フゲンゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フゲンゾウ
Prunus lannesiana 'Fugenzo'01.jpg
フゲンゾウの花
引接寺
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
: ×lannesiana
学名
Cerasus ×lannesiana Carriere, 1872 ‘Alborosea’
和名
サトザクラ‘普賢象’

フゲンゾウ(‘普賢象’ 学名:Cerasus ×lannesiana Carriere, 1872 ‘Alborosea’)はバラ科サクラ属の植物の一種。サトザクラ群日本原産の園芸品種ヤエザクラ

特徴[編集]

日本花の会 結城農場 桜見本園にて

八重咲きのヤエザクラであり、大輪の花を咲かす。四月の下旬に最盛期を迎える。花は若いうちは薄紅色をしており、徐々に白くなっていく。最盛期を過ぎると徐々に花の中心部が赤く染まる。雌しべが花の中央から2本出ており、細い葉のように葉化している。この雌しべが普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ている事からこの名前がつけられた[1]。異称に普賢堂というものがある。

樹は落葉の高木で、ヤエザクラの中ではイチヨウと同じく育ちきるとかなりの大きさになるが、樹形は広卵状のイチヨウとは違い傘状。葉は生え始めは赤っぽく、徐々に緑になり、秋には紅く紅葉する。葉のは子はギザギザにささくれている。萼は漏斗状。

室町時代には既に知られていたとされる[1]。サトザクラの中でもかなり古い分類に入る。

脚注[編集]

  1. ^ a b 遺伝子研の桜