フェルディナンド・ダヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルディナンド・ダヴィッドFerdinand David, ドイツ語発音: [ˈfɛʁdinant ˈdaːvɪt], 1810年1月20日 ハンブルク - 1873年7月19日 クロスターズ)はドイツ系ユダヤ人ヴァイオリニスト作曲家。その超絶技巧から、フェリックス・メンデルスゾーンが自作の《ヴァイオリン協奏曲ホ短調》の初演を委ねたことで歴史に名を残した。

Ferdinand david.jpg

1823年から1824年まで、ルイ・シュポーアモーリッツ・ハウプトマンに師事し、1826年ベルリン王立劇場ヴァイオリン奏者に就任。1829年にはドルパト弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンを担当し、リガサンクトペテルブルクモスクワで演奏旅行を行う。1835年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団コンサートマスターに就任し、1843年にはライプツィヒ音楽院のヴァイオリン科教授に就任した。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を初演しただけでなく、公演準備の間、作曲者との緊密な協力関係を築き、技巧面で助言をした。

ダヴィッド自身の作品は、およそ40点ある。2つの交響曲のほか、5つのヴァイオリン協奏曲歌劇《ハンスは見張る(Hans Wacht)》(1852年)、3つのヴァイオリンヴィオラ、2つのチェロのための《弦楽六重奏曲》、そして多数のリートである。また、トロンボーンのためのコンチェルティーノファゴット協奏曲も遺した。また、フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニピエトロ・ロカテッリヨハン・ゴットリープ・ゴルトベルクらの作品の校訂者も務めた。ほかにも、楽譜出版社ペータースのために、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲全曲を校訂している。1843年には、バッハの《無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ》の校訂も務めている。

ダヴィッドはいくつかの偽作も遺しており、彼が出版したトマソ・アントニオ・ヴィターリ作《ト短調のシャコンヌ》もそうでないかと疑われている。

外部リンク[編集]