フェイシズ (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェイシズ
Faces in the Crowd
監督 ジュリアン・マニャ
脚本 ジュリアン・マニャ
製作 ジーン=チャールズ・レヴィ
ケヴィン・デウォルト
クレマン・ミゼレ
製作総指揮 ミラ・ジョヴォヴィッチ 他多数
出演者 ミラ・ジョヴォヴィッチ
ジュリアン・マクマホン
音楽 ジョン・マッカーシー
撮影 ルネ・オオハシ
編集 アントワーヌ・ヴァレイユ
製作会社 Minds Eye Entertainment
Frantic Films
Radar Films
Forecast Pictures 他
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 2012年5月12日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
テンプレートを表示

フェイシズ』(Faces in the Crowd)は、2011年アメリカ合衆国ミステリサスペンス映画。2011年9月16日にカナダアトランティック映画祭英語版で初上映された[2]が、本国アメリカでは劇場公開されず、DVDスルーとなった[3]

ストーリー[編集]

小学校で教師をしているアンナは、恋人ブライスとの結婚を間近に控え、幸せな毎日を過ごしていた。だがある晩、友人たちと酒を飲んだ帰り、巷を騒がしている連続殺人鬼「涙のジャック」が女性を殺害している姿を目撃してしまう。なんとかその場から逃げ去ろうとするアンナだったが、殺人鬼に存在を覚られてしまう。アンナの必死の抵抗も空しく、殺人鬼は彼女をナイフで切りつけ、川に突き落とし去っていく。しかし、アンナは奇跡的に命を取りとめていた。担ぎ込まれた病院のベッドで昏睡状態から目覚めた彼女だったが、その目の前に現れたのは見ず知らずの人々だった。ところが、その人々こそ、彼女の恋人ブライスと、友人のフランシーンとニーナだった。実はアンナは事件のショックで相貌失認に陥ってしまい、自分を含めた人の顔を認別できなくなっていたのだ。これにより、殺人鬼の顔すら思い出せなくなったアンナは、いつ殺人鬼に襲われるかもしれないという恐怖から、精神に異常を来たし始める。

精神神経科医ランゲンカンプ医師の治療を受けることにより、少しずつ精神的な安定を取り戻し始めたアンナだったが、そうしている間にも殺人鬼による被害者は増え続ける。そんな中、自分の顔も分からなくなったアンナを受け入れられないブライスがアンナのもとを去る。傷心のアンナは唯一顔の分かる担当刑事ケレストに急速に惹かれて行き、ケレストもかねてより彼女に惹かれていたことから2人は深い仲となる。ところがケレストがヒゲを剃ったことでアンナはケレストの顔も分からなくなってしまう。

そんなアンナにブライスから連絡が来て2人は会うことになる。ところがブライスがアンナに呼び出されて来たことを知ったアンナは真犯人の罠だと気付くものの、既に真犯人はブライスと入れ替わっていた。入れ替わりに気付かないアンナはブライスになりすました真犯人とその場を後にするが、ネクタイの締め方からブライスでないことに気付いて逃げ出す。一方、ケレストは催眠療法で呼び覚まされたアンナの記憶に基づく証言を思い出し、真犯人がプロファイラーのラニヨンであることに気付く。そしてラニヨンに追われるアンナのもとにケレストが駆けつけるが、アンナはラニヨンとケレストの区別が出来ない。ラニヨンとケレストがもみ合う中、2人は相討ちとなる。血がヒゲのように口元を覆ったことでケレストであることを認識できたアンナだったが、彼女の目の前でケレストはラニヨンと共に息絶える。

その後、アンナはケレストが生まれ育った小さな島の教師となる。そしてケレストとの間に生まれた娘とともに島の人々と幸せに暮らして行く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Faces in the Crowd (2011) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ Faces in the Crowd (2011) - Release dates” (英語). IMDb. 2013年5月10日閲覧。
  3. ^ Faces in the Crowd” (英語). Rotten Tomatoes. 2013年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]