フォビドゥン澁川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フォビドゥン 澁川(フォビドゥン しぶかわ)は、日本漫画家北海道出身、在住[1]

略歴[編集]

作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • アンウェルカム (集英社『ミラクルジャンプ』、No.4)※パープル式部読切集 花の巻収録
  • こんかつ (集英社『ミラクルジャンプ』、No.6)
  • たよりGUY (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2012年27号)※パープル式部読切集 花の巻収録
  • パープル式部 (集英社『ミラクルジャンプ』、No.8 『週刊ヤングジャンプ』、2012年42号、他多数)
  • グレイテスト・ヒッツ・コンボイ (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2015年32号)
  • 干物妹!うまるちゃん大好きおじさん (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2015年35号)
  • メタルソルジャー3D (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2015年38号)
  • 現代健康浪漫譚 柳生健康帳 (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2015年42号)
  • おなかゆるゆる探偵 (集英社『ミラクルジャンプ』、2016年3月号)※てらほくん収録
  • てらほくんvsアイアムアヒーロー (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2016年20号)※てらほくん収録
  • アリスvs不思議の国 (集英社『週刊ヤングジャンプ』、2016年49号)

人物[編集]

  • 2011年7月よりTwitterを開始しているが、更新頻度は低く、次の投稿まで数ヶ月間空けることも多い。
  • 『パープル式部』の連載当初、友人からは『源君物語[4]の作者であると勘違いされていた[5]。その後『週刊ヤングジャンプ』2015年2号において、両作品のコラボ企画が実現した[6]
  • アクション映画ダイ・ハード』のファンである[7]
  • 声優の宮本真伍とは、『バーチャル式部』にて本人を登場させたことを契機にTwitter上で交流を持っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パープル式部”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ 扉絵や次号予告などで「代原連載」などと、自らネタにすることもあった。
  3. ^ 公式の扱いとしては「第0巻」となっている。
  4. ^ 稲葉みのりによる同誌連載のラブコメディ作品。互いに紫式部の世界観をモチーフにしているという共通点がある。
  5. ^ Twitter / MeganeMonster: 連載ともなると友人の反響もすごかったです。 ...”. Twitter (2014年6月12日). 2014年9月23日閲覧。
  6. ^ Twitter / young_jump: 両作者無駄にノリノリの禁断コラボ! ...”. Twitter (2014年12月11日). 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ 週刊ヤングジャンプ、2013年12号の巻末コメントより。

外部リンク[編集]