈腱炎により約1年間の休養後、2008年はオープン、阪神ジャンプステークスと2走してともに見せ場なく終わり、9月24日にJRA競走馬登録を抹消し、引退した。現在は滋賀県の湖南牧場で乗馬となっている。

血統表[編集]

フミノトキメキ血統サンデーサイレンス系 / Nijinsky II 3×4=18.75%、Raise a Native 5×4=9.38%) (血統表の出典)

ダンスインザダーク
1993鹿毛
* Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
* Dancing Key
1983 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner

ピカレスクノベル
1992 栗毛
* Jade Robbery
1987 黒鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Number Nijinsky II
Special
* Gaebale
1975 鹿毛
Gallant Man Migoli
Majideh
Classicist Princequillo
Classic Music F-No.17-b
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]