フェラーリ・ローマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フェラーリ・ローマ(Ferrari Roma)は、イタリアの自動車メーカーであるフェラーリが生産している自動車である。

概要[編集]

フェラーリ・ローマ
Ferrari Roma in Basel.png
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 未定
デザイン フェラーリデザインセンター
乗車定員 2+
ボディタイプ クーペ
エンジン 3855ccV型8気筒ツインターボ
エンジン位置 フロントミッドシップ
駆動方式 FR
最高出力 620馬力
最大トルク 760N・m
変速機 8速DCT
全長 4656mm
全幅 1974mm
全高 1301mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1472kg
先代  
プラットフォーム ポルトフィーノ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ローマは2019年11月13日、イタリアで発表された。ローマはポルトフィーノのクーペ版といえるがスタイリングはポルトフィーノとは大きく異なり、ローマは1950年代から1960年代にローマで流行した「自由で気ままな甘い生活」を開発コンセプトとし、ローマはまさに現代版La Nouva Dolce Vita(ラ・ノーヴァ・ドルチェ・ヴィータ)“新しい甘い生活”として具現化したモデルである。なお、乗車定員は2+2ではなく2+クーペと表現される。後席自体はあるものの後席は子供しか着座できないほどの狭さを意味するが、その後席の狭さがエレガントなファストバックスタイルを生み出している。トランクは独立したトランクリッドをもちリアウインドウとトランクリッドの間には可変ウイングが装備される。ローマはフェラーリ伝統の丸型テールランプを採用してないなど、フェラーリの今後の新たなデザイン言語を示すかたちとなった

エンジンはV型8気筒3855ccツインターボエンジンをフロントミッドシップに搭載し、後輪を駆動する。トランスミッションはリアアクスル付近に配置されるトランスアクスル方式を採用。エンジンはポルトフィーノと同様のものだが、20馬力増加し620馬力を発生。トランスミッションはSF90ストラダーレに採用されている8段DCTを採用(ポルトフィーノは7段DCT)。走行モードである「マネッティーノ」は「ウエット」「コンフォート」「スポーツ」「レース」「ESCオフ」の5つの走行モードを持つ(ポルトフィーノは3つの走行モードのみ)。GT系で5つの走行モードを装備しているのはローマが初である[1]。ボディサイズは全長4656mm×全幅1974mm×全高1301mm、ホイールベースは2670mm。ホイールベースはポルトフィーノと同値だが、ボディサイズはポルトフィーノより70mm長く、36mm広く、17mm低くなっている。

日本では2020年4月1日発表された。日本国内での納車は2021年初頭を予定。

関連項目[編集]

  • 映画『甘い生活』(ローマの開発コンセプトの元となった1950年代からの甘い生活が描かれている)

脚注[編集]

  1. ^ 【フェラーリ ローマ】イブニングドレスに身を包んだF1マシン2020年4月4日 Response

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 2000年代-<- Previous  
タイプ 2000年代 2010年代 2020年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
FR V12 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ 812スーパーファスト
4シーター 456M GT 612スカリエッティ GTC4ルッソT
V8/コンバーチブル カリフォルニア カリフォルニアT ポルトフィーノ
V8/クーペ ローマ
MR V8 360モデナ F430 458イタリア 488GTB F8トリブート
4WD/4シーター FF GTC4ルッソ
プラグインハイブリッド SF90ストラダーレ
スペチアーレ エンツォフェラーリ ラ フェラーリ/アペルタ
XXプログラム FXX/Evo 599XX/Evo FXX K/Evo