フッド: ザ・ビギニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フッド: ザ・ビギニング
Robin Hood
監督 オットー・バサースト英語版
脚本 ベン・チャンドラー
デヴィッド・ジェイムズ・ケリー
原案 ベン・チャンドラー
製作 レオナルド・ディカプリオ
ジェニファー・デイヴィソン
出演者 タロン・エガートン
ジェイミー・フォックス
ベン・メンデルソーン
イヴ・ヒューソン
ジェイミー・ドーナン
音楽 ジョセフ・トラパニーズ
撮影 ジョージ・スティール
編集 ジョー・ハッシング
クリス・バーウェル
製作会社 サミット・エンターテインメント
アピアンウェイ・プロダクションズ英語版
セイフハウス・ピクチャーズ
サンダーロード・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年11月21日[1]
日本の旗 2019年10月18日[2]
上映時間 116分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $30,824,628[4]
世界の旗 $84,780,546[4]
日本の旗 1億5000万円[5]
テンプレートを表示

フッド: ザ・ビギニング』(Robin Hood)は、2018年アメリカ合衆国冒険アクション映画。監督はオットー・バサースト英語版、出演はタロン・エガートンジェイミー・フォックスなど。 ロビン・フッドの映画化作品。レオナルド・ディカプリオ製作。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[6][7]

製作[編集]

2015年2月26日、レオナルド・ディカプリオ率いるアピアンウェイ英語版がロビン・フッドを主人公にした映画の製作に取りかかったと報じられた。当時、ソニー・ピクチャーズウォルト・ディズニー・カンパニーもそれぞれ独自にロビン・フッドを主人公にした映画の製作を検討していた。本作の脚本はソニー版の脚本の一部として使用される予定だったものである[8]。3月19日、ライオンズゲートが本作の全米配給権を購入したとの報道があった[9]。6月4日、オットー・バサーストが監督に起用されたと報じられた[10]。7月31日、Deadline.comはタロン・エガートン、ジャック・ヒューストンジャック・レイナーディラン・オブライエンらが主役候補として挙がっていると報じた[11]。8月6日、製作サイドがエジャトンの起用を検討していると報じられた[12]。9月30日、エガートンの起用が正式に決定したが、当時、彼は『キングスマン: ゴールデン・サークル』に出演することになっていため、その撮影が終了するまで本作の製作は延期されることとなった[13][14]。10月15日、100人以上の候補者の中から、イヴ・ヒューソンがマリアン役に選出されたと報じられた[15]

2016年1月11日、ジェイミー・フォックスがキャスト入りした[16]。9月19日、ジェイミー・ドーナンがウィル・スカーレット役に起用されたと報じられた[17]。11月、ポール・アンダーソンが本作に出演することになったとの報道があった[18]。12月13日、ベン・メンデルソーンの出演が決まったと報じられた[19]2017年2月14日、ティム・ミンチンの出演が決まった[20]

撮影[編集]

本作の主要撮影は2017年2月20日に始まり、同年5月19日に終了した。ロケはクロアチアドゥブロヴニクフランスル・ランシーなどで行われた[21][22][23][24]

公開[編集]

当初、本作は2018年3月23日に全米公開される予定だったが[25]、後に公開日は同年9月21日に延期された[26]

評価[編集]

第39回ゴールデンラズベリー賞において、最低作品賞最低助演男優賞ジェイミー・フォックス)、最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞の3部門でノミネートされたが受賞はしなかった。

出典[編集]

  1. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年2月26日). “‘Robin Hood’ Trots To Thanksgiving; Paul Feig’s Suspense Pic ‘A Simple Favor’ Eyes Fall”. Deadline Hollywood. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ kinofilms20192020 (PDF)”. キノフィルムズ. 2019年3月22日閲覧。
  3. ^ Robin Hood”. AMC Theatres. 2019年5月8日閲覧。
  4. ^ a b c Robin Hood (2018)” (英語). Box Office Mojo. 2019年5月8日閲覧。
  5. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 71頁
  6. ^ フッド: ザ・ビギニング”. 2019年12月13日閲覧。
  7. ^ “フッド: ザ・ビギニング”. ふきカエル大作戦!!. (2020年1月23日). https://www.fukikaeru.com/?p=13179 2020年1月23日閲覧。 
  8. ^ A Third Robin Hood Script Enters The Fray; This By King Arthur Scribe Joby Harold”. 2018年7月20日閲覧。
  9. ^ Lionsgate Lands ‘Robin Hood: Origins’ From Joby Harold”. 2018年7月20日閲覧。
  10. ^ Lionsgate Engaging ‘Peaky Blinders’ Helmer Otto Bathurst To Helm ‘Robin Hood: Origins’”. 2018年7月20日閲覧。
  11. ^ ‘Robin Hood: Origins’ Shortlist: Jack Reynor, Taron Egerton In Mix For Lionsgate”. 2018年7月20日閲覧。
  12. ^ Taron Egerton In Talks For Lionsgate’s ‘Robin Hood: Origins’”. 2018年7月20日閲覧。
  13. ^ 'Kingsman' Star Creates Tug-of-War Between Lionsgate and Fox”. 2018年7月20日閲覧。
  14. ^ Robin Hood Reboot Pushed for 'Kingsman 2' Shoot (Exclusive)”. 2018年7月20日閲覧。
  15. ^ Eve Hewson Landing Maid Marian In ‘Robin Hood: Origins’ Opposite Taron Egerton”. 2018年7月20日閲覧。
  16. ^ Jamie Foxx Is Little John In Lionsgate’s ‘Robin Hood: Origins’”. 2018年7月20日閲覧。
  17. ^ Jamie Dornan in Talks to Play Will Scarlett in ‘Robin Hood: Origins’”. 2018年7月20日閲覧。
  18. ^ ‘Robin Hood’ Origins Pic Shoots For Spring 2018 Bull’s-Eye”. 2018年7月20日閲覧。
  19. ^ ‘Rogue One’s’ Ben Mendelsohn to Play Sheriff of Nottingham in ‘Robin Hood: Origins’ (EXCLUSIVE)”. 2018年7月20日閲覧。
  20. ^ Tim Minchin to Play Friar Tuck in Lionsgate's New 'Robin Hood' Film”. 2018年7月20日閲覧。
  21. ^ « Robin des Bois » tourné à l’église du Raincy”. 2018年7月20日閲覧。
  22. ^ Final Day of Casting for Robin Hood: Origins in Dubrovnik”. 2018年7月20日閲覧。
  23. ^ Latest Pics from the Set of Robin Hood in Dubrovnik”. 2018年7月20日閲覧。
  24. ^ 23:49 - 2017年5月19日 by@TaronEgerton”. 2018年7月20日閲覧。
  25. ^ ‘Robin Hood’ Trots To Thanksgiving; Paul Feig’s Suspense Pic ‘A Simple Favor’ Eyes Fall”. 2018年7月20日閲覧。
  26. ^ Robin Hood Release Date Announced by Summit”. 2018年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]