フィンランド国立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィンランド国立博物館
Kansallismuseo Helsinki.jpg
館の外観
概要
等級 博物館
所在地 ヘルシンキ
住所 Mannerheimintie 34
座標 北緯60度10分30秒 東経24度55分54秒 / 北緯60.1749度 東経24.9318度 / 60.1749; 24.9318座標: 北緯60度10分30秒 東経24度55分54秒 / 北緯60.1749度 東経24.9318度 / 60.1749; 24.9318[1]
着工 1905年
建設停止 1910年
開業 1916年
クライアント 公共施設検査院
所有者 議会資産
高さ 塔屋 58 m
技術的詳細
床面積 展示室のべ床面積 3100 m2
設計・建設
建築家 ガセリウス・リンドグレン・サーリネン設計事務所
主要建設者
  • 棟梁:August Pettersson
  • 棟梁:Frans Johansson
テンプレートを表示

フィンランド国立博物館(フィンランドこくりつはくぶつかん, : Kansallismuseo: Nationalmuseum)は、ヘルシンキ中心部[1]にある国立機関。フィンランドの歴史を石器時代から現在まで文化史を通して紹介する。所在する建物はフィンランド・ロマンス様式英語版で、文化教育省に属するフィンランド遺産庁英語版: Museovirasto: Museiverket)の庁舎である[2](2018年以前の呼称は国立古代委員会)。

建物[編集]

建物のパース図

当館建物の設計は、ゲセッリウス・リンドグレン・サーリネン設計事務所が手がけ、外観は同国の中世の教会や城の様式を映すフィンランドのロマンス主義内装は主にアール・ヌーヴォーに統一されている。建築は1905年から1910年にわたり、一般公開は1916年に始まった[3]。1917年のフィンランド独立により「フィンランド国立博物館」と改称。直近の大規模改修を経て、2000年7月に再開した[4]

博物館の玄関ホールの天井を彩るフレスコ画アクセリ・ガッレン=カッレラが民族叙事詩「カレワラ」を主題に描いたもので、入場料を払わずに鑑賞できる。この天井画は1900年のパリ万博フィンランド館に描いた自らの作品に基づいて作成された[4]

常設展[編集]

コインメダル、勲章、装飾品、銀製品、宝飾品、武器のコレクションで構成する。フィンランドの先史時代、12世紀中世から20世紀初頭のスウェーデン王国時代からロシア帝国時代にわたる社会と文化の発展、さらに工業化前の18世紀と19世紀の田園地帯民俗文化まで通史を閲覧できる。

収蔵品にはアメリカコロラド州の崖の住居址から発掘されたメサ・ヴェルデの遺物も含まれ、かつてスウェーデン人探検家グスタフ・ノルデンスキールド英語版から受贈した資料である。同遺構の遺物としてアメリカ国外で最も広範に揃い、またアメリカ先住民資料として南北アメリカ大陸を離れた最大のコレクションの1つであった[5]。2019年にはこれら考古学遺物をアメリカ合衆国先住民の代表者に返却すること、同館のもとにおよそ600点を残し展示することに合意した[6][7]

爆発事故[編集]

2006年1月23日月曜日の事故は、当館の銀製品展示室で発生した。原因は漏れたメタンが排水路を伝って逆流し、床面の排水口から掃除用具入れに溜まったところへ、配電盤の火花が引火したと推定された。メタンの発生源は2つ、建物が面するムセオカツ通りに埋設した都市ガスの配管か、あるいは下水道から自然発生したガスかと推測され、警察の捜査によりガス配管から漏れたと判明した。爆発で同展示室にあったほとんどの陳列ケースが壊れ、200超の展示資料のうち被害にあった49点のほとんどは軽度の損傷であり、当日は休館日であったことも幸いして、けが人はゼロであった[8][9]。同年末までに資料の修復を終え、同室は2007年初頭に一般公開に復した。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

関連資料[編集]

  • 村松貞次郎パリ・北欧そしてアムステルダム : 葦の髄からのぞいた建築・デザイン」『建築雑誌』第987号、日本建築学会、1967年10月、12-14頁、ISSN 0003-8555NAID 110006335193(Paid subscription required要購読契約)

脚注[編集]

 

  1. ^ a b Kansallismuseo” [フィンランド国立博物館] (英語). OpenStreetMap. 2021年7月6日閲覧。
  2. ^ The Finnish Heritage Agency” [フィンランド遺産庁] (英語). www.museovirasto.fi. Finnish Heritage Agency. 2021年7月6日閲覧。
  3. ^ Historiaa” (フィンランド語). Kansallismuseo. 2020年6月29日閲覧。
  4. ^ a b National Museum of Finland” (英語). The European Museums Network. 2020年6月29日閲覧。
  5. ^ FitzGerald, Michael C. (2009年3月13日). “The Majesty of Mesa Verde” (英語). ウォールストリート・ジャーナル: p. W12. https://www.wsj.com/articles/SB123697765848223641 
  6. ^ Mesa Verde” (英語). フィンランド国立博物館 Kansallismuseo. 2020年7月1日閲覧。
  7. ^ Finland to repatriate American Indian artefacts to the United States from its national collections” [フィンランド、国の収蔵するアメリカ先住民の考古学遺物を返却へ] (英語). フィンランド国立博物館 Kansallismuseo (2019年10月3日). 2020年7月1日閲覧。
  8. ^ “Kansallismuseon räjähdys johtui maakaasusta” (フィンランド語). イルタ・ソノマット英語版. (2006年2月17日). https://www.is.fi/kotimaa/art-2000000220193.html 2020年6月29日閲覧。 
  9. ^ Kokko, Karri (2009年3月20日). “Museot elävät monenlaisten vaarojen alaisina” (フィンランド語). Suomen Kuvalehti . https://suomenkuvalehti.fi/jutut/kulttuuri/museot-elavat-monenlaisten-vaarojen-alaisina/ 2020年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]