フェラーリ・212

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェラーリ・212
212インテル
1952-ferrari.jpg
ヴィニャーレのショーカー
1952 Ferrari 212 Vignale Coupe.JPG
乗車定員 2人
エンジン 2,552cc水冷V型12気筒SOHC
駆動方式 FR
最高出力 165ps/6,500rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:半楕円リーフ
全長 3,785mm
全幅 1,575mm
全高 1,168mm
ホイールベース 2,250mm
車両重量 948kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

フェラーリ・212は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリ1951年に製作した自動車である。

概要[編集]

フェラーリ・195から進化したモデル。

エンジンは大人しいチューニングが施された2,552ccV型12気筒SOHC。

それまで代表的だったトゥリング製バルケッタは少数で、3キャブ/ショートホイールベースのエクスポルト、シングルキャブ/ロングホイールベースのインテルともにヴィニャーレやピニンファリーナなどによる組み合わせが多数だった。

1952年、インテルのシャーシにカブリオレを架装したインテル・カブリオレが製造されたが、これがピニンファリーナとの協力で産まれた初めてのモデルであり、以後深い関係が築かれた。

参考文献[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1940年代-1960年代  Next ->
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR スポーツ 125S 166S 195S 212エクスポート 225S 250MM 250モンツァ 250GT
ツールドフランス
250GT
SWB
250GTO
159S 250S 250
エクスポート
GT 166
インター
195
インター
212インター 250ヨーロッパ 250GT
ヨーロッパ
250GT
ボアノ
250GT
エレナ
250GT
クーペ
/スパイダー
250GT
ルッソ
275GTB 275GTB/4 365GTB/4
デイトナ
2+2 250GTE 330GT 365GT
MR スポーツ 250LM
GT ディーノ206