フェリックス・ゴンザレス=トレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フェリックス・ゴンザレス=トレスFelix Gonzalez-Torres, 1957年11月26日 - 1996年1月9日)は、キューバ生まれの芸術家である。1996年にエイズによって他界[1]

フェリックス・ゴンザレス=トレス
生誕 (1957-11-26) 1957年11月26日
死没 (1996-01-09) 1996年1月9日(38歳没)

略歴[編集]

    国際写真センターニューヨーク大学から芸術の修士号を授与される。

作品[編集]

山積みのキャンディーや電球・紙の束などを使ったミニマルアートインスタレーションが主な作品。彫刻作品などもある。 キャンディーや紙の束を観客に持ち帰ってもらい作品自体が消えていくことで死の過程を暗示している。作品には自身のエイズ体験から影響を受けている見方もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 筧奈菜子 2016 『めくるめく現代アート イラストで楽しむ世界の作家とキーワード』フィルムアート社、p.60。

出典[編集]

『現代アーティスト事典 クーンズ、ハースト、村上隆まで──1980年代以降のアート入門』美術手帖編集部 (2012/10/3)