フォンタンカ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フォンタンカ川(フォンタンカがわ、ロシア語: река Фонтанка英語: Fontanka River)はロシアサンクトペテルブルクを流れるフォンタンカ運河とも呼ばれる。主要河川であるネヴァ川左岸の夏の庭園から発し、市の中心部を流れて、ネヴァ川が大・小ネヴァ川に分かれた後の大ネヴァ川のすぐ南で、共にフィンランド湾へ流れ込む。フォンタン(ロシア語: фонтан)は噴水の意味で、この川の水が夏の庭園の噴水に使われたことに由来するという [1]

全長は6.7km、川幅は最大で70mに達する。夏の庭園を過ぎたところの右岸からモイカ川が分流する。全部で15の橋が架けられていて、目抜き通りのネフスキー大通りがその上を通るアニーチコフ橋がつとに有名である。夏季には観光船が行き来する。また、ドストエフスキーなどの小説にも登場する [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『地球の歩き方、ロシア 2008~09』(ダイヤモンド・ビッグ社、2009年)所収の地図など
  2. ^ アニーチコフ橋とフォンタンカ川の観光船