フォース・タイム・アラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォース・タイム・アラウンド
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム ブロンド・オン・ブロンド
リリース 1966年5月16日
録音 ナッシュビル、コロムビア・スタジオ(1966年2月14日)
ジャンル フォークロック
時間 4分35秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞者 ボブ・ディラン
作曲者 ボブ・ディラン
プロデュース ボブ・ジョンストン
ブロンド・オン・ブロンド 収録曲
Side 1
  1. 雨の日の女
  2. プレッジング・マイ・タイム
  3. ジョアンナのヴィジョン
  4. スーナー・オア・レイター
Side 2
  1. アイ・ウォント・ユー
  2. メンフィス・ブルース・アゲイン
  3. ヒョウ皮のふちなし帽
  4. 女の如く
Side 3
  1. 我が道を行く
  2. 時にはアキレスのように
  3. アブソリュートリー・スイート・マリー
  4. フォース・タイム・アラウンド
  5. 5人の信者達
Side 4
  1. ローランドの悲しい目の乙女

フォース・タイム・アラウンド」(4th Time Around)は、ボブ・ディラン1966年に発表した楽曲。

概要[編集]

1966年2月14日ナッシュビルのコロムビア・スタジオで録音された[1]1966年5月16日発売の7作目のアルバム『ブロンド・オン・ブロンド』に収録。

前年12月に発表されたビートルズの「ノルウェーの森」との類似性がよく指摘されている[2]。メロディと詞が似通っているほか、両曲とも3拍子で構成されているためである。

歌詞の最後の一節「僕は決して君の支えを求めはしなかった/だから僕に対しても支えを求めるな」(I never asked for your crutch / Now don’t ask for mine)は、当時のジョン・レノンのディランに対するパラノイア的傾向を念頭に置いて書かれたのではないかと言われている。米国の評論書はこの部分に関し、「レノンは自分への警告と解釈した」と記述している[3]

1966年5月17日のライブ・バージョンが『ロイヤル・アルバート・ホール:ブートレッグ・シリーズ第4集』(1998年)に収録された。

カバー・バージョン[編集]

  • テリー・メルチャー - 1974年のアルバム『Terry Melcher』に収録[4]
  • ザ・スポーツ - 1981年のアルバム『The Sports Play Dylan & Donovan』に収録。
  • スティーヴ・ギブソン - 1998年のアルバム『The Dylan Project』に収録。
  • マイケル・ムーア - 2000年のアルバム『Jewels and Binoculars』に収録。
  • ロビン・ヒッチコック - 2002年のアルバム『Robyn Sings』に収録。
  • ヨ・ラ・テンゴ & バックウィート・ザディコ - 2007年のサウンドトラック・アルバム『I'm Not There: Original Soundtrack』に収録。
  • ライリー・ウォーカー - 2016年のコンピレーション・アルバム『Blonde on Blonde Revisited』に収録。

脚注[編集]