フェリックス・パパラルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェリックス・パパラルディ
生誕 1939年12月30日[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ブロンクス区[1]
死没 (1983-04-17) 1983年4月17日(43歳没)[1]
学歴 ミシガン大学[1]
ジャンル ハードロックブルースロック
職業 奏者、歌手作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルエレクトリックベースヴィオラピアノハモンドオルガンメロトロン
レーベル A&Mレコード
共同作業者 クリームマウンテンクリエイション

フェリックス・パパラルディ[注釈 1](Felix Pappalardi、1939年12月30日 - 1983年4月17日[1])は、アメリカ合衆国ベーシストキーボーディストボーカリスト音楽プロデューサークリームのアルバムのプロデュースや、アメリカン・ハードロックの元祖の一つとみなされているバンド、マウンテンのメンバーとしての活動で知られる[1]

来歴[編集]

ニューヨークブロンクス区で生まれ、ミシガン大学クラシック音楽を学んだ後、ニューヨークに戻ってアレンジャーやプロデューサーとして仕事を行うようになった[1]グリニッジ・ヴィレッジのフォーク・ミュージシャン達と旧交を温め1960年代前半はトム・パクストン英語版やヴィンス・マーティン&フレッド・ニールなどの作品でベースを弾き[2]ストリングス編曲を引き受け実績を重ねた。

1967年よりクリームのアルバムをプロデュースするようになり[2]、また、アルバム『カラフル・クリーム』(1967年)収録曲「ストレンジ・ブルー」をエリック・クラプトン、それに妻のゲイル・コリンズと共作した[1]。続く『クリームの素晴らしき世界』(1968年)、『グッバイ・クリーム』(1969年)ではプロデュースだけでなく様々な楽器の演奏でも貢献しており[2]、『グッバイ・クリーム』の最後に収録された「ホワット・ア・ブリングダウン」ではジャック・ブルースの代わりにベースを弾いた[3]

クリームとの仕事と並行して、パパラルディはヴァグランツというバンドの作品もプロデュースするがヒットには結びつかず[1]、ヴァグランツのギタリストだったレスリー・ウェストのソロ・デビュー作『マウンテン』にプロデュース、ソングライティング、演奏で参加した[4]。また、クリーム解散後にはジャック・ブルースのソロ・アルバム『ソングス・フォー・ア・テイラー』もプロデュースしている[2]。そして、1969年にはウェストと共にマウンテンを結成し、7月にフィルモア・ウェストでライヴ・デビューした後、ウッドストック・フェスティバルにも出演した[5]。マウンテンではベースの演奏、プロデュース、ソングライティングに加えて、一部の曲ではリード・ボーカルも担当した。

マウンテンは1972年に一度解散し[1]、その後パパラルディはベドラム(コージー・パウエルが在籍していたバンド)のアルバム『狂人どもの舞踏会』(原題:Bedlam)をプロデュースした[6]。また、1973年にはマウンテンの再結成に参加するが、ライヴ・アルバムとスタジオ・アルバムを1作ずつリリースした後に再解散した。

1975年8月、日本の5都市で開催された「第1回ワールド・ロック・フェスティヴァル」でジョー山中(元フラワー・トラベリン・バンド)と共演[7]。その後、同フェスティヴァルに対バンとして出演したクリエイションをアメリカに招き、コラボレーション・アルバムの制作に入る[7]。1976年4月5日にアルバム『クリエイション・ウィズ・フェリックス・パパラルディ』が発売され、同月には日本武道館天王寺野外音楽堂でクリエイションとの共演ライヴも行って[7]、武道館公演のライヴ録音は2007年にCD化された[8]。また、『クリエイション・ウィズ・フェリックス・パパラルディ』のアメリカ盤は『Felix Pappalardi & Creation』というタイトルでA&Mレコードから発売され[9]、6月にはクリエイションと共にアメリカ・ツアーを開始した[7]。なお、クリエイションの次作『ピュア・エレクトリック・ソウル』(1977年)に収録された「See You in the Night and Leave You at Dawn」は、パパラルディに捧げられた曲である[10]

1978年、パパラルディはコーキー・レイング(元マウンテン)、イアン・ハンターミック・ロンソンと共に新バンドを結成するが、正式なデビューには至らず[11]、このバンドにより残された録音は、1999年にペット・ロック・レコードから発売された発掘音源集『The Secret Sessions』に収録された[12]。1979年にはエリック・ゲイルリチャード・ティーチャック・レイニーバーナード・パーディ等のセッション・ミュージシャンと共に制作したソロ・アルバム『ドント・ウォリー・マ』を発表し、このアルバムにはクリームの曲「サンシャイン・ラヴ」をファンクにアレンジしたカヴァーも収録された[11]

