フェーンチャン ぼくの恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェーンチャン ぼくの恋人
แฟนฉัน
監督 365フィルム
脚本 アマラポーン・ペンディントーン
出演者 チャーリー・タライラット
フォーカス・ジーラグン
チャルームポン・ティカマポーンティラウォン
チャイン・チットソムブーン
音楽 アマラポーン・メータクナウット
撮影 ソンヨット・スックマークアナン
編集 ニティワット・タラートン
公開 タイ王国の旗 2003年10月3日
上映時間 100分
製作国 タイ王国の旗 タイ
言語 タイ語
興行収入 157百万タイバーツ
テンプレートを表示

フェーンチャン ぼくの恋人』(原題:แฟนฉัน)は、小学生の初恋の思い出を描いたタイ映画。監督は365フィルムグループ、2003年10月3日にタイで公開され、2003年のタイの興行収入第1位を記録した。総興行収入は157百万タイバーツ。[1]

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

バンコクで働いているジアップは、幼なじみの恋人だったノイナーの結婚式に出席するために、実家に帰ってきた。かつての雰囲気の中に浸ったジアップは、過去の出来事を思い出し始める。

製作[編集]

この映画『フェーンチャン ぼくの恋人』の監督は365フィルムの6人であり、このグループはチュラーロンコーン大学コミュニケーション・アート学部映画・写真学科29期生の映画好き仲間が集まったものである。参加している監督は、コムグリット・ドゥリーウィモン、ウィッタヤー・トーンユーヨン、ニティワット・タラートン、ソンヨット・スックマークアナン、アディソーン・ドゥリーシリカセーム、ウイッチャー・ゴージウの6人、そして製作としてジラ・マリグン、ヨンユット・トーンゴーントゥン、プラサルー・ウィワッタナーノンポンの3人。

この映画の脚本は、ウィッタヤー・トーンユーヨンがウェブ上に書いた短編「初恋だと君に伝えたい」(原題:อยากบอกเธอรักครั้งแรก)を元に、監督6人全員が協力して書き、後輩の児童雑誌記者アマラポーン・ペンディントーンも執筆に協力した。[2]

映画の題名は、チャートリーというバンドの曲名「フェーンチャン」から来ている。映画の撮影は主にペッチャブリー県で行われた。

受賞[編集]

  • 2003年タイ・スパンナホン賞 監督賞/助演男優賞[3]
  • 2003年バンコク映画批評家協会賞 助演男優賞[4]
  • 2003年スター・エンタテインメント・アワード 作品賞/監督賞/助演男優賞/脚本賞/撮影賞/編集賞/録音賞[5]

備考[編集]

  • ノイナーの父親役の理容師として登場するプリーチャ・チャナパイ(タイの国民的フォークロックバンド、カラバオのレック・カラバオとしても有名)は、365フィルムのひとり、コムグリット・ドゥリーウィモン監督映画『プアンサニット』にも同じ理髪師役で再登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] サイアムゾーン(タイ語)
  2. ^ [2] pantip.com(タイ語)
  3. ^ 2003年タイ・スパンナホン賞 タイ映画協会連盟ウェブサイト(タイ語)
  4. ^ 2003年バンコク映画批評家協会賞受賞一覧 siamzone.com(タイ語)
  5. ^ 2003年スター・エンタテインメント・アワード受賞一覧 siamzone.com(タイ語)

外部リンク[編集]