フィリップ・アントルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィリップ・アントルモンPhilippe Entremont, 1934年6月7日 - )は、フランスピアニスト指揮者。フランスのレジオン・ドヌール勲章オフィシエ、国家功労勲章三等、芸術部門の最高位フランス芸術文化勲章コマンドゥール、メリット勲章のほか、オーストリアの芸術科学名誉一等十字勲章を受章。ブリュッセルのベラルテ財団総裁、フォンテーヌブロー・アメリカ音楽院の院長を務める。[1]

生涯[編集]

フランスのランスで生まれ、早くからピアノを始めた。父は指揮者ヴァイオリニスト、母はピアニストであった。

8歳でフランスを代表するピアニストであったマルグリット・ロンに師事、2年後にパリ音楽院に入学しジャン・ドワイアンに師事。14歳で室内楽プルミエリ(一等賞)を受賞し、翌年にピアノで同賞を得て卒業。17歳でエリザベート王妃国際音楽コンクール1951年)に入賞。ロン=ティボー国際コンクール1953年)では、最高位の2位と最高月桂冠賞を受賞。また、ハリー・コーエン・ピアノ・メダルをイギリス人以外としては初めてで、しかも最年少で授与された。[2]

活動歴[編集]

レナード・バーンスタインユージン・オーマンディピエール・ブーレーズ小澤征爾シャルル・デュトワミシェル・プラッソンら指揮達との数々の名演で知られる。更にアンドレ・ジョリヴェイーゴリ・ストラヴィンスキーダリウス・ミヨーらの作品を、作曲家自身の指揮のもとレコーディングを行っている。

ウィーン国立音楽院でも教鞭をとり、ウィーン室内管弦楽団では指揮・音楽監督を30年間にわたり務め、現在は終身桂冠指揮者に就任している。またサント・ドミンゴ国際音楽祭の音楽監督も務めるなど多彩に活躍している。こうした功績から、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章、芸術部門の最高位フランス芸術文化勲章、メリット勲章を贈られ、またオーストリア芸術科学十字勲章も受章している。名実共に現代フランスを代表するピアニスト・指揮者である。120種類を超えるレコーディングの中にはディスク大賞やグラミー賞ノミネートを受けたものも数多い。初来日は1966年である。

NHK教育テレビで放送された『スーパーピアノレッスンモーツァルト編では、講師として出演した。

脚注[編集]