[編集]

ウッドローン墓地にあるパパラルディの墓。

1983年4月17日、パパラルディは妻ゲイル・コリンズ[13]に射たれ43歳で死去した[1]。ゲイルはパパラルディに愛人がいたことを知っていた一方、殺意を否認して銃の練習中の事故だったと主張し、最終的には過失致死罪として懲役4年の実刑判決となった[1][14]。なお、ゲイルは刑期の半分で仮釈放となり、その後は表舞台から姿を消して、2013年12月6日にメキシコで遺体が発見された[14]

パパラルディの墓は、故郷ブロンクスのウッドローン墓地にある[15]

ディスコグラフィ[編集]

マウンテン[編集]

  • マウンテン - Mountain(1969年)
    • 厳密にはレスリー・ウェストのソロ・アルバムで、マウンテン結成前に制作された。
  • 勝利への登攀 - Climbing!(1970年)
  • ナンタケット・スレイライド - Nantucket Sleighride(1971年)
  • 悪の華 - Flower of Evil(1971年)
  • マウンテン・ライヴ 暗黒への挑戦 - Mountain Live: The Road Goes Ever On(1972年、ライヴ)
  • ベスト・オブ・マウンテン - The Best of Mountain(1973年、ベスト)
  • 異邦の薫り - Twin Peaks(1974年、ライヴ)
  • 雪崩 - Avalanche(1974年)

ソロ、コラボレーション[編集]

  • クリエイション・ウィズ・フェリックス・パパラルディ - Creation with Felix Pappalardi(1976年) - クリエイションとの連名
  • ドント・ウォリー・マ - Don't Worry Ma(1979年)
  • The Secret Sessions(1999年) - コーキー・レイング、イアン・ハンターミック・ロンソンとの連名
  • CREATION with FELIX PAPPALARDI Live at 武道館1976(2007年) - クリエイションとの連名、1976年録音のライヴ

主なプロデュース作品[編集]

アーティストの姓またはバンド名の五十音順で記載。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 姓の表記はアルバム『ドント・ウォリー・マ』日本盤CD (UICY-3356)、アルバム『クリエイション・ウィズ・フェリックス・パパラルディ』日本盤CD (CT25-5566)、ムック『聴け! 伝説の日本ロック1969-79』(宝島社、2004年)、書籍『地球音楽ライブラリー エリック・クラプトン』(TOKYO FM出版、1995年)p.172等に準拠。マウンテンの日本盤CDライナーノーツ等ではパッパラルディと表記される例も多い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Huey, Steve. “Felix Pappalardi - Biography & History”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d Felix Pappalardi | Credits | AllMusic
  3. ^ Cream (2) Goodbye (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  4. ^ Ruhlmann, William. “Mountain - Leslie West”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  5. ^ Huey, Steve. “Mountain - Biography & History”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  6. ^ Bedlam (9) - Bedlam (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  7. ^ a b c d 聴け! 伝説の日本ロック1969-79. 宝島社. (2004-02-29). pp. 91-97. ISBN 4-7966-3862-8. 
  8. ^ マウンテンのパパラルディが客演したクリエイションの武道館ライヴの未発表音源がCD化”. CDJournal. 音楽出版社 (2007年8月28日). 2016年2月13日閲覧。
  9. ^ Felix Pappalardi, Creation (6) - Felix Pappalardi & Creation (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  10. ^ 『ピュア・エレクトリック・ソウル』LP裏ジャケット及び再発CD (CT25-5573)ブックレットのクレジットに準拠。
  11. ^ a b Ruhlmann, William. “Don't Worry Ma - Felix Pappalardi”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  12. ^ Corky Laing, Ian Hunter, Mick Ronson, Felix Pappalardi - The Secret Sessions (CD, Album) at Discogs
  13. ^ フェリックス・パパラルディとゲイル・コリンズ共作で多くの詞曲を書き上げマウンテンやヤングブラッズのアルバムエレファント・マウンテン[:en]の楽曲"Rain Song (Don't Let the Rain Bring You Down)"はジェリー・コービットと共にクレジットされている。
  14. ^ a b Giles, Jeff (2014年2月25日). “Mountain Bassist Felix Pappalardi’s Ex-Wife and Killer Found Dead in Mexico”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2016年2月13日閲覧。
  15. ^ Stanton, Scott (2003-09-01). The Tombstone Tourist: Musicians. Simon and Schuster. p. 353. ISBN 9780743463300. Google Books参照