フィッシュライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィッシュライフ
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ロック
活動期間 2012年-
レーベル too basara's people records 
(2015年 - )
公式サイト http://fishlife.wix.com/home
メンバー ハヤシング(ボーカルギター
ミヤチ(ベース
テラオカ(ドラムス

フィッシュライフは、3人組ロックバンド。所属レコードはtoo basara's people records[1]


メンバー[編集]

  • ハヤシング

ボーカルギター担当。全ての曲で作詞・作曲を手掛けている。Baのミヤチとは大学の同級生。[2]

  • ミヤチ

ベース担当。グッズ製作やTwitterなどは主に彼が行っている。Drのテラオカとは中学の同級生。[2] バンドを組む以前はウッドベースを弾いていた。

  • テラオカ

ドラムス担当。Baのミヤチとは中学卒業後もバンドを組んでいた。[2]

来歴[編集]

  • 2012年 同じ大学に入学したハヤシングとミヤチを中心にバンド結成。大阪を拠点に活動開始。
  • 2013年 「閃光ライオット2013」グランプリなど数々の大会で賞を獲得。
  • 2014年 数々のライブやイベントに出演。会場限定シングルを4枚連続でリリース。また、年末にはFM802主催のRADIO CRAZYに初出演した。
  • 2015年 3月に初のワンマンライブを福島2nd Lineで開催。昼の部と夜の部の2部に分けての開催となった。8月には初の全国流通盤となる1stミニアルバム「バトルフォーユー」をタワーレコード内の新レーベ ル・too basara's people recordsより発売[1]。天王寺Fireloopからリリースツアー~いいバトル・夢気分~を開催。ファイナルとして10月に大阪府 LIVE HOUSE Pangeaでワンマンライブを行った。
  • 2016年3月9日に二枚目の全国流通盤となる2ndミニアルバム「Exhibition」をtoo basara's people recordsより発売。[3]サウンドプロデューサーとして高野勲(GRAPEVINE、曽我部恵一BAND、シンリズムetc.)を迎える。[4]また大阪心斎橋JANUSでの大学卒業記念企画ライブ「りゅうねん!」を皮切りに、リリースツアー「デッドオアキミトアライヴ」を開催。ファイナルとして、初の東阪ワンマンを下北沢SHELTERと梅田シャングリラにて開催。また、東京公演にはドラマチックアラスカのVo/Gt:ヒジカタナオトを、大阪公演にはircleのVo/Gt:河内健悟をゲストボーカルとして迎え、開催。[5]

受賞歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

自主制作版[編集]

発売日 タイトル 収録曲
1st CD 2013年2月10日 フィッシュライフ
2nd CD 2013年9月6日 足技e.p.
会場限定シングル第1弾 2014年6月19日 フライングレッド/アネモネ
会場限定シングル第2弾 2014年8月17日 ヒーローが死んだ夜/ハッピーエンド
会場限定シングル第3弾 2014年10月29日 blue blue blue / がたんごとん
会場限定シングル第4弾 2014年12月12日 三億円 / 夕焼け空を

インディーズ[編集]

1st Mini Album『バトルフォーユー』[編集]

2015年8月12日発売 too basara's people records TBPR-1001(YES-fm 8月度リコメンナンバ、『RADIO DRAGON -NEXT-』(TOKYO FM)8月度MonthlyDisk)

  1. 電話
  2. フロムカウントナイン
  3. ヒーローが死んだ夜
  4. blue blue blue
  5. アネモネ
  6. 三億円
  7. ニュースキャスター

2nd Mini Album『Exhibition』[編集]

2016年3月9日発売 too basara's people records TBPR-1004

  1. 東京
  2. モンキーマジック
  3. ワンサイドゲーム
  4. ひとりぼっちの行進曲
  5. あかね
  6. 恋のミッドフィルダー
  7. サイレントオベーション

1st Full Album『未来世紀エキスポ』[編集]

2018年1月10日発売 too basara's people records TBPR-1006

  1. アドバレゼレバリ
  2. Supersonic
  3. アフターペッパードクターヌーン
  4. 未来世紀天王寺Ⅱ
  5. 渋谷レプリカント
  6. むしかご
  7. 煙草とブランコ
  8. 漂流者たち
  9. かたち
  10. ラストオーダー
  11. チヨコレイト
  12. フェアリーテイルイントロダクション

コンピレーションCD[編集]

  • 閃光ライオット2013(2013年12月4日発売、閃光レーベル、RIOT-2013) /1.沈黙のSummer にて参加[7]
  • ツタロックDIG Vol.5(2016年4月20日レンタル開始、GOSH-009) /12.ヒーローが死んだ夜 にて参加

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

  • GO HIGHER(ソラトニワ梅田) - 月1レギュラー

主な出演フェス・ライブ[編集]

