フェルディナント・フォン・バイエルン (1699-1738)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フェルディナント・マリア・インノツェンツ・ヨーゼフ・ミヒャエル・フォン・バイエルンFerdinand Maria Innozenz Joseph Michael von Bayern, 1699年8月5日 ブリュッセル - 1738年12月9日 ミュンヘン)は、ドイツバイエルン選帝侯家の公子で、神聖ローマ皇帝ハプスブルク帝国)軍の元帥。神聖ローマ皇帝兼バイエルン選帝侯カール7世の弟。

バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルと、その2番目の妻でポーランド王ヤン3世ソビエスキの娘であるテレサ・クネグンダ・ソビエスカの間の息子として生まれた。皇帝軍に仕官し、1738年に元帥となるが、その年のうちに死去した。遺骸はミュンヘンのテアティナー教会に葬られた。

フェルディナントは若い頃に恋人だったマリー・アーデルハイト・シュパウル伯爵夫人(Marie Adelheid Fortunata Gräfin Spaur, 1694年 - 1781年)との間に庶子のヨーゼフ・フェルディナント・フォン・ザーレルン伯爵(Joseph Ferdinand von Salern, 1718年 - 1805年)をもうけている。

1719年2月5日にライヒシュタット(現在のチェコリベレツ州ザークピ)において、プファルツ=ノイブルク家の公女アンナ・マリア(1693年 - 1751年)と結婚した。アンナ・マリアはプファルツ選帝侯カール3世フィリップの弟フィリップ・ヴィルヘルム・アウグストの娘であった。夫妻は3人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Johannes Erichsen, Katharina Heinemann (Hrsg.): Die Schlacht von Höchstädt. Brennpunkt Europas 1704. = The battle of Blenheim. Jan Thorbecke, Ostfildern 2004, ISBN 3-7995-0214-9.