フチ火口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フチ火口
Fuchi Patera
左下にフチ火口、上にマヌア火口、右にアマテラス火口
左下に位置するのがフチ火口、上に位置するのはマヌア火口、右がアマテラス火口
種類 火口
天体 イオ
座標 北緯28度20分 西経327度34分 / 北緯28.34度 西経327.57度 / 28.34; -327.57座標: 北緯28度20分 西経327度34分 / 北緯28.34度 西経327.57度 / 28.34; -327.57
直径 約 64 km
名の由来 アイヌ民話のアペフチ

フチ火口(フチかこう、: Fuchi Patera)は、木星衛星イオ火口や端に複雑な扇形のクレーター

1979年にフチ火口と名づけられた、名前はアイヌ民話の火の神ーアペフチに由来する、直径約64km。[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ IO NOMENCLATURE”. lnfm1.sai.msu.su. 2007年10月19日閲覧。
  2. ^ USGS Astro: Planetary Nomenclature: Feature Data Search Results”. USGS Gazetteer of Planetary Nomenclature Feature Information. 2007年10月19日閲覧。

関連項目[編集]