フォーガットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォーガットン
The Forgotten
監督 ジョセフ・ルーベン
脚本 ジェラルド・ディペゴ
製作 ダン・ジンクス
ジョー・ロス
ブルース・コーエン
製作総指揮 スティーヴ・ニコライデス
トッド・ガーナー
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 アナスタス・N・ミコス
編集 リチャード・フランシス=ブルース
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年9月24日
日本の旗 2005年6月4日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $42,000,000[1]
興行収入 $67,133,509[1] アメリカ合衆国の旗
$117,592,831[1] 世界の旗
テンプレートを表示

フォーガットン』(原題:The Forgotten)は、2004年に公開されたアメリカ映画

公開当時、「『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラー」と宣伝された。

ストーリー[編集]

テリーは息子のサムを航空事故で亡くし、心が癒えず精神科に通う。ある日、写真から何故かサムの姿のみが消えていた。更に、その翌日、思い出の他の写真やビデオテープさえも消えていた。つまり、サムに関する情報が消え去っていたのだ。

テリーは、夫に問いかけると、二人の間には息子など存在しないと言われる。友人に聞いても夫と答えは同じだった。同じ航空事故で娘のローレンを亡くしたアッシュに会うが、アッシュもまた自分にローレンと言う娘などいないと言われる。しかしテリーはアッシュの書斎で、アッシュの娘が書いた落書きを発見する。アッシュはそれを見て、娘のことを思い出す。

その後、アッシュと共に航空事故のことや、何故自分の子供のことを忘れてしまったのか調べ始める。すると、結末は意外なものだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テリー・パレッタ ジュリアン・ムーア 日野由利加
アッシュ・コレル ドミニク・ウェスト 寺杣昌紀
ジャック・マンス医師 ゲイリー・シニーズ 大塚芳忠
ジム・パレッタ アンソニー・エドワーズ 井上倫宏
アンナ・ポープ刑事 アルフレ・ウッダード 小宮和枝
ブレッシャー フェリックス・ソリス 斉藤次郎
親切な男 ライナス・ローチ 咲野俊介
サム・パレッタ クリストファー・コバレスキー 秋葉好美
サム・パレッタ(5歳) マシュー・プレシェヴィチ セリフなし
ローレン・コレル キャスリン・フォーナン 新井里美
カール・デイトン ロバート・ウィズダム 水野龍司
アール・ペタリス リー・ターゲセン 土方優人

キャッチコピー[編集]

  • 消えていく……愛するものが、信じていたことが…
  • あなたの大切な人生が、ひとつ残らず消えていったら…

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Forgotten (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]