フェリックス・モンクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェリックス・ユージーン・モンクラ・ジュニア(Felix Eugene Moncla Jr.)
渾名 ジーン(Gene)
生誕 (1926-10-21) 1926年10月21日
アメリカ合衆国ルイジアナ州マンスラ(Mansura)
死没 推定 1953年11月23日(27歳)
スペリオル湖
所属組織 アメリカ合衆国
部門 合衆国陸軍
合衆国空軍
軍歴 1945年-1946年 合衆国陸軍
1950年-1953年 合衆国空軍
最終階級 中尉

中尉フェリックス・ユージーン・モンクラ・ジュニア (Felix Eugene Moncla Jr.、1926年10月21日 - 1953年11月23日)は、アメリカ合衆国空軍のパイロットで、1953年にスペリオル湖上空で空中防衛迎撃を実行中に失踪した。これは、モンクラが失踪したとき一時的に仕事でいたキンロス空軍基地(Kinross Air Force Base)にちなんで、キンロス事件(Kinross Incident)としても知られる。

空軍は、モンクラは墜落した、迎撃の対象はカナダ空軍の航空機である、と報告した。報告によれば、カナダ機のパイロットはのちに連絡が付き、そして彼は、自分は、迎撃している飛行機を見なかった、自分が迎撃の対象であると知らなかったと述べた。

しかしながら、数回にわたって、カナダ空軍は、迎撃のさらなる詳細を求める公衆のメンバーとの文通で、その日、自分たちの飛行機が事故に巻き込まれていることを否定した。[1]

伝記[編集]

モンクラは、1926年10月21日にルイジアナ州マンスラ(Mansura)に生まれた。父親のフェリックス・シニア(Felix Sr.)(1894年-1957年)は、ハイ・スクールのサイエンスの教師、校長、そして第二次世界大戦の古参兵で、母親のイヴォンヌ・ベリドン・モンクラ(Yvonne Beridon Moncla)(1900年-1961年)は、裁縫婦であった。彼は姉が2人、レオニー(Leonie)とミュリエル・アン(Muriel Ann)がいた。父親が入院してまもなく、一家はルイジアナ州モローヴィル(Moreauville)に移り、おじおよび大おばと暮らした。彼は地域のハイ・スクールに通い、卒業後、サウスウェスト・ルイジアナ・インスティテュート(Southwest Louisiana Institute)(現ルイジアナ大学ラファイエット校)の運動奨学金を受け、そこでかれはフットボールをし、理学士(Bachelor of Science)の学位を受けた。卒業後、彼は、陸軍に入隊し、第二次世界大戦の占領下の日本で兵役をつとめた。兵役の後、彼はニューオーリンズ大学に通ったが、しかし1950年、朝鮮戦争が始まると、士官パイロット訓練生(officer pilot trainee)として空軍に再入隊した。

テキサス州ダラスで数カ月、事務職で過ごしたのち、モンクラは、基礎パイロット訓練のためにテキサス州ウェーコのコノリー空軍基地(Connally Air Force Base)に遣られ、そこで彼はボビー・ジーン・コールマン(Bobbie Jean Coleman)に会い、結婚した。彼は、テキサス州ラボックで上級パイロット訓練を、フロリダ州パナマシティのティンドル空軍基地(Tyndall Air Force Base)でF-89スコーピオンのさらなる訓練を受けた。パナマ・シティーで、ボビー・ジーンは、長男を産んだ。1952年7月に、モンクラと家族はウィスコンシン州マディソンに移り、フェリックス・モンクラの失踪の5カ月前に娘が生まれた。

失踪[編集]

1953年11月23日の晩、ミシガン州スーセントマリーの航空防衛軍団(Air Defense Command)地上迎撃レーダーのオペレーターらは、スー・ロックス(Soo Locks)近くに異例な標的を確認した。キンロス空軍基地のF-89Cスコーピオン ジェット機は、レーダー反射(radar return)を調査するために緊急発進した。スコーピオンは、モンクラが操縦し、スコーピオンのレーダー・オペレーターとして少尉ロバート L. ウィルソン(Robert L. Wilson)も乗り組んだ。

