フィッシャー・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィッシャー・ブラックFischer Black, 1938年1月11日 - 1995年8月30日)はアメリカ数学者経済学者ワシントンD.C. 出身。1964年に応用数学でハーバード大学から博士号を受けた後、アーサー・D・リトル社に職を得る。そこでCAPM理論の創始者の一人ジャック・トレイナーと出会い、金融工学へ進むきっかけを得た。1971年実業界から研究者の途に戻り シカゴ大学教授、MIT スローン経営学大学院教授を歴任。

1973年、オプションの価格算定式である ブラック-ショールズ(Black-Scholes)方程式を考案した。この方程式は現代ファイナンス理論における三大成果の一つである[1][2]1984年には、ゴールドマン・サックス社に招聘されるなど、自己の理論の実践にも並々ならぬ興味を持ち続けた。 1990年、エマニュエル・ダーマンと共にブラック-ダーマン-トイのオプション評定価格モデルを著した。1995年、癌に倒れた。

脚注[編集]

  1. ^ あと2つは先のCAPM理論とモジリアニ-ミラー理論
  2. ^ 共同研究者である マイロン・ショールズ (Myron Scholes) と、式を厳密に証明したロバート・マートン (Robert C. Merton) は、1997年ノーベル経済学賞を受賞した。式はロングターム・キャピタル・マネジメントの資金運用に活用された。