フィリップ・ド・ノアイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・ド・ノアイユ

ノアイユ伯(comte de Noailles)、のちムシー公英語版フィリップ・ド・ノアイユPhilippe de Noailles, duc de Mouchy1715年1794年6月27日)は、フランス王国の貴族、軍人。1775年にフランス元帥に叙された[1]

生涯[編集]

第3代ノアイユ公爵英語版アドリアン・モーリス・ド・ノアイユ英語版フランソワーズ・シャルロット・ドービニェ英語版の息子として、1715年に生まれた[1]。兄にあたる第4代ノアイユ公爵ルイ・ド・ノアイユと同じく軍人の道の歩み、七年戦争ではミンデンの戦いなどの戦役に参戦した[1]。1775年、兄と同日にフランス元帥に叙された[1]

ときの宮廷で気に入られ、妻アンヌ・クロード・ルイーズ・ダルパジョン英語版が王妃マリー・アントワネット首席女官英語版(Première dame d'honneur)を務めた[1](アンヌはその性格から王妃に「マダム・エチケット」(Madame Etiquette)というあだ名で呼ばれた[1])。フランス革命ではこれが仇となり、1794年6月27日に夫婦もろともギロチンで処刑された[1]

息子に憲法制定国民議会議員を務めたフィリップ=ルイ英語版ルイ・マルク・アントワーヌがいる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Noailles s.v. Philippe" . Encyclopædia Britannica (英語). 19 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 722–723.
フランスの爵位
爵位創設 ムシー公爵英語版
1747年 – 1794年
次代:
フィリップ=ルイ・ド・ノアイユ英語版