フェオホルビドa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェオホルビドa
識別情報
CAS登録番号 15664-29-6
PubChem 5323510
ChemSpider 10343120
EC番号 239-738-5
KEGG C18021
ChEBI
特性
化学式 C35H36N4O5
モル質量 592.68 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェオホルビドa(pheophorbide a)はクロロフィルの分解産物である。光増感剤として用いられる[1]フェオホルバイドaフェオフォーバイドaとも表記されることもある。

複数の光増感剤を用いた光線力学療法(PDT)はがんの有望な治療法であるとともに、水溶性にしたフェオフォーバイドa-Naを用いたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の殺菌効果等の研究もされている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chen, K. (2009). “Novel photosensitizer-protein nanoparticles for Photodynamic therapy: Photophysical characterization and in vitro investigations”. Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology 96 (1): 66–74. doi:10.1016/j.jphotobiol.2009.04.006. 
  2. ^ 光感受性物質 Na-フェオフォーバイドaを用いた光線力学的治療(PDT)によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)殺菌効果の検討, NAID 10012117235, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012117235/ 
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フェオホルビドa
  • フェオホルバイドa
  • フェオフォーバイドa