フェルディナント・フォン・ヴァルトシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルディナント・フォン・ヴァルトシュタイン
Ferdinand von Waldstein
Count von Waldstein.jpg
生誕 1762年3月24日
 オーストリア ウィーン
死没 (1823-05-26) 1823年5月26日(61歳没)
 オーストリア ウィーン
ヴァルトシュタインがベートーヴェンのサイン帳に記したメッセージ。

フェルディナント・エルンスト・ヨーゼフ・ガブリエル・フォン・ヴァルトシュタイン・ウント・ヴァルテンベルク伯爵(Graf Ferdinand Ernst Joseph Gabriel von Waldstein und Wartenberg、1762年3月24日 - 1823年5月26日)は、ドイツ系ボヘミアの貴族出身、芸術家のパトロンヴァルトシュタイン家の生まれで早くからベートーヴェンのパトロンだった他、ボン宮中顧問官を務め、英国陸軍中尉、ドイツ騎士団司令官などの政治的、軍事的な役職に就いた。

生涯[編集]

ヴァルトシュタインはウィーンに生まれた。1787年にドイツ騎士団に加わった彼はエリンゲンドイツ語版でノービスに、1788年6月17日に騎士団総長のマクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒによってナイトに叙せられた。

1788年はじめからボンに居を構えたヴァルトシュタインは、ケルン選帝侯の宮殿への出入りを許可された。翌年には枢密顧問官、及びボンの州議会の議員となる。2年後、ゴーデスベルクに騎士領を得て、これにより領主としてケルンの議会に議席を持つことになった。1788年から1792年にかけては各種の外交的職務に送られた。1792年にはフィルンスベルクドイツ語版Deutschordensballei Frankenで司令官となる。1794年には選帝侯のフランスへの作戦に同行した。

ボンにおいて若きベートーヴェンの才能を見出したヴァルトシュタインは、早くから彼のパトロンのひとりとなった。1792年、ベートーヴェンをハイドンに推薦したのはヴァルトシュタインであった[1]。1792年11月にウィーンへの旅立ちに際して彼がベートーヴェンに贈った言葉は広く知られている。

ベートーヴェンへ! 君は長く望んだ希望を叶えるために行くのだ。モーツァルトの天賦の才はいまだ嘆きの中にあり、申し子の死に涙している。(中略)絶え間ない鍛錬により、モーツァルトの精神をハイドンの手から受け取りなさい。

ベートーヴェンはピアノソナタ第21番ハ長調 作品53をヴァルトシュタインに献呈している[2]

ナポレオン軍を討伐するという思いにとわられたヴァルトシュタインは、軍隊を養成しようとして全財産を浪費してしまう[3]1795年6月3日にはイングランドとの間で「メルゲントハイム連隊 (Regiments Mergentheim)」を創立するという契約に調印し、1796年からはロンドンで暮らした。1797年7月23日、選帝侯は次のように書いている。「1年以上にわたり修道会も債権者もフェルディナント・フォン・ヴァルトシュタインから何ら知らせを受け取っておらず、彼には多くの金と賢明さを望みたい[4]。」ヴァルトシュタインが時折、自らの連隊とともに西インドにいたとする証拠が残されている。1807年、彼は英国軍を去る。

1809年以降、ヴァルトシュタインはウィーンまたは自らのボヘミアの所有地で暮らし、1811年に騎士団から身を引いた。1812年5月9日、イザベラ・ジェヴスカ(Isabella Rzewuska)女伯爵と結婚している。財務処理を仕損じたことで貧困に陥り、1823年にウィーンで生涯を閉じた。

出典[編集]

  1. ^ Count Waldstein (1762 - 1823) and Beethoven's Waldstein Sonata opus 53”. CLASSIC fM. 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ Mintz, 188.
  3. ^ Suchet, "Beethoven's patrons - Count Waldstein."
  4. ^ Max Braubach (Hg.): Die Stammbücher Beethovens und der Babette Koch, S. 159

参考文献[編集]