フェラーリ・512

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
512S

フェラーリ・512 (Ferrari 512) はイタリアの自動車メーカーフェラーリ国際メーカー選手権に参戦するため開発したプロトタイプレーシングカー国際自動車連盟 (FIA) 車両規定のグループ5(スポーツカー)に該当する。1970年512S1971年は改良型の512Mが使用された。

なお、この512をベースにしたコンセプトカーフェラーリ・モデューロである。

概要[編集]

512S[編集]

1970年ニュルブルクリンク1000kmレースでの512S(ドライバーはニーノ・ヴァッカレラ

1968年の規定変更でグループ6スポーツプロトタイプ(3L以下、生産台数規定なし)とグループ4スポーツカー(5L以下、生産台数50台以上)が発効したため、フェラーリは3〜5Lクラスのプロトタイプ車両(Pシリーズ)を使用できなくなった。しかし、1969年にグループの最低生産台数が25台に緩和されたことを受け、ポルシェが急遽4.5Lの917を開発して実戦投入した。フェラーリもこの動きに追随して、5LV12エンジンを搭載する512Sを開発し、1970年より選手権にデビューさせた。なお、この年からグループ4がグループ5に変更されている。

マウロ・フォルギエーリの指揮下、開発はわずか3ヶ月で行われた。シャシーは北米のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ (Can-AM) 参戦用に製造した612Pをベースとし、ボディはジャコモ・カリーリ設計のベルリネッタ(クーペ)とスパイダー(オープン)、高速サーキット用のロングテールが用意された。エンジンは612Pの6.2Lから5Lへサイズダウンし、550HP/8,500rpmを発生した。

512M[編集]

1971年ニュルブルクリンク1000kmレースでの512M(ドライバーはヘルベルト・ミュラー

1971年シーズンに向けて、512Sに全面的に改良を施したのが512Mである(Mはモディファイ (Modificato) の意味)。512Sの多くも512M仕様へコンバートされた。

シャシーは構造の見直しにより軽量化され、ボディはポルシェ・917Kと同様に低いノーズからリアカウルへ気流をすくい上げるウェッジシェイプに改装された。エンジンは610HP/9000rpmにパワーアップした。

しかし、1972年より選手権対象が3L以下に変更されることが決まり、512Mの使用期間は1年間のみとなった。フェラーリは312PBの開発に注力するため、512Mをプライベーターへ放出した。アメリカのペンスキー・レーシングは独自の改良を施し、選手権に限定出場ながらワークスに匹敵する戦闘力をみせた。

スペック[編集]

フェラーリ公式サイト日本語版[1][2]より。

シャシー[編集]

  • 全長:4,060mm (512S) 、4,180mm (512M)
  • 全幅:2,000mm (512S) 、2,015mm (512M)
  • 全高:972mm (512S) 、985mm (512M)
  • ホイールベース:2,400mm
  • トレッド前:1,518mm
  • トレッド後:1,511mm
  • 乾燥重量:840kg (512S) 、815kg (512M)
  • 構造:セミモノコック(鋼管スペースフレーム+アルミパネル)
  • サスペンション(前後):独立懸架ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー
  • トランスミッション:5速MT
  • タイヤ:フロント4.25-11.50-15、リア6.00-14.50-15

エンジン[編集]

  • 構造:4,993cc 60度V型12気筒 ミッドシップ縦置き 
  • ボアストローク:87×80mm
  • 圧縮比:11.5:1
  • 最高出力:404kW (550hp) /8,500rpm (512S)、449kW (610hp) /9,000rpm (512M)
  • バルブ:DOHC4バルブ
  • 燃料供給:ルーカス製インジェクター

戦績[編集]

1970年[編集]

開幕戦デイトナ24時間で512Sがデビュー。短期間で開発製造された割にはポテンシャルを発揮したが、2年目で熟成されたポルシェ・917に対抗することはできず、セブリング12時間レースでの1勝に留まった。このレースでは俳優スティーブ・マックィーンが乗る908/02を抑えて、マリオ・アンドレッティ/イグナツィオ・ギュンティ/ニーノ・ヴァッカレラ組が優勝した。ル・マンでは11台がエントリーしたが、プライベーターの4位が最高成績だった。最終戦では512Mがデビューした。

出典[編集]

関連項目[編集]