フィリップ・リーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・リーヴ
Philip Reeve
Philip Reeve - Lucca Comics & Games 2016.jpg
フィリップ・リーヴ(2016年)
誕生 1966年
イギリスの旗ブライトン
職業 小説家SF作家イラストレーター
ジャンル SF
代表作移動都市
公式サイト MORTAL ENGINES PHILIP REEVE
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フィリップ・リーヴPhilip Reeve1966年[1] - )は、イギリスブライトン生まれの小説家SF作家イラストレーター

経歴[編集]

5歳頃から小説を書き始める。書店に勤務しながら低予算の劇場プロジェクトの脚本執筆、また指導などを行う。劇場プロジェクトへの参加に続き、イラストレーターとしての活動を始める。The Murderous Maths Series, Horrible Histories, Dead Famous Series などを含む約40の児童書にイラストを多数提供。

小説家としてのデビュー作『移動都市』で、イギリスのネスレ・スマーティーズ賞などを受賞[1]。シリーズ4作目の『廃墟都市の復活』でガーディアン賞を受賞[1]。『アーサー王ここに眠る』でカーネギー賞を受賞した[1]

小説[編集]

  • 移動都市シリーズ (Mortal Engines Quartet)
    • Mortal Engines (2001)
      • 移動都市』、安野玲訳、創元SF文庫、2006年、ISBN 978-4488723019
    • Predator's Gold (2003)
    • Infernal Devices (2005)
    • A Darkling Plain (2006)
  • ラークライト・シリーズ
  • Here Lies Arthur (2007)
    • 『アーサー王ここに眠る』、井辻朱美訳、東京創元社〈創元ブックランド〉、2009年、ISBN 978-4488019679
    • 『アーサー王ここに眠る』、井辻朱美訳、創元推理文庫、2021年、ISBN 978-4488516024
  • フィーバー・クラムシリーズ

童話[編集]

  • Hungry City Chronicles 第1作 "Mortal Engines"(『移動都市』)以前に、子供向けのSF童話シリーズ "Buster Bayliss series" を執筆。

受賞歴[編集]

  • 『移動都市』(2001年):"Nestle Smarties Book Prize2002 Gold Award", "Blue Peter Book Award 2003"[2] 、第38回星雲賞(2007年度)を受賞[3]
  • 『廃墟都市の復活』(2006年):Guardian Children's Fiction Prize 2006を受賞[4]
  • 『アーサー王ここに眠る』(2007年):カーネギー賞。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d フィリップ・リーヴ|東京創元社. 2021年11月12日閲覧
  2. ^ Mortal Engines announced as Blue Peter Book of the Year 2003 BBC Press Office 16.12.03
  3. ^ 「創元SF文庫刊『移動都市』が2007年度(第38回)星雲賞を受賞!」 東京創元社、2007年9月5日
  4. ^ Guardian Children's Fiction Prize 2006

外部リンク[編集]