フォーリング スカイズ (第1シーズン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『フォーリング スカイズ』
第1シーズン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
話数 10
放送
放送局 TNT
放送期間 2011年6月19日 (2011-06-19) – 2011年8月7日 (2011-8-7)
ソフトウェア
DVD発売
リージョン1 2012年6月5日 (2012-06-05)[1]
リージョン2 2012年7月2日 (2012-07-02)[2]
リージョン4 2012年8月29日 (2012-08-29)[3]
Blu-ray Disc発売
リージョンA 2012年6月5日 (2012-06-05)[1]
リージョンB 2012年8月29日 (2012-08-29)[3]
シーズン年表
『フォーリング スカイズ』のエピソード一覧

アメリカ合衆国のテレビドラマ『フォーリング スカイズ』(Falling Skies)の第1シーズンは、2011年6月19日に放送が始まり、8月7日に終了した。全10話でそれぞれ40分である。アメリカ合衆国ではTNTにより日曜日の午後10時より放送された。

第1シーズンではエイリアンの侵略から6ヶ月後の世界で生存者のグループが反撃するまでが描かれる。主人公である元ボストン大学教授のトム・メイソンは退役軍人であるウィーヴァー隊長と共にマサチューセッツ市民軍第2連隊を率いてレジスタンス活動をしつつ、敵に捉えられた息子のベンを捜索する。

キャスト[編集]

メインキャスト[編集]

リカーリングキャスト[編集]

エピソード[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル 監督 脚本 放送日 アメリカ合衆国 視聴者数
(百万人)
1 1 "空から来た悪魔"
"Live and Learn"
カール・フランクリン ロバート・ロダット 2011年6月19日 (2011-06-19) 5.91[4]
2 2 "敵か味方か"
"The Armory"
グレッグ・ビーマン英語版 グレアム・ヨスト 2011年6月19日 (2011-06-19) 5.91[4]
3 3 "捕虜奪還"
"Prisoner of War"
グレッグ・ビーマン フレッド・ゴラン英語版 2011年6月26日 (2011-06-26) 4.20[5]
4 4 "届かぬ祈り"
"Grace"
フレッド・トーイ メリンダ・スー・テイラー 2011年7月3日 (2011-07-03) 4.07[6]
5 5 "作戦決行"
"Silent Kill"
フレッド・トーイ ジョー・ワイスバーグ英語版 2011年7月10日 (2011-07-10) 3.90[7]
6 6 "忍び寄る影"
"Sanctuary (Part 1)"
セルジオ・ミミカ=ゲッザン ジョエル・アンダーソン・トンプソン 2011年7月17日 (2011-07-17) 4.27[8]
7 7 "裏切り"
"Sanctuary (Part 2)"
セルジオ・ミミカ=ゲッザン メリンダ・スー・テイラー 2011年7月24日 (2011-07-24) 4.07[9]
8 8 "敵の正体"
"What Hides Beneath"
アンソニー・ヘミングウェイ英語版 マーク・ヴァーヘイデン英語版 2011年7月31日 (2011-07-31) 4.31[10]
9 9 "反撃開始"
"Mutiny"
ホリー・デイル英語版 ジョー・ワイスバーグ 2011年8月7日 (2011-08-07) 5.70[11]
10 10 "決断のとき"
"Eight Hours"
グレッグ・ビーマン マーク・ヴァーヘイデン 2011年8月7日 (2011-08-07) 5.54[11]

製作[編集]

スタッフ[編集]

ロダットとスピルバーグはプロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサーを務める。グレアム・ヨスト、ジャスティン・ファルヴェイ、ダリル・フランクもまたエグゼクティブ・プロデューサーである。ヨストは以前にHBOのミニシリーズ『ザ・パシフィック』でもスピルバーグと働いていた。マーク・ヴァーヘイデン英語版は共同エグゼクティブ・プロデューサーとショーランナーを務める。ヴァーヘイデンは『GALACTICA/ギャラクティカ』でプロデューサーと脚本家を務めていた。グレッグ・ビーマン英語版もまた共同エグゼクティブ・プロデューサーを務める。以前に『LOST』で働いていたメリンダ・スー・テイラーはスーパーバイジング・プロデューサーを務める。ジョン・ライアンはセット・プロデューサーである。

