コンテンツにスキップ

フィリッパ・スー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリッパ・スー
Phillipa Soo
Phillipa Soo
ホワイトハウスにて (2016年)
本名 Phillipa Anne Soo
生年月日 (1990-05-31) 1990年5月31日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州リバティビル英語版
身長 172 cm
職業 俳優歌手
ジャンル 映画TV舞台
活動期間 2012年 -
配偶者 スティーヴン・パスクァール (2017年 - )
主な作品

映画
ハミルトン英語版

フェイフェイと月の冒険

テレビ

DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機英語版

舞台

ハミルトン
 
受賞
グラミー賞

最優秀ミュージカルアルバム賞

ハミルトン
その他の賞
テンプレートを表示

フィリッパ・アン・スー(Phillipa Anne Soo, 1990年5月31日 - )はアメリカ合衆国女優である。ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』のイライザ・ハミルトン英語版役のオリジナルキャストとして知られており、2016年のトニー賞ミュージカル主演女優賞にノミネートされた他、同年のグラミー賞では最優秀ミュージカルアルバム賞英語版を受賞した。[1][2][3] また、オフ・ブロードウェイ版『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812英語版(2012)』のナターシャ役、ブロードウェイ版『アメリ英語版(2017)』のアメリ役オリジナルキャストとしても知られる。

2020年に公開された映画『フェイフェイと月の冒険』では、チャンウーの声優を務めた。[4]

2016年のブロードウェイ公演の模様を収録した、2020年にDisney+で公開された映画『ハミルトン』のパフォーマンスによって、2021年の第73回プライムタイム・エミー賞にて助演女優賞(リミテッドシリーズ/テレビ映画部門)英語版にノミネートされた。

生い立ち

[編集]

1990年5月31日にイリノイ州リバティビルにて生まれた。中国系アメリカ人であり、父方の祖父母が中国からアメリカへの移住者である。父親は医者、母親は芸術関係の仕事に就いている。[5]

2012年、ジュリアード音楽院の演劇部門を卒業した[6]

キャリア

[編集]

舞台

[編集]

2012年にジュリアード音楽院を卒業後、レオ・トルストイの『戦争と平和』を原作としたデイブ・マロイ英語版のミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812英語版』にナターシャ役でキャスティングされた。

ホワイトハウスにて『ハミルトン』のキャストらとパフォーマンスをするフィリッパ・スー(左)

『グレート・コメット』のパフォーマンスを観た『ハミルトン』のディレクター トーマス・ケイル英語版と作曲家および脚本家のリン=マニュエル・ミランダに、2014年始めに行われる読み合わせにイライザ役として勧誘された。その後、同作のオフ・ブロードウェイ公演、ブロードウェイ公演に出演し、ブロードウェイデビューを飾った。2016年のトニー賞ミュージカル主演女優賞にローラ・ベナンティカーメン・キューザック英語版ジェシー・ミューラー英語版、またこの部門を受賞したシンシア・エリヴォと共にノミネートされた。[7]2016年7月9日を最終公演とし、イライザ役はレクシー・ローソン英語版へ引き継がれた。[8]

2016年12月から2017年1月の間、ロサンゼルスアーマンソン・シアター英語版において、ミュージカル『アメリ』のアメリ役を演じた。同年3月9日よりブロードウェイ ウォルター・カー劇場英語版にてプレビュー公演が開幕した。[9][10]本公演は4月3日に開幕し、同年の5月21に閉幕した。[11]

2017年よりボー・ウィリモンが脚本を手掛けたブロードウェイ舞台『The Parisian Woman英語版』にてレベッカ役を演じた。本作は2017年11月7日にハドソン劇場英語版にプレビュー公演が開幕した。本公演は11月30日に開幕し、2018年3月11日に閉幕した。[12]

映画・テレビ

[編集]

2013年、NBCのテレビドラマ『SMASH』においてレクシー役でキャスティングされた。レクシーは第2シーズンで5エピソードに登場した。[13]

2018年にはCBSのテレビドラマ『The Code』にキャスティングされた。[14]2019年7月に打ち切りが決まったため、1シーズンのみ放送された。[15]

2020年には、2016年のブロードウェイ公演の模様を収録した映画『ハミルトン』がDisney+にて公開された。このパフォーマンスによって、2021年の第73回プライムタイム・エミー賞にて助演女優賞(リミテッドシリーズ/テレビ映画部門)にノミネートされた。

慈善活動

[編集]

『ハミルトン』で自身が演じたイライザ・ハミルトンに感銘を受け、ミュージカルの最後にも言及されているニューヨーク市において最初に建てられた私設孤児院であり、現在は子どもたちやその家族を支援する組織であるグラハムウィンダム英語版と共に、「イライザ・プロジェクト」を発足した。この活動を通して、子どもたちに演技やダンス、ラップなどのワークショップを開いている。[16]

私生活

[編集]

2016年2月に俳優スティーヴン・パスクァールと婚約し、[17]2017年9月24日に結婚した。[18]

2020年の30歳の誕生日に犬を迎え、ビリーと名付けた。[19]

出演作品

[編集]

映画

[編集]
邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2013
Keep The Change
Karen 短編映画
2016 モアナと伝説の海
Moana
- 声の出演
2018 私のニューヨーク
Here and Now
ウーナ
2020 ハミルトン
Hamilton
イライザ・ハミルトン 2016年のブロードウェイ公演を撮影した映画
ゴリラのアイヴァン
The One and Only Ivan
オウムのセルマ 声の出演 大平あひる
ブロークン・ハート・ギャラリー
The Broken Hearts Gallery
ナディーン 杉山里穂
フェイフェイと月の冒険
Over the Moon
チャンウー 声の出演 佐久間友理
2021 Tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!
Tick, Tick... Boom!
『Sunday』レジェンド カメオ出演
2022
Blue's Big City Adventure
オーディション参加者 #4 カメオ出演

One True Loves
Emma Blair

テレビ

[編集]
邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2013 SMASH 
Smash
レクシー 計5話出演
2014
Dangerous Liaisons
Nia テレビ映画
2019
The Code
Lieutenant Harper Li 計13話出演
2021 ザ・バイト
The Bite
シンディ・エステレオ 計6話出演
DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機
Dopesick
アンバー・コリンズ 計7話出演
2022 シャイニング・ガール
Shining Girls
ジニー 計8話出演 村田遥

舞台

[編集]
邦題
原題
役名 劇場 カテゴリ
2012 ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812
Natasha, Pierre & The Great Comet of 1812
ナターシャ Ars Nova オフ・ブロードウェイ
2013–14 ミートパッキング・ディストリクト英語版Kazino オフ・ブロードウェイ
2015 ハミルトン
Hamilton
イライザ・ハミルトン パブリックシアター オフ・ブロードウェイ
2015–16 リチャード・ロジャース劇場 ブロードウェイ
2016–17 アメリ
Amélie
アメリ アーマンソン・シアター 地方公演、プレ・ブロードウェイ
2017 ウォルター・カー劇場 ブロードウェイ
2017–18
The Parisian Woman
Rebecca ハドソン劇場 ブロードウェイ
2020
Tumacho
Catalina Vucovich-Villalobos Connelly Theater オフ・ブロードウェイ
2022
Suffs
イネス・ミルホランド英語版 パブリックシアター オフ・ブロードウェイ
イントゥ・ザ・ウッズ
Into The Woods
シンデレラ セント・ジェームス劇場 ブロードウェイ
ガイズ&ドールズ
Guys and Dolls
サラ・ブラウン ケネディセンター 地方公演
2023 キャメロット
Camelot
グィネヴィア ヴィヴィアン・バーモント劇場 ブロードウェイ

受賞歴

[編集]
カテゴリ 作品名 結果 Ref.
2013 ドラマ・リーグ賞英語版 パフォーマンス賞 ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 ノミネート
2014 ルシル・ローテル賞英語版 ミュージカル部門主演女優賞 ノミネート
2015 ハミルトン 受賞
クレランスダーウェント賞英語版 最も有望な女性パフォーマー賞 受賞
2016 トニー賞 ミュージカル主演女優賞 ノミネート
グラミー賞 最優秀ミュージカルアルバム賞 受賞
2020 クリティクス・チョイス・スーパー・アワード アニメ映画女性声優賞 フェイフェイと月の冒険 ノミネート [20]
2021 エミー賞 助演女優賞(リミテッドシリーズ/テレビ映画部門) ハミルトン ノミネート
2023 グラミー賞 最優秀ミュージカルアルバム賞 イントゥ・ザ・ウッズ 受賞

脚注

[編集]
  1. ^ Windman, Matt (2015年8月6日). “Phillipa Soo on starring in Broadway's sold-out smash 'Hamilton'”. amNewYork. http://www.amny.com/entertainment/phillipa-soo-on-starring-in-broadway-s-sold-out-smash-hamilton-1.10715582 2015年8月12日閲覧。 
  2. ^ Nordstrom, Leigh (2015年8月5日). “Phillipa Soo Soars in Broadway Hit 'Hamilton'”. WWD. http://wwd.com/eye/people/phillipa-soo-stars-hamilton-broadway-10196850/ 2015年8月12日閲覧。 
  3. ^ Schulman, Michael (2015年8月6日). “The Women of "Hamilton"”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/culture/cultural-comment/the-women-of-hamilton 2015年8月12日閲覧。 
  4. ^ Michael, Ordona (2021年1月26日). “Guiding light to new myth; Late screenwriter Audrey Wells helped 'Over the Moon,' a Chinese legend-inspired film voiced by Asian Americans, find its way”. Los Angeles Times. https://www.pressreader.com/usa/los-angeles-times/20210126/282497186329736 
  5. ^ Asian Actors Onstage: Lea Salonga, Phillipa Soo Sound Off on Broadway, Eliza Schuyler Representation, Cultural Perceptions” (2015年11月24日). 2021年12月7日閲覧。 “In terms of my own experience, my dad is first-generation, so his parents were from China, and my mom was born and raised in southern Illinois, and she was involved in the arts. My dad’s a doctor. I was very much always encouraged, but the mentality of “get your education” was still there.”
  6. ^ Robbins, Caryn. “BWW Interview - Debut of the Month: HAMILTON's Phillipa Soo”. 2015年9月6日閲覧。
  7. ^ See Full List of 2016 Tony Award Nominations | Playbill” (英語). Playbill (2016年5月3日). 2016年5月4日閲覧。
  8. ^ Dziemianowicz, Joe (2016年7月6日). “'Hamilton' names replacements for Leslie Odom Jr. & Phillipa Soo”. The Washington Post. 2016年7月9日閲覧。
  9. ^ Full Cast Announced for Broadway-Aimed Amélie Musical | Playbill” (英語). Playbill (2016年10月17日). 2017年5月11日閲覧。
  10. ^ New Musical Amélie Opens on Broadway April 3 | Playbill” (英語). Playbill (2017年4月3日). 2017年5月11日閲覧。
  11. ^ Amélie on Broadway [@ameliebroadway] (2017年5月5日). ""Join us one last time before our final performance on May 21."" (英語). 2021年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。Instagramより2022年3月13日閲覧
  12. ^ Hamilton's Phillipa Soo and Marton Csokas Join The Parisian Woman on Broadway | Playbill” (英語). Playbill (2017年9月5日). 2017年10月15日閲覧。
  13. ^ Phillipa Soo”. IMDb. 2015年9月6日閲覧。
  14. ^ Otterson, Joe (2018年2月21日). “'Hamilton' Star Phillipa Soo Joins CBS Drama Pilot 'The Code'” (英語). Variety. https://variety.com/2018/tv/news/hamilton-phillipa-soo-cbs-drama-pilot-the-code-1202706055/ 2018年8月19日閲覧。 
  15. ^ 'The Code' Canceled By CBS After One Season” (英語). Deadline (2019年7月23日). 2020年7月13日閲覧。
  16. ^ Brody, Leslie (2015年12月30日). “'Hamilton' Cast Helps Children in Need”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/hamilton-cast-helps-children-in-need-1451442302 
  17. ^ Khan, Jessica (2016年2月16日). “Broadway's Steven Pasquale and Phillipa Soo Are Engaged!”. Broadway World. 2016年2月17日閲覧。
  18. ^ Fierberg, Ruthie (2017年9月25日). “Tony Nominee Phillipa Soo and Stage and Screen Star Steven Pasquale Marry | Playbill” (英語). Playbill. 2017年10月1日閲覧。
  19. ^ Shattuck, Kathryn (2020年10月27日). “Phillipa Soo's Week: Fund-Raising Videos and 'Agents of Chaos'”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/10/27/movies/phillipa-soo-over-the-moon.html 
  20. ^ 'Palm Springs', 'Lovecraft Country' Top Movie And Series Nominations For Inaugural Critics Choice Super Awards; Netflix Lands 35 Nods”. Deadline Hollywood (2020年11月19日). 2020年12月12日閲覧。

外部リンク

[編集]