ウィルソンは、スコーピオンのレーダーで対象を追跡するのに困難な時間を過ごしたので、地上レーダーのオペレーターらは、モンクラに対象の方向の指示を出した。モンクラは、結局、高度約8000フィートで対象に迫った。

地上管制は、レーダー・スクリーンで、2つの「ブリップ」("blips")としてスコーピオンと未確認物体を追跡した。レーダー・スクリーンの2つのブリップはますます近づき、ついにそれらは溶け合うようにおもわれた。モンクラが目標の下または上のいずれかを飛んだと仮定して、地上管制は、スコーピオンと対象が、数瞬後、2つの別々のブリップとして、現われるだろうと期待したが、しかしたったひとつのブリップが以前の進路のままであった。ドナルド・キーホー(Donald Keyhoe)は、2つの物体が突き当たったという恐れがあると報告した。[2]

無線でモンクラとコンタクトしようとする試みがなされたが、しかし成功しなかった。アメリカ空軍とカナダ空軍の両者の捜索救助活動はすばやく開始されたが、しかし飛行機あるいはパイロットの痕跡を見つけることはできなかった。天候条件は捜索を妨げる要素であった。

アメリカ空軍事故調査報告[編集]

ジーン・モンクラ中尉とT-33 ウィスコンシン州マディソンのトゥルーアックス・フィールドで

ジーン・モンクラ中尉とT-33 ウィスコンシン州マディソンのトゥルーアックス・フィールドで公式のアメリカ空軍事故調査報告は、F-89は、針路を外れて旅行しているC-47スカイトレインを調査するために遣られたと述べている。

F-89は、高度8000フィートで飛行中に、迎撃で期待されるとおりもう1機の航空機と溶け合った。そのIFF(敵味方識別信号)英語版[要説明]信号も、2つがレーダー・スコープで溶け合ったあとに、消えた。無線で乗組員にコンタクトしようとする努力は不成功であったけれども、もう1機のF-89のパイロットは、その飛行機が消えた約40分後にそのパイロットから短い無線交信を聞いたと信じたと事故委員会への宣誓証言で述べた。[3]

空軍の調査者らは、モンクラは、めまいを起こし、湖に墜落したかもしれないと述べた。空軍は、モンクラは、ときどきめまいを起こしていると知られていたと言った:「調査のこの後半の過程であばかれた追加的な手がかりは、モンクラは、ふつう程度以上にめまいに襲われやすかったという可能性があるかもしれないということを示した。これらの手がかりを追跡するに際して、言明がモンクラ中尉の組織の元メンバーによってなされたが、しかしじかに得た証拠ではなく、伝聞と見なされたことが発見された。パイロットのめまいは、アメリカ空軍事故調査委員会の発見物と結論のいずれにも原因あるいは考えられる原因として一覧に載せられていない。[4]

公式の事故報告は、未確認の反射が最初にレーダーでピック・アップされたとき、それはカナダ空軍「"VC-912"」であると信じられたが、しかしそれは、飛行計画から約30マイル離れているために「未確認」("UNKNOWN")と分類された。[5]この断言は、このカナダ空軍飛行のパイロット ジェラルド・フォスバーグ(Gerald Fosberg)が、ヴィジョンTV(Vision TV)の「エニグマ」("Enigma")シリーズのためにプロデュースされたデヴィッド・チャーニアック(David Cherniack)ドキュメンタリー「"The Moncla Memories"」のためにインタヴューされたときに、彼によって強調的に否定された。[6]

