フェイクニュース (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェイクニュース
あるいはどこか遠くの戦争の話
ジャンル テレビドラマ
野木亜紀子
演出 堀切園健太郎
佐々木善春
出演者 北川景子
光石研
永山絢斗
矢本悠馬
金子大地
新井浩文
岩松了
杉本哲太
音楽 牛尾憲輔
製作
制作統括 土屋勝裕
プロデューサー 北野拓
製作 NHK
放送
放送チャンネル NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年10月20日 - 10月27日
放送時間 土曜21:00 - 21:49
放送枠 土曜ドラマ
放送分 49分
回数 2
公式サイト
テンプレートを表示

フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話[1][2](フェイクニュース あるいはどこかとおくのせんそうのはなし)は、NHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠で2018年10月20日および10月27日の21時から21時49分に放送されたテレビドラマである。全2回。

大手新聞社からネットメディアに出向中の女性記者が、SNSへの1つの投稿をきっかけに飛び交うフェイクニュースの真相を追求し奮闘する姿を描く。野木亜紀子作によるオリジナル作品で、野木は本作がNHKドラマ初執筆。主演の北川景子も本作がNHKドラマ初主演となる[3][4]

あらすじ[編集]

大手新聞社「東日本新聞社」からネットメディア「イーストポスト」に出向中の女性記者・東雲樹は、編集長の宇佐美寛治に命じられてインスタントうどんへの青虫混入事件について取材を開始する。1人の男の真偽不明なSNSへの青虫混入の投稿を発端とした事件はしだいに企業間の紛争にまで拡大し、取材する樹自身にまで矛先が及ぶ中で、樹は記者としてフェイクニュース騒動に立ち向かいながら真実を追求していく[4]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

東雲樹(しののめ いつき)
演 - 北川景子[3][5][6]
女性記者。ある出来事により、大手新聞社「東日本新聞社」からネットメディア「イーストポスト」に出向している。
猿滑昇太(さるすべり しょうた)
演 - 光石研[6]
菓子メーカー「八ツ峰製菓」の社員で、かつての同社のヒット商品「竹取の里」の開発者。
SNSに「鶴亀うどん」青虫混入の投稿をするが、一時的な感情でおこなったその投稿は、彼自身や家族、会社にまで思いもよらぬ大きな波紋をもたらすことになる。[7]
西剛(にし つよし)
演 - 永山絢斗
「東日本新聞社」の社会部所属記者。樹の元同僚。
網島史人(あみしま ふみと)
演 - 矢本悠馬
「イーストポスト」所属の若手記者。樹の同僚。
猿滑里留(さるすべり さとる)
演 - 金子大地
猿滑の息子。就職活動中の大学生。父がアップロードしたものとも知らず、青虫混入の投稿をSNSで拡散する。
宇佐美寛治(うさみ かんじ)
演 - 新井浩文[8]
「イーストポスト」編集長。樹の上司。情報の真偽より、PV(ページビュー)数を稼ぐことしか頭にない。
八ツ峰航平(やつみね こうへい)
演 - 岩松了
老舗菓子メーカー「八ツ峰製菓」社長。
最上圭一(もがみ けいいち)
演 - 杉本哲太
川浜県知事選挙に立候補中の元経産省官僚。新聞記者時代の樹の取材相手。

その他[編集]

