フェリニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリニン
識別情報
CAS登録番号 471-09-0
PubChem 164607
ChemSpider 144304 チェック
日化辞番号 J5.940D
特性
化学式 C8H17NO3S
モル質量 207.29 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェリニン (felinine) は、ネコ尿の中に見られる化合物であり、ネコのフェロモンであると推定されている3-メルカプト-3-メチルブタン-1-オール (MMB) の前駆体である[1]。フェリニンは、ボブキャットハイイロネココドコドイエネコ等、ネコ科のいくつかの種で体外に排泄される。フェリニンの合成は、肝臓中でグルタチオン (GSH) とイソペンテニル二リン酸 (IPP) の濃度が高まることで3-メルカプトブタノールグルタチオニン (3-MBG) が生成する[2]。その後腎臓で3-MBGは水和され、部分的にアセチル化される。コーキシンジペプチドフェリニルグリシン)の水和を促進し、尿中のフェリニンの濃度を高める[3]。ネコの尿には、フェリニンの他に、アセチルフェリニン、フェリニルグリシン、3-MBG等、フェリニン構造を含む一連の化合物が含まれる[4]

出典[編集]

  1. ^ W.H. Hendriks, P.J. Moughan, M.F. Tarttelin and A.D. Woolhouse (1995). “Felinine: a urinary amino acid of Felidae”. Comp. Biochem. Physiol. 112B (4): 581–588. doi:10.1016/0305-0491(95)00130-1. PMID 8590373. 
  2. ^ K.J. Rutherfurd, S.M. Rutherfurd, P.J. Moughan and W.H. Hendriks (January 2002). “Isolation and Characterization of a Felinine-containing Peptide from the Blood of the Domestic Cat (Felis catus)”. J. Biol. Chem. 277 (1): 114–119. doi:10.1074/jbc.M107728200. PMID 11698402. 
  3. ^ M. Miyazaki, T. Yamashita, Y. Suzuki, Y. Saito, S. Soeta, H. Taira, and A. Suzuki (October 2006). “A major urinary protein of the domestic cat regulates the production of felinine, a putative pheromone precursor”. Chem. Biol. 13 (10): 1071–1079. doi:10.1016/j.chembiol.2006.08.013. PMID 17052611. 
  4. ^ W.H. Hendriks, D.R.K. Harding and K.J. Rutherfurd-Markwick (2004). “Isolation and characterisation of renal metabolites of g-glutamylfelinylglycine in the urine of the domestic cat (Felis catus)”. Comp. Biochem. Phys. 139 (2): 245–251. doi:10.1016/j.cbpc.2004.07.007. PMID 15465671.