撮影[編集]

パイロット版は2009年にオンタリオ州オシャワで撮影され、第1シーズンの残りのエピソードは翌年の7月から11月に[12]ハミルトン[13]トロントで撮られた[14][15]

公開[編集]

プロモーション[編集]

番組の公式ウェブサイトでは放送開始前よりウェブコミックが公開されていた。コミックは隔週で公開され、エイリアンの侵略から数週間後のキャラクターの動向が描かれた。2011年6月5日にダークホースコミックスに104ページの書籍版が発売された[16]。またキャラクター・ビデオもオンラインで入手可能である[17]。ビデオは『フォーリング スカイズ』の主要キャラクターが掘り下げられる。2011年6月14日、プロモーション・キャンペーンの一環として、TNTのロゴと『Falling Skies Technical』が入った車がソーシャルゲーム『Mafia Wars』の景品として公開された[18]

放送[編集]

アメリカ合衆国では2011年6月19日よりケーブルテレビチャンネルのTNTで初回が放送された。2011年夏より世界75ヵ国で放送が始まった[19]

Blu-ray及びDVD[編集]

第1シーズンのDVD及びBlu-rayは北アメリカで2012年6月5日[1]イギリスで2012年7月2日[2]オーストラリアで2012年8月28日に発売された[3]。収録内容は第1シーズンの全話の他に、パイロット・エピソードの拡張版とオーディオコメンタリー、第2シーズンのプレビュー、2011年のコミコン・インターナショナルのパネル、削除されたシーン、キャラクタープロフィール、国際プロモーション映像、メイキングが含まれた。またBlu-rayにのみトレーディングカードが封入された[20]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

ハリウッド・リポーター』のティム・グッドマンは「『フォーリング スカイズ』のエンターテインメント的な価値とサスペンスはちょうど良いペースだ。あなたは、我々が最終的にそれらの答えを得るだろうという感覚を得る。またそして、すぐに次のエピソードを食い入るだろう」と評した[21]。『シカゴ・サンタイムズ』のトーマス・コナーは「信頼できる家族ドラマだが、エイリアンと一緒だ」と評した。彼は続けて「これは『ジェリコ』・ミーツ・『V[要曖昧さ回避]』であり、両方の良い部分を併せ持って、悪い部分が無くなっている」と述べた[22]

視聴率[編集]