猿滑睦子(さるすべり むつこ)
演 - 池津祥子
猿滑の妻。
長久保勝(ながくぼ まさる)
演 - 吉田ウーロン太
「八ツ峰製菓」開発部プロジェクトリーダー。社長がヘッドハントして中途入社した。
五十嵐雅子
演 - 小林きな子
「八ツ峰製菓」の従業員。
和田心菜
演 - 筧美和子
偽ブログを作った主婦。
神崎慎平
演 - 坂口涼太郎
まとめサイトの管理人。
春田
演 - 駒木根隆介
青虫混入の張本人。「鶴亀屋食品」の工場で住み込みバイトだった時に出来心から、事を起こした。
松村慶次
演 - 神保悟志
「テイショーフーズ」の広報部長。
沖田忠信
演 - おかやまはじめ
「鶴亀屋食品」の工場長。
真島健
演 - 水野智則
「鶴亀屋食品」の従業員。
アイン
演 - ブンシリ
「鶴亀屋食品」の外国人従業員。
辻本
演 - 山口森広[9]
コンビニエンスストアの店員。
清水功
演 - 安井順平
最上の選挙スタッフ。
福田幸三
演 - 三田村賢二
川浜県の現職知事。青虫混入事件に便乗して、最上を落選させようと目論む。
運転手
演 - 遠山俊也
福田の運転手。
中山秀樹
演 - 神尾佑
「東日本新聞社」社会部の西の上司。
鮫島遊
演 - 永岡佑
広告代理店「SURF and FINE」の責任者。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 ラテ欄[10] 演出
前編 10月20日 野木亜紀子NHK初オリジナルドラマ! 堀切園健太郎
後編 10月27日 暴かれる衝撃の事実 野木亜紀子オリジナルドラマ後編 佐々木善春
堀切園健太郎

受賞歴[編集]

関連商品[編集]

シナリオ
  • 『ドラマ』2018年12月号(映人社) - 前後編シナリオ掲載
サウンドトラック
  • 牛尾憲輔『土曜ドラマ「フェイクニュース」オリジナル・サウンドトラック』(2018年10月21日配信、NHK出版
DVD
  • フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話(2019年2月22日発売予定 → 延期・発売日未定[14]NHKエンタープライズ、NSDS-23588)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野木亜紀子 [@nog_ak] (2018年10月20日). "『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編』ご覧くださりありがとうございます。..." (ツイート). Retrieved 2018年10月21日 – via Twitter.
  2. ^ 米光一成北川景子「フェイクニュース」前編を観た。正義の報道はネット承認の快楽に敗北するのか(2018年10月21日)、エキレビ!、エキサイト、2018年10月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 主演・北川景子×脚本・野木亜紀子『フェイクニュース』制作開始!”. NHKドラマ. NHKドラマトピックス. 日本放送協会 (2018年8月14日). 2018年8月15日閲覧。
  4. ^ a b NHKドラマ初主演 北川景子 NHKドラマ初執筆 野木亜紀子の超強力タッグ!! 土曜ドラマ「フェイクニュース」”. NHKオンライン. NHK_PR. 日本放送協会 (2018年8月14日). 2018年8月15日閲覧。
  5. ^ a b c “北川景子と脚本・野木亜紀子、NHKドラマで初タッグ 題材は「フェイクニュース」”. ハフィントンポスト. (2018年8月14日). https://m.huffingtonpost.jp/2018/08/14/nhk-drama-fake-news_a_23501656/ 2018年8月15日閲覧。 
  6. ^ a b c “北川景子、フェイクニュース題材のドラマ主演 『アンナチュラル』野木亜紀子氏がNHK初執筆”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2117541/full/ 2018年8月15日閲覧。 
  7. ^ 「フェイクニュース」スタッフブログ#2 NHKドラマ ドラマスタッフブログ
  8. ^ “北川景子が“フェイクニュース”の真相を追う!「逃げ恥」の野木亜紀子オリジナル脚本作”. Internet TV ガイド. (2018年8月15日). http://www.tvguide.or.jp/news/20180815/07.html 2018年8月26日閲覧。 
  9. ^ いよいよ明日!フェイクニュース!!出演してます!!の巻 山口森広の新・ペンギン村紀行!
  10. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄
  11. ^ 2018年10月度 月間賞”. ギャラクシー賞. 放送批評懇談会. 2019年3月8日閲覧。
  12. ^ “『フェイクニュース』ギャラクシー月間賞「野木脚本が素晴らしい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年11月20日). https://news.mynavi.jp/article/20181120-727399/ 2019年3月8日閲覧。 
  13. ^ 第56回奨励賞受賞作品”. ギャラクシー賞. 放送批評懇談会. 2019年6月20日閲覧。
  14. ^ DVD『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話』発売延期のお知らせ”. NHKエンタープライズ (2019年2月4日). 2019年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
不惑のスクラム
(2018年9月1日 - 10月13日)
フェイクニュース
(2018年10月20日 - 10月27日)
炎上弁護人
(2018年12月15日)