フェリーノ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリーノメキシコの旗
フェリーノの画像
プロフィール
リングネーム フェリーノ
ベイブ・カサス
本名 ホルへ・ルイス・カサス・ルイーズ
ニックネーム 猫仮面
猛獣仮面
身長 173cm
体重 86kg
誕生日 1964年3月22日(51歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
所属 CMLL
トレーナー ペペ・カサス
ラウル・レイエス
デビュー 1982年
テンプレートを表示

フェリーノFelino)のリングネームで知られるホルへ・ルイス・カサス・ルイーズJorge Luis Casas Ruiz1964年3月22日 - )は、メキシコプロレスラーメキシコシティ出身[1]

かつては猫をモチーフにしたマスクマンであった。ニックネームは『猫仮面』『猛獣仮面』。フェリーノとは日本語で『ネコ科』の意味を持つ。

来歴[編集]

父はラ・マヒストラルを開発したペペ・カサス(引退後はAAAのレフェリー)で兄はネグロ・カサス、弟はヘビー・メタル(カネロ・カサス)、従兄弟にブラック・スター、息子にキッド・ティグレピューマ・キングというプロレス一家。現在の妻はプリンセサ・ブランカ

父やラウル・レイエスの指導を受け、1982年頃素顔のベイブ・カサスのリングネームでデビュー。当初は父や兄とタッグを組まされる事が多く伸び悩んでいた為、1987年3月11日にUWAからEMLLに移籍しフェリーノというネコを模したマスク姿で登場(実際はフェリーノと素顔を使い分けていたと思われる)。

1998年には新日本プロレスの『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア』に来日。日本のスタイルに馴染めず目立った活躍はしなかった。1999年AAAに移籍、同年暮れにEMLLに復帰、2005年10月には新日本プロレスの東京ドーム大会に再来日し兄と組んでIWGPジュニアタッグに挑戦。

2010年3月にラ・ソンブラコントラ・マッチに敗れ素顔になる。

現在CMLL所属。2012年9月には「東京ゲームショウ2012」で来日。

得意技[編集]

  • ラ・マヒストラル
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ライガーボム
  • 足4の字固め
  • トップロープからのヘッドシザース

獲得タイトル[編集]

CMLL
  • メキシコ州トリオ王座
  • オクシデンテライトヘビー級王座
  • メキシコナショナルウェルター級王座
  • CMLL世界ウェルター級王座
  • WWA世界ウェルター級王座
  • メキシコナショナルトリオ王座
  • 第5回レジェンダ・デ・プラタ
IWRG
  • IWRGインターコンチネンタルタッグ王座
  • IWRGインターコンチネンタルトリオ王座

脚注[編集]

  1. ^ Felino”. Wrestlingdata.com. 2015年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]