フサイチペガサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フサイチペガサス
Fusaichi Pegasus.jpg
ノーザンホースパークにある
黄金のフサイチペガサスの像
欧字表記 Fusaichi Pegasus
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年4月12日(20歳)
Mr.Prospector
Angel Fever
母の父 Danzig
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Arthur B.Hancock III
& Stonerside Ltd.
馬主 関口房朗
社台ファーム
調教師 Neil D.Drysdaleアメリカ
競走成績
生涯成績 9戦6勝
獲得賞金 1,994,400ドル
テンプレートを表示

フサイチペガサスFusaichi Pegasus1997年 - )はアメリカ産の競走馬サラブレッド)。現在は種牡馬である。

概要[ソースを編集]

来歴[ソースを編集]

1998年アメリカケンタッキー州で行なわれた「キーンランド・ジュライセール」で関口房朗が400万ドル(当時のレートで約5億6000万円)で購入。400万ドルは同じ世代では世界一の高額取引であった。

アメリカの調教師ニール・ドライスデールの元で1999年12月11日ハリウッドパーク競馬場で行なわれたメイドン(未勝利戦)でデビュー。ビクター・エスピノーザ騎乗で2着に敗れる。翌2000年1月2日サンタアニタ競馬場で行なわれたメイドンで初勝利(この時から引退レースまでケント・デザーモが騎乗)。

これを皮切りにアローワンス、G2サンフェリペステークスと連勝し、ケンタッキーダービーの前哨戦、アメリカ西海岸・アケダクト競馬場ウッドメモリアルステークスでも快勝。5月6日チャーチルダウンズ競馬場で行なわれたケンタッキーダービーでは1番人気に支持され、2分1秒12のタイムで優勝した。1番人気馬の勝利は1979年スペクタキュラービッド以来実に21年ぶりであり、また馬主の関口房朗はアジア人で初めてのケンタッキーダービー優勝馬オーナーとなった。続いてアメリカ三冠の二冠目・プリークネスステークスに出走、断然の1番人気に推されるもレッドブリット(ウッドメモリアルステークス2着馬)の2着に敗れる。この後は三冠最終戦・ベルモントステークスに向けて調整されたが、入厩していたベルモントパーク競馬場の馬房内で右前脚をぶつけて蹄を痛めるアクシデントを起こしたことから出走が見送られた。

6月末には同馬の引退後の種牡馬としての権利がアイルランドの一大牧場クールモアスタッドに世界史上最高額となる6000万-7000万ドル(約84億円)で売却されたことが発表された(それまでの最高額はシャリーフダンサーの4000万ドル)。その後は9月23日のG2ジェロームハンデキャップで復帰しこれを制したが、次走に予定したジョッキークラブゴールドカップを調教中の故障のため回避、ブリーダーズカップクラシックでは体調不良もあってかティズナウの6着と敗北。馬主の関口はこの後ジャパンカップへの出走に意欲を見せたものの、馬の体調が伴わず断念、引退となった。

戦績[ソースを編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1999.12.11 ハリウッドパーク 未勝利 D6.5f 2着 V.エスピノーザ クビ David Copperfield
2000.01.02 サンタアニタ 未勝利 D6.5f 1着 K.デザーモ 2馬身 (Spicy Stuff)
2000.02.19 サンタアニタ 一般競走 D8.5f 1着 K.デザーモ 3 1/2馬身 (Trubunal)
2000.03.19 サンタアニタ サンフェリペS G2 D8.5f 1着 K.デザーモ 3/4馬身 (The Deputy)
2000.04.15 アケダクト ウッドメモリアルS G2 D9f 1着 K.デザーモ 4 1/4馬身 (Red Bullet)
2000.05.06 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 D10f 1着 K.デザーモ 1 1/2馬身 (Aptitude)
2000.05.20 ピムリコ プリークネスS G1 D9.5f 2着 K.デザーモ 3 3/4馬身 Red Bullet
2000.09.23 ベルモントパーク ジェロームH G2 D8f 1着 K.デザーモ 3/4馬身 (El Corredor)
2000.11.04 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 6着 K.デザーモ 7 1/2馬身 Tiznow

種牡馬入り後[ソースを編集]

引退後はクールモアがケンタッキー州に所有するアッシュフォードスタッドで供用され、シャトル種牡馬としてオーストラリアでも種付けを行っている。2004年に産駒がデビュー。初年度産駒から2005年ブルーグラスステークス (G1) 優勝馬バンディニ、同年のハスケル招待ハンデキャップ (G1) 優勝馬ローマンルーラーを輩出している。ローマンルーラーは種牡馬として2011年ベルモントステークスを優勝したルーラーオンアイスを出し、孫の代でクラシックホースが誕生した。

また関口房朗は2004年2月にフロリダ州カルダーで行なわれた2歳セールで父フサイチペガサス、母Hidden Stormの牡馬を450万ドル(2歳馬としては当時の世界レコード)で購入。同馬はフサイチサムライ (Fusaichi Samurai) と命名され、アメリカでデビューを果たしたものの、1勝するに止まった。

産駒は日本にも輸入されており、傾向としては、父と同じくダートを得意とする馬が多い。2006年4月23日京都競馬場で行われたアンタレスステークスフィフティーワナーが勝利し、日本国内における産駒の初重賞制覇を果たした。

エピソード[ソースを編集]

ケンタッキーダービーで実況したアメリカ人アナウンサーがFusaichi PegasusのFuが発音しづらいため、実況前に「正しいフサイチの発音法」なる研修が急遽行われたが、本番でもうまく発音できず、「フ〜サ〜イ〜チ〜」とやむなく実況している。

代表産駒(主な勝鞍)[ソースを編集]

血統表[ソースを編集]

フサイチペガサス (Fusaichi Pegasus)血統ミスタープロスペクター系 / Native Dancer3×5=15.62%、Nearco5x5=6.25%) (血統表の出典)
父系

Mr.Prospector
1970 鹿毛
父の父
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
父の母
Gold Digger
1962 鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

Angel Fever
1990 鹿毛
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
母の母
Rowdy Angel
1979 鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ramhyde Rambunctious
Castle Hyde F-No.8-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[ソースを編集]