フクイプテリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フクイプテリクス
生息年代: 中生代白亜紀前期, 120 Ma
Reconstructions and restoration. a–c Skeletal reconstructions of FPDM-V-9769 in cranial (a), dorsal (b), and left-lateral (c) views. d Life restoration of Fukuipteryx prima.webp
再構築された骨格と復元図。a、b、cはそれぞれ頭側(a)、背側(b)、左側(c)から見た骨格。dはフクイプテリクス・プリマの復元図である。
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : 鳥群 Avialae
階級なし : 真マニラプトラ Eumaniraptora
: フクイプテリクス属
学名
Fukuipteryx
Imai et al, 2019

フクイプテリクスFukuipteryx, “福井の翼”)は、手取層群北谷層英語版福井県勝山市)の前期白亜紀の地層から発見された、前期白亜紀の鳥類の中では最も原始的な種とされる恐竜である[1]

発見と命名[編集]

2013年、勝山市北谷の恐竜発掘現場で、日本で初めて関節が繋がりまとまった状態の鳥類骨格化石が発掘された。他の多くの白亜紀前期の鳥類と異なり、この骨格標本は立体的に保存されており、いくつかの固有派生形質を示していたため、新しい分類群の作成に繋がった[1]

2019年、模式種フクイプテリクス・プリマが、今井拓哉、東洋一、河部壮一郎、柴田正輝、宮田和周、王敏、周忠和らによって命名された。属名の"Fukui"は福井から産出したことに因み、"pteryx"は古代ギリシャ語で"翼"を意味する。種名の"prima"はラテン語で"最初の、原初のもの"を意味し、フクイプテリクスが鳥群の系統樹における基底部に位置していることを表している。

ホロタイプであるFPDM-V-9769は、約1億2000万年前のアプチアンに由来する北谷層の緑色砂岩層で発見され、下顎を含む部分的な骨格(右上角骨、2個の頸椎、4個の背椎、2個の仙骨、5個の尾椎、尾端骨、肋骨、叉骨、両烏口骨、右腸骨、左上腕骨、尺骨、 両橈骨、2番目の右中手骨、左手、および脛骨とつま先部分を除いた両下肢)で構成されている。1歳未満の亜成体のもので、関節で繋がってまとまってはいないものの、立体的に保存されている。骨格は福井県立恐竜博物館に所蔵されており、コンピュータ断層撮影を用いて復元された[1]

説明[編集]

特徴[編集]

フクイプテリクスハトと同程度の大きさである[2]

固有派生形質(特定の分類群にしか見られない独自の特徴)として、上腕骨近位端の丸い凹みや上向きに曲がった羽軸(翼が水平な位置にある)、神経棘の痕跡が残り、後端がパドルに似た形状になった尾端骨がある[1][3]

骨格[編集]

フクイプテリクスは、鳥群を別とすれば基本的な種では見られない派生形質を有している。後尾椎骨と融合して短くなった尾端骨が見られ、これは今までの言説と違い、長い尾が喪失する過程が飛行可能な種への進化に必ずしも必須というわけではないことを示唆している。叉骨は頑丈でU字型だが、骨の間の角度はそれほど大きくない。烏口骨は長い支柱のようになっており、肩甲骨に融合していない。翼における最大の骨は上腕骨で、尺骨と橈骨は大腿骨よりも長い[1]

系統分類[編集]

フクイプテリクスは基本的には鳥群に分類される。分岐学的分析により、系統的には Jeholornis英語版 の下に位置している、つまり尾端骨類英語版姉妹群であることが判明した。記述者たちは、鳥群をArchaeopteryx英語版から派生したグループと見なしているため、これはフクイプテリクスが中国国外で最初に見つかった原始的な鳥群であることを意味している[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Imai, T., Azuma, Y., Kawabe, S., Shibata, M., Miyata, K., Wang, M., & Zhou, Z. (2019). An unusual bird (Theropoda, Avialae) from the Early Cretaceous of Japan suggests complex evolutionary history of basal birds. Communications Biology, 2(1). doi: 10.1038/s42003-019-0639-4
  2. ^ New Dinosaur-Era Bird Discovered in Japan: Fukuipteryx prima”. Sci News.com. Enrico de Lazaro. 2021年2月23日閲覧。
  3. ^ FPDM-フクイプテリクス・プリマ 標本データベース2021年2月23日閲覧。