フォーラムシネマネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社フォーラム運営委員会
フォーラム山形
フォーラムシネマネットワーク本部(フォーラム山形)
種類 株式会社
略称 フォーラム
本社所在地 日本の旗 日本
990-0039
山形県山形市香澄町2丁目8番1号
設立 1984年1月
業種 サービス業
事業内容 映画館の経営・運営
代表者 長沢裕二(代表取締役)
資本金 4000万円
主要子会社 株式会社フォーラムマルチプレックスシアターズ
株式会社八戸フォーラム
外部リンク http://www.forum-movie.net/
テンプレートを表示

フォーラムシネマネットワーク(FORUM CINEMA NETWORK)は、山形県山形市に本部を置く日本映画興行会社である株式会社フォーラム運営委員会グループが運営する、映画館ネットワークである。

概要[編集]

運営するすべての地区において、市民の出資を集めて開館する珍しい形の設立形態である[1]

かつては「○○フォーラム」と地域名が最初に来ていたが2009年に現在の名称に変更された。

歴史[編集]

  • 1979年4月 「山形県映画センター」設立。
  • 1979年12月 映画サークル「山形えいあいれん」設立。
  • 1984年1月 株式会社フォーラム運営委員会 設立(資本金1,000万円)。
  • 1984年7月 フォーラム山形1・2 開館。
  • 1987年7月 フォーラム福島1・2 開館。
  • 1989年4月 山形ヌーベルF 1・2 開館。
  • 1992年10月 フォーラム福島3・4 開館。
  • 1993年5月 福島東宝スカラ座 開館。
  • 1993年8月 フォーラム盛岡 開館。
  • 1994年6月 フォーラム盛岡2 開館。
  • 1995年5月 フォーラム盛岡3 開館。
  • 1997年4月 福島東宝スカラ座 閉館。
  • 1997年4月 フォーラム福島5・6 開館。
  • 1999年12月 フォーラム仙台(3スクリーン)開館。
  • 2000年8月 株式会社フォーラムマルチプレックスシアターズ(資本金5,000万円)設立。
  • 2000年12月 マルチプレックスシアター、ソラリス(6スクリーン)開館。
  • 2001年3月 山形ヌーベルF 1・2 閉館。
  • 2003年5月 株式会社八戸フォーラム(資本金8,000万円)設立。
  • 2003年9月 フォーラム八戸(9スクリーン)開館。
  • 2004年6月 チネ・ラヴィータ(2スクリーン、仙台)開館。
  • 2005年4月 フォーラム山形(大手町)閉館。
  • 2005年4月 フォーラム山形(5スクリーン)移転、開館。
  • 2006年12月 フォーラム盛岡1~3 閉館。
  • 2006年12月 フォーラム盛岡(7スクリーン)移転、開館。
  • 2008年6月 株式会社フォーラム運営委員会 増資(資本金4,000万円)
  • 2009年8月 アートフォーラム(2スクリーン、盛岡)開館。
  • 2009年8月 チネ・ラヴィータ(3スクリーン、仙台)移転。
  • 2009年12月 フォーラム那須塩原(9スクリーン)開館。
  • 2010年11月 フォーラム東根(8スクリーン)開館[2]
  • 2017年1月 企業グループ名を「フォーラムネットワーク」から、「フォーラムシネマネットワーク」に改称。

劇場[編集]

  • フォーラム八戸(青森県八戸市・チーノはちのへ5階) <9スクリーン、777席>
  • フォーラム盛岡(岩手県盛岡市・MOSS5階) <7スクリーン、954席>
  • アートフォーラム(岩手県盛岡市・ニッカツゴールデン ビル5階) <2スクリーン、119席>
  • フォーラム仙台(宮城県仙台市)<3スクリーン、190席>
  • チネ・ラヴィータ(宮城県仙台市・BiVi仙台駅東口2階)<3スクリーン、208席>
  • フォーラム山形(山形県山形市) <5スクリーン、565席>
  • ソラリス(山形県山形市・霞城セントラル地下2階) <6スクリーン、682席>
  • フォーラム東根(山形県東根市) <8スクリーン、1031席>
  • フォーラム福島(福島県福島市)<6スクリーン、673席>
  • フォーラム那須塩原(栃木県那須塩原市・ビバモール那須塩原)<9スクリーン、1410席>
    • 2016年12月9日、4DX導入。

脚注[編集]

  1. ^ シネマに魅せられて 奥深さ味わえる環境を」 『読売新聞山形版』
  2. ^ 47NEWS フォーラム、東根にシネコン建設 11月開館を予定、広域的集客見込む」 『山形新聞』2010年5月24日

外部リンク[編集]