フィリップ・オノレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・オノレ
Philippe Honoré, dessinateur de Charlie Hebdo.jpg
生誕 (1941-11-25) 1941年11月25日
フランスの旗 フランスアリエ県ヴィシー
死没 (2015-01-07) 2015年1月7日(73歳没)
フランスの旗 フランスパリ11区
国籍 フランスの旗 フランス
職業 風刺画家イラストレーター
称号 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ
サイン Signature honore.png
テンプレートを表示

オノレ (Honoré、本名 フィリップ・オノレ (Philippe Honoré)、1941年11月25日 - 2015年1月7日) はフランス風刺画家イラストレーター

経歴[編集]

アリエ県ヴィシーに生まれ、1950年代末頃に母親とともにピレネー=アトランティック県ポーに越した[1]

16歳のときからすでに新聞に挿絵を掲載し始めた[1]。最初はインダストリアルデザイナーとして採用されたが[1]、その後、風刺画家として『ル・モンド』、『リベラシオン』、『アラキリ』、『レザンロキュプティブル (Les Inrockuptibles)』、『ル・マガジーヌ・リテレール (Le Magazine littéraire)』など多くの新聞に風刺画を掲載した[2]。また、『プチ・ラルース』2010年版にもイラストを掲載している[3]

1992年に活動を再開した『シャルリー・エブド』に参加し、以後、毎回風刺画を掲載していた。他の風刺画家とはかなり違った、木版画を思わせる画を描いている。

2015年1月7日のシャルリー・エブド襲撃事件イスラム過激派に殺害された。

他の犠牲者とともにレジオンドヌール勲章シュヴァリエを授与された[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Le dessinateur Honoré, de Pau à Charlie Hebdo” (フランス語). larepubliquedespyrenees.fr. La République des Pyrénées (2015年1月9日). 2020年5月26日閲覧。
  2. ^ Philippe Honoré, illustrateur virtuose enragé” (フランス語). Le Monde.fr. 2018年6月22日閲覧。
  3. ^ magazine, Le Point, (2015年1月8日). “"Charlie Hebdo" - Honoré : le dernier dessin” (フランス語). Le Point. http://www.lepoint.fr/societe/charlie-hebdo-honore-le-dernier-dessin-08-01-2015-1894981_23.php 2018年6月22日閲覧。 
  4. ^ Daniel Muraz (2016年1月1日). “Légion d'horreur pour les dessinateurs tués de "Charlie Hebdo"” (フランス語). Courrier plus. 2020年5月26日閲覧。

関連項目[編集]