アメリカ空軍はまた、UFO調査者ドナルド・キーホーに代替の説明を提供した。キーホーは、その1955年の書物『The Flying Saucer Conspiracy』で、事故の夜に始まった、F-89の失踪の調査を詳述している。そのとき、彼は、「キンロスのF-89は空飛ぶ円盤に打たれたというセルフリッジ空軍基地でたっているうわさ」を彼に告げる通話を受けた。[7]引き続いての通話で、つぎのことが明らかになった、「その件における未確認なるものはカナダのDC-3であった。それは、誤って閘門(locks)を超えた」[8]「閘門」("locks")は、スペリオル湖の南東端のアメリカ~カナダ国境のスーセントマリーの閘門(locks)上空の限られた空域を指す。

1968年に見つかった部品の報告[編集]

1968年10月後半にスペリオル湖東岸で見つかった航空機の複数の部品が、行方不明のF-89のものであるということは、あり得る。[9]アメリカ空軍の或る士官は、部品は軍用ジェット機のものであることを確認したし、複数のニュース報告は、これらは1953年のキンロス基地から行方不明のF-89のものかもしれないと推測した。部品の同一性はけっして公表されなかったし、カナダ政府は、彼らには発見物の記録は無いと述べている。

2006年の「グレート・レークス・ダイヴ会社」("Great Lakes Dive Company")の捏造[編集]

2002年8月後半に、「プレストン・ミラー」("Preston Miller")なる人物からの電子メールは、UFO調査者フランシス・リッジ(Francis Ridge)に送られ、その内容はAP通信の記事の引用された抜粋であった。引用された「ニュース記事」("news story")は、一群のミシガンの潜水者は、1953年に消えたモンクラのF-89を発見したと主張した。発見したと主張される地点は、スペリオル湖底で、F-89がレーダーから姿を消した地点の近くであった。電子メールには、一群の潜水者のために近年作られていたウェブサイトへのリンクがあった。彼らは「グレート・レークス・ダイヴ会社」("Great Lakes Dive Company")となのった。フランシス・リッジは、UFO調査者や執筆者のための、人気のあるフォーラムと掲示板である、インターネット・ウェブサイト「"UFO Updates"」宛てに電子メールを送った。その結果、発見とされるもののニュースは、UFOコミュニティーとニュース・メディア・ソースを通じて広まった。幾人かのレポーターは、発見にかんするさらなる情報を入手しようと「グレート・レークス・ダイヴ会社」とコンタクトしようとした。レポーターらは、グレート・レークス・ダイヴ会社のスポークスマンと主張する人物とコンタクトして置かれた。彼は「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")と名乗り、そして彼は「発見」("discovery")について調査者らおよびジャーナリストらと議論した。「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")は、UFO調査者リンダ・モールトン・ハウ(Linda Moulton Howe)のインタヴューを、国際的にシンジケートされた、深夜のラジオ・トーク・ショー「Coast to Coast AM」で受けた。

会社のウェブサイトは、発見と主張される物の2つのイメージを提示し、イメージは2つともサイド-スキャン・ソーナーから出力されていた。ファジーな高ノイズ・イメージは、ほとんど損なわれていない航空機を描いたが、それは、機首を沈泥にうずめ、片翼をさらし、F-89「スコーピオン」の特徴である先端タンクおよび上向きに反った尾翼をはっきりと見せて、湖底に横たわっていた。多くの人が、墜落したジェット機の発見は、1953年のフェリックス・モンクラに何が起こったのかについてついに答えを提供すると感じたので、発見は最初、興奮をもたらした。しかしながら、ジャーナリストらとUFO研究家らがより深く掘り下げるにつれて、話がますます手の込んだものになるので、彼らの疑いはかきたてられた。説明されない金属性の物体はF-89の近くで見つかったことがまもなく述べられ、この発見の「ソーナー・イメージ」("sonar images")は、まもなくウェブサイトで公表された。「涙滴形の」("teardrop-shaped")物体はことによると、F-89が溶け合ったUFOであると推測された。

