フォード・マスタングコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォード・マスタングコブラとは、1993年にフォードがデビューさせたマスタングの高性能版である。


概要[編集]

1993年の登場以来、翌年のフルモデルチェンジ後も変更を繰り返しながら継続して生産され、FOX4プラットフォーム最後の年となる2004年まで存在していた。コブラはキャロル・シェルビー率いるシェルビーアメリカンが使用していた名称だが、第3世代、第4世代のマスタングコブラの開発にシェルビーはタッチしていない。フォードのSVT(Special Vehicle Team)によって生み出された経緯から、本国ではフォードマスタングSVTコブラと呼ばれている。日本への正規輸入は1996年モデルから開始され、1999年モデルまで継続された。


歴史[編集]

1993年[編集]

FOXプラットフォームで1979年にデビューしたマスタング第3世代最終となる1993年モデルでラインナップに加わる。コブラには、高出力版のV8・5.0l(302キュービックインチ)OHVエンジンや、専用セッティングの足回り、エアロパーツなどが装備され、性能、外観ともに標準仕様のマスタングとは区別されていた。

1993年型生産台数[編集]

  • コブラ 4993台
  • コブラR 107台
  • 合計 5100台

1994年~1995年[編集]

インディペースカー

1994年、マスタングがフルモデルチェンジ。プラットフォームは旧型の改良版となるFOX4へと進化。エンジンは240psのV8・5.0l(302キュービックインチ)OHVエンジン、5速マニュアル(T5)、足回り、フロントバンパー、アルミホイールなどが専用装備として与えられる。なお、1995年にはコブラのさらなる上級版コブラRが、250台の台数限定で発売。エンジンは300psのV8・5.8L(351キュービックインチ)OHVが搭載された。

1994年型生産台数[編集]

  • クーペ 5009台
  • コンバーチブル 1000台
  • 合計 6009台

1995年型生産台数[編集]

  • クーペ 4005台
  • コンバーチブル 1003台
  • コブラR 250台
  • 合計 5258台

1996年~1998年[編集]

1996年、エンジンが伝統のOHVからDOHCへと変更になる。このエンジンはブロック、ヘッドが共にアルミ製となり、ブロックはイタリア製、カムシャフトはドイツ製という大変凝った物である。排気量は4.6L(281キュービックインチ)へとダウンするが、高効率化の恩恵で出力は一気に309馬力(本国では305psと表記)へとアップ。可変バルブを採用した新V8エンジンは、3300回転からの加速が強烈。ミッションは同じ5速マニュアルながら、ボルグワーナーT45へと進化している。外装ではリアバンパー、ボンネットもコブラ専用品に変更された。

1996年型生産台数[編集]

  • クーペ 7493台
  • コンバーチブル 2510台
  • 合計 10003台

1997年型生産台数[編集]

  • クーペ 6961台
  • コンバーチブル 3088台
  • 合計 10049台

1998年型生産台数[編集]

  • クーペ 5174台
  • コンバーチブル 3480台
  • 合計 8654台

1999年~2001年[編集]

Mustang Cobra SVT 1999-2004.JPG

マスタングのマイナーチェンジにより、コブラもボディパネルを一新する大幅な刷新が行われる。通常のマスタングとの外観上の違いは、フロントバンパー、リアバンパー、ボンネット、アルミホイールなど。エンジンは前年と同じ排気量のまま、320psへとパワーアップ。ミッションは1999年は前年に引き続きボルグワーナーのT45だったが、2001年にはトレメックの3650へと置き換えられた。また2000年には再びコブラRが復活し、エンジンは5.4L(330キュービックインチ)385psへと大幅に引き上げられている。

1999年型生産台数[編集]

  • クーペ 4113台
  • コンバーチブル 4055台
  • 合計 8168台

2000年型生産台数[編集]

  • コブラR 300台

2001年型生産台数[編集]

  • クーペ 3867台
  • コンバーチブル 3384台
  • 合計 7251台

2003年~2004年[編集]

2003~04年型

エンジンは4.6L(281キュービックインチ)にスーパーチャージャーを装備し、出力は390psまで到達。ミッションはトレメックのT56(6速マニュアルミッション)。コブラが過給器を装着したことにより、それまでのコブラが担っていた自然吸気のハイパフォーマンスバージョンの位置にMustang Mach1が設定された。

2003年型生産台数[編集]

  • クーペ 8394台
  • コンバーチブル 5082台
  • 合計 13476台

2004年型生産台数[編集]

  • クーペ 3768台
  • コンバーチブル 1896台
  • 合計 5664台

2007年[編集]

2005年にフルモデルチェンジされたマスタングをベースに、シェルビーGT500が登場。車名にコブラの名称は消えたが、ボディ各部にはコブラエンブレムが鎮座している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]