第1シーズンの2時間の初回は590万人の視聴者を獲得し、同年開始のケーブルテレビのシリーズとしては最高であった。18-49歳の視聴者は260万人、25-54歳では320万人であった[23][4]第8話英語版は431万人が視聴し、18-49歳層でレイティングは1.5であり、ターゲット・デモでTNTで最高値のシリーズであった[10][24]。シーズン最終回は初回以来最高となる560万人の視聴者を獲得し、18-49歳層では250万人であった[25]。第1シーズンは同年開始したケーブルテレビのシリーズにおける18-49歳の視聴者数ではFXのドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』と同等であった[26]。イギリスでは非地上波チャンネルのFX英語版で初回が放送され、40万2000人の視聴者を獲得した[27]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Lambert, David (2012年2月27日). “Falling Skies - Press Release Announcing Date, Details, Box for Spielberg's Show with Noah Wyle”. TV Shows on DVD. 2012年2月27日閲覧。
  2. ^ a b Falling Skies - Season 1 [DVD]”. Amazon.co.uk. 2012年4月24日閲覧。
  3. ^ a b c Falling Skies: Season 1”. Ezy DVD. 2012年3月27日閲覧。
  4. ^ a b c Seidman, Robert (2011年6月21日). “Sunday Cable Ratings: 'Falling Skies,' 'Game of Thrones', 'The Killing,' 'In Plain Sight,' 'Law & Order: CI,' 'The Glades' and Much More”. TV by the Numbers. 2011年6月21日閲覧。
  5. ^ Seidman, Robert (2011年6月28日). “Sunday Cable Ratings: More 'True Blood' & 'Falling Skies,' + 'Kardashians,' 'Law & Order: CI,' 'The Glades' and Much More”. TV by the Numbers. 2011年6月29日閲覧。
  6. ^ Seidman, Robert (2011年7月6日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood' Falls Far & 'Falling Skies' Doesn't Fall Much + 'Leverage'”. TV by the Numbers. 2011年7月6日閲覧。
  7. ^ Seidman, Robert (2011年7月12日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood' Bounces Back, 'Falling Skies' Steady + Women's World Cup, 'In Plain Sight,' 'The Glades' & More”. TV by the Numbers. 2011年7月13日閲覧。
  8. ^ Seidman, Robert (2011年7月19日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood' Slips , 'Falling Skies' Steady + 'Breaking Bad,' 'Leverage,' 'In Plain Sight,' 'The Glades' & More”. TV by the Numbers. 2011年7月19日閲覧。
  9. ^ Seidman, Robert (2011年7月26日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood' Rises, 'Falling Skies' Steady + Kardashians, 'Entourage,' 'Breaking Bad,' 'Leverage,' 'The Glades' & Much More”. TV by the Numbers. 2011年7月26日閲覧。
  10. ^ a b Seidman, Robert (2011年8月2日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood,' Shark Week , 'Falling Skies,' 'In Plain Sight,' 'Breaking Bad,' 'Leverage,' & Much More”. TV by the Numbers. 2011年8月2日閲覧。
  11. ^ a b Seidman, Robert (2011年8月9日). “Sunday Cable Ratings: 'True Blood,' Kardashians, 'Falling Skies,' 'In Plain Sight,' 'Breaking Bad,' & Much More”. TV by the Numbers. 2011年8月9日閲覧。
  12. ^ Wagner, Curt (2011年5月27日). “Noah Wyle bringing 'Falling Skies' to Chicago”. 2011年5月27日閲覧。
  13. ^ Yeo, Debra (2011年7月11日). “Spielberg series shot on Hamilton debuts Wednesday”. The Hamilton Spectator. 2012年2月29日閲覧。
  14. ^ Lowry, Brian (2011年6月16日). “Falling Skies”. Variety. 2011年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月18日閲覧。
  15. ^ Amatangelo, Amy (2011年6月19日). “Noah’s arc”. Boston Herald. http://www.bostonherald.com/entertainment/television/general/view.bg?articleid=1346401&srvc=rss 
  16. ^ Falling Skies TPB”. Dark Horse Comics. 2013年9月10日閲覧。
  17. ^ Falling Skies – Official website”. Turner Broadcasting System. 2011年6月8日閲覧。
  18. ^ Patterson, Jennifer (2011年6月13日). “Falling Skies Promo: New Free Gift”. 2012年3月18日閲覧。
  19. ^ “TNT and Turner Broadcasting System International, Inc. Announce Worldwide Launch of Epic Alien Invasion Series FALLING SKIES, Debuting in More Than 75 Countries” (プレスリリース), Turner Broadcasting System, (2011年6月9日), http://news.turner.com/article_display.cfm?article_id=5719 2011年6月9日閲覧。 
  20. ^ Shaffer, R.L. (2012年2月27日). “Falling Skies Lands on Blu-ray”. IGN. 2012年4月16日閲覧。
  21. ^ Goodman, Tim (2011年6月11日). “Falling Skies: TV Review”. The Hollywood Reporter. 2011年6月16日閲覧。
  22. ^ Conner, Thomas (2011年6月14日). “'Falling Skies' a trustworthy family drama but with aliens”. Chicago Sun-Times. 2011年6月16日閲覧。
  23. ^ Seidman, Robert (2011年6月20日). “TNT's 'Falling Skies' Premieres to 5.9 Million Viewers, Cable's #1 Series Launch of the Year”. TV by the Numbers. 2011年6月20日閲覧。
  24. ^ Seidman, Robert (2011年8月2日). “'Falling Skies' Rises, Is TNT's Highest-Rated Show in Target Demos”. TV by the Numbers. 2011年2月4日閲覧。
  25. ^ Seidman, Robert (2011年8月8日). “'Falling Skies' Averages 5.6 Million Viewers in Season Finale; Most Since Premiere”. TV by the Numbers. 2011年8月8日閲覧。
  26. ^ VanDerWerff, Todd. “American Horror Story to completely ditch season one characters, story, do something new in season two”. The A.V. Club. 2011年12月22日閲覧。
  27. ^ July 6, 2011. “'Falling Skies' launches with 420k on FX”. Digital Spy. 2011年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]