フェルナンデス・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングの55号車、松浦孝亮がドライブ

フェルナンデス・レーシング (Fernández Racing) は、アメリカン・ル・マン・シリーズに参戦するメキシコのレーシングチーム。以前はチャンプカー・シリーズインディカー・シリーズロレックス・スポーツカー・シリーズに参戦していた。チームは2001年にエイドリアン・フェルナンデストム・アンダーソンによって共同設立された。

オープン・ホイール[編集]

チームはチャンプカー・シリーズにフェルナンデスと中野信治を起用して参戦した。2003年は中野と契約を結ばず、フェルナンデスのみの1カー態勢に縮小して参戦したが、ポートランドで初勝利を記録した。一方IRLへは鈴木亜久里と手を組み、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング (Super Aguri Fernandez Racing) としてロジャー安川を参戦させた。翌2004年シーズンは開幕直前に参戦予定を変更、フェルナンデス自身もIRLへの参戦を決定する。フェルナンデスはケンタッキー、シカゴ、カリフォルニアと3勝を挙げた。

2005年はモー・ナン・レーシングと手を組み、フェルナンデス自身はインディ500のみの参戦であった。スーパーアグリチームでは松浦孝亮を起用し、またデルファイ・フェルナンデス・レーシング (Delphi Fernandez Racing) としてスコット・シャープを起用した。チームはまたロウズのスポンサードを受けロレックス・スポーツカー・シリーズに参戦、フェルナンデスとマリオ・ハーバーフェルドデイトナ・プロトタイプを走らせた。

アメリカン・ル・マン・シリーズ[編集]

2007年シーズンはインディカーおよびグランダム・シリーズから撤退し、パートナーであった鈴木亜久里との契約を解消、鈴木はパンサー・レーシングと提携しスーパーアグリ・パンサー・レーシング (Super Aguri Panther Racing) としてインディカーへの参戦を継続した。フェルナンデス・レーシングはアキュラの新たなLMP2プロジェクトに加わり、3つのファクトリーチームの内の1つとしてアメリカン・ル・マン・シリーズに参戦した。チームは第1のエンジン開発チームとして選ばれることとなった。


所属ドライバー[編集]

CART[編集]

IRLインディカー・シリーズ[編集]

Grand-Am/ALMS[編集]

外部リンク[編集]