発見とされるものに関するいくつかの要素のために、ジャーナリストらは、発見は実は捏造であると主張する気になった。幾人かの調査者は、「グレート・レークス・ダイヴ会社」("Great Lakes Dive Company")とそのスポークスマン「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")にかんするそれ以上の情報を突き止める努力を始めた。「グレート・レークス・ダイヴ会社」("Great Lakes Dive Company")の存在の証拠を見つけようとするあらゆる努力は、その会社は存在しないという結論に至った。「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")に関する伝記的データを入手する努力もまた、何も判明しなかった。だれもが入手し得る唯一のコンタクト情報は、電子メール・アドレスと携帯電話であった。発見のわずか3週間後に、会社のウェブサイトは説明なしに突然、消えたし、「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")は電子メールと携帯電話の通話に応えるのをやめた。

ジェームス・カリオン(James Carrion)は、当時アメリカ最大のUFO文民調査組織であるMUFON(Mutual UFO Network)の国際ディレクターであったが、彼による調査で、「アダム・ヒメーナス」("Adam Jimenez")は、会社の方針でそれ以上の情報、彼らが使用した船の型、あるいは組織の存在を確立するのを助けるその他の情報を提供することを断った。[10]

カリオンの調査で、F-89ジェット機の発見に関するアダム・ヒメーナスの言明の多くは事実でないことが明らかになり、そのなかには、カナダ政府が地点の調査作業の続行の許可を差し控えたという提言もふくまれた。そのような許可は求められていなかったことが、判明した。

ブレンドン・ベーロッド(Brendon Baillod)は、五大湖の難破船狩りや海事史サークルで活躍し、五大湖海事史協会(Association for Great Lakes Maritime History)のディレクターであるが、彼は、ヒメーナスや彼のグループのことを聞いたことはない、自分が知っている、五大湖の歴史に関係するだれもが、彼のことを聞いたことがないと述べた。[11]

ベーロッドは、取られたサイドスキャン・イメージは真正であるようにおもわれるが、しかしヒメーナスの、それらは魚群探知機で、とくに水深500フィート (150 m)で、作られたという主張をしりぞけた。彼はさらに、イメージは、ヒメーナスが主張するような船体に取り付けられたトランスデューサーで作られたはずがなく、トーフィッシュ(towfish)(綱で引かれるスキャナー)を必要としたであろうと言った。[12]2009年現在、ジャーナリストらとUFO調査者らの全体的な合意は、それは捏造である、フェリックス・モンクラのF-89ジェット機は未発見のままである、というものである。

脚注[編集]

  1. ^ Hall, Richard. “RCAF letter debunking AF claim”. www.nicap.org. 2009年3月2日閲覧。
  2. ^ NUFORC Case Brief
  3. ^ Aircraft Accident Board, USAF Accident Investigation Report for F-89 51-5853A, December 1953, Sect. "Findings"
  4. ^ Aircraft Accident Board, USAF Accident Investigation Report for F-89 51-5853A, December 1953, Sect. "Testimony of Lt. William A. Mingenbach"
  5. ^ Aircraft Accident Board, USAF Accident Investigation Report for F-89 51-5853A, December 1953, Sect. "Statement by Douglas A. Stuart"
  6. ^ Cherniack, David (2006) "The Moncla Memories" documentary film for Vision TV’s "Enigma" series
  7. ^ Keyhoe, Major Donald E. (1955) The Flying Saucer Conspiracy, published by Henry Holt and Company, Pg.15.
  8. ^ Keyhoe, Major Donald E. (1955) The Flying Saucer Conspiracy, published by Henry Holt and Company, Pg.18
  9. ^ Aircraft Parts Found in 1968”. Sault Daily Star. 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月7日閲覧。
  10. ^ Carrion, James. “Update on Kinross / Great Lakes Dive Company”. 2008年6月7日閲覧。
  11. ^ Baillod, Brendon (2006年8月29日). “About Brendon Baillod's Great Lakes Shipwreck Research”. northernexpress.com. 2008年5月30日閲覧。
  12. ^ Sachs, Harley L. (2006年8月29日). “Truth or Hoax...Disappearence [sic] of F89”. northernexpress.com. 2009年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]