自主企画およびツアー[編集]

ここでは主なライブのみを記載している。

日程 タイトル 規模 会場 備考
2013年 6月4日 「太平洋大作戦~オレたちの波しぶき~」 1会場1公演 大阪/OSAKA MUSE 5マンライブ(w/ Age Factory、DABIDE'S fire、North found Loop、First Impression)
9月6日 「太平洋大作戦2」' 1会場1公演 大阪/福島 LIVE SQUARE 2nd LINE 5マンライブ(w/ BURNOUT SYNDROMES、the unknown forcast、WOMCADOLE、Menoz)
2014年 3月3日 「太平洋大作戦3」 1会場1公演 大阪/阿倍野 ROCK TOWN oa/ the quiet room

3マンライブ(w/ ミソッカスコンテンポラリーな生活

2015年 3月28日 昼からナンデス / 土曜から夜更かし 1会場2公演 大阪/福島 LIVE SQUARE 2nd LINE 初ワンマン企画
8月 - 10月 『バトルフォーユー』リリースツアー

~いいバトル・夢気分~

12会場12公演 08.22(土):大阪/寺田町 fireloop

08.26(水):静岡/UMBER

08.28(金):広島/CAVE-BE

08.30(日):北海道/札幌ライブサーキット "Sapporo Neutral"

09.03(木):宮城/仙台MACANA

09.09(水):福岡/GRAF

09.11(金):群馬/高崎 club FLEEZ

09.18(金):兵庫/太陽と虎

09.19(土):名古屋/CLUB ROCK'N'ROLL

09.20(日):新潟/GOLDEN PIGS BLACK STAGE

09.27(日):東京/TSUTAYA O-Crest

10.03(土):大阪/心斎橋 Pangea

10.03はワンマンライブ
2016年 3月27日 卒業記念ワンマンライブ「りゅうねん!」 1会場1公演 大阪/心斎橋 JANUS
5月 - 7月 『Exhibition』リリースツアー

デッドオアキミトアライヴ

14会場14公演 05.12(水):福岡/Queblic

05.13(木):香川/高松 DIME

05.21(土):兵庫/太陽と虎

05.26(木):東京/新宿LOFT

05.30(月):群馬/高崎 club FLEEZ

05.31(火):宮城/仙台MACANA

06.03(金):京都/KYOTO MUSE

06.18(土):福島/郡山 #9

06.19(日):岩手/盛岡 the five morioka

06.21(火):新潟/CLUB RIVERST

06.22(水):石川/金沢 vanvanV4

07.01(金):名古屋/CLUB ROCK'N'ROLL

07.17(日):東京/下北沢 SHELTER

07.30(土):大阪/梅田 Shangri-La

07.17、07.30はワンマン
2017年 2月4日 「太平洋大作戦4」 1会場1公演 東京/渋谷 TSUTAYA O-Crest 3マンライブ(w/ バズマザーズ、或る感覚)
3月23日 「太平洋大作戦5」 1会場1公演 大阪/梅田 Shangri-La 2マンライブ(w/ ポルカドットスティングレイ
11月11日 イグニッション 1会場1公演 大阪/福島 LIVE SQUARE 2nd LINE 2マンライブ(w/ the quiet room
2018年 2月 - 4月 『未来世紀エキスポ』リリースツアー
極東パビリオン
10会場10公演

02.16(金) : 愛知/ell.SIZE
02.18(日) : 京都/GROWLY
02.25(日) : 新潟/CLUB RIVERST
02.26(月) : 宮城/enn 3rd
03.02(金) : 神奈川/横浜BAYSIS
03.16(金) : 兵庫/太陽と虎
03.28(水) : 香川/DIME
03.30(金) : 福岡/Queblick
04.13(金) : 大阪/Club JANUS
04.30(祝日) : 東京/新代田 FEVER

04.13、04.30はワンマンライブ

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 閃光ライオット王者・フィッシュライフ初の全国流通盤”. ナタリー. ナターシャ (2015年7月10日). 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c フィッシュライフ「バトルフォーユー」インタビュー”. ナタリー. ナターシャ (2015年8月11日). 2016年1月12日閲覧。
  3. ^ http://skream.jp/interview/2016/03/fishlife.php
  4. ^ http://skream.jp/interview/2016/03/fishlife.php
  5. ^ http://realsound.jp/2016/07/post-8320.html
  6. ^ 「閃光ライオット2013」グランプリは、フィッシュライフに決定”. MUSICman-NET. MUSICMAN (2015年12月29日). 2015年12月29日閲覧。
  7. ^ 「閃光ライオット」5周年記念コンピレーションアルバム発売”. MUSICman-NET. MUSICMAN (2013年12月6日